お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/18
体育祭
                    はちみつ(養成講座4期・5期・6期)

まっさらさら〜で、おはようございます!
あ〜よく寝た。12時間寝ました(笑)。

でも息子は体育祭が終わってから会場の片付け、夕飯食べてお風呂に入って、近所のお友達のおうちでお泊まり会。
不登校で参加しなかったお友達に、体育祭の報告に行ったみたいです。

朝の6時半に帰ってきて8時半まで寝て、塾に行きました(笑)。
14歳はタフだね〜(^○^)

体育祭最後のリレー。
赤組トップで走ってきたアンカーの子がふくらはぎがつってしまい、途中から足を引きずりながら走ってきた。
ぶっちぎりだったから、ゴール手前20メートルくらいまではトップだったけど、後ろから陸上部のエースが追い上げてきた。

同じ赤組だから、どちらがゴールしても点数は変わらないんだけどね。

後ろから追い上げてきた子は、抜いて行けばもちろんトップでゴールテープが気持ちよく切れる。\(^o^)/

でもね、陸上部のエースは……
足がつっちゃった子の体操着の袖を引っ張ってゴール前まで連れて行き、その子がゴールテープを切ってから自分がゴールしたの。

中学3年生・15歳。
この年齢で、なかなかできないよね。
大人でも、できないよね。

本当に素晴らしい友情バトンリレーが最後の最後で観られて、感謝・感激です。

足がつっちゃった子は、綱引きの時から違和感があったみたいだけどアンカーの重責を陸上部のエースのフォローを受けてきちんと無事果たせて、こちらも素晴らしかった。

陸上部のエースの子は、陸上をやってるからこそ悔しさがわかったのかな?(^^)
足を引きずりながらゴールした子も他の子達も、友情の深さとあたたかさを再確認だね♡

一丸となって一生懸命やってきたからこそ、何も考えずにお友達のフォローできたんだね。

心の純度の高い子供達って、何も考えずにできる。
見習わなくちゃ。

なんと表現したらいいか言葉が見つからないくらい、とにかく素晴らしい〜\(^o^)/
いいもの観せてもらいました。
ありがとうございました(^人^)

そうそう。練習に入ってから息子の体育祭の背中に足あとがペタペタ付いてて、何で? と思ってたら本番でわかった。

男子団体競技の棒旗入れで(竹の棒を数人で支え、支えてる子を土台に竹の棒をよじ登り、棒の一番上に旗をさすという競技)土台をやっていたからだ(笑)。

まぁ、身体大きいから仕方ないね(^○^)
足あとは縁の下の力持ちの証明。

それもまたよしd(^_^o)〈つづく〉

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

「真の勝者」の姿ですね……感動です。
天野 利幸 [URL] 2015/10/18(日) 09:42 [編集]

サポートをするということ
天野 利幸様へ


天野さん、こんにちは(^^)
コメントをいただき、ありがとうございます(^人^)

学校のイベントというのは、何でこんなにもドラマチックなんでしょう。
でも主役の子供たちにとっては、別に特別でもドラマチックでもないのかもしれませんね。
子供たちにとっては、一生懸命に力を合わせて顔晴ったその延長線上に過ぎない。

手を差し伸べ合う事が、当たり前なんでしょうね。

大人はそんな当たり前をいつしか忘れてしまって、そんな当たり前に出来ていた事を目の当たりにするからハッとさせられるんでしょうね。
毎年毎年、私にとっては純粋な心にふれ自分自身をリセットする時間だと思っています。

『真の勝者』って、勝ち負けだけではなく、純真でキラキラ輝きに満ちた心そのものなのかもしれません(^^)

子供たちは輝きに満ちた宝物。

愛子ちゃんの学校の行事でも、たくさんそんな宝物にふれてくださいね!

ありがとうございます(^人^)
はちみつ [URL] 2015/10/18(日) 17:22 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。