お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
10/28
つなぐ(1)
              はちみつ(養成講座4期・5期・6期)

先日、澤谷先生のブログを拝読していたら、NHKの戦後70年スペシャル番組で沖縄の少年兵のお話が書かれていた。

息子と同年代の子達が、後方支援ではなく戦場の一兵士として有無を言わさず教育され、戦死した子や生かされても心に大きな傷をかかえたまま生きているという実話で、心を掴まれ潰されるような思いで、主人とお母さんとこの番組を観ていた。

その時、お母さんがやっと聞きとれるような小さな声でつぶやいた。

「おじいちゃんはね、お母さんが生まれる前シベリアに出兵してたんだって。あんまりにも辛くてね、自分が持ってるピストルで自殺する人もたくさんいたんだって。おじいちゃんも辛くて辛くて耐えられなくなって、こめかみにピストルの先をあてて引き金を引こうと思った時に兵士の上の人に言われたんだって。『生きろ! どんなことがあっても生きて帰れ!』って。その言葉でおじいちゃんは我に返って、自殺を思いとどまったんだって。無念に死んでしまった仲間もいるのに、こうして命があるだけで奇跡なのに、自分は何をやっているんだって。それで必死で生きて、戦争が終わった後も強制労働に耐えて、やっとの思いで日本に帰ってきたみたいよ。おじいちゃんがもしピストルの引き金を引いてしまったら……私もあんたもげんちゃんも、この世に生まれてないんだよね。おじいちゃんのお陰だね」

おじいちゃんは9番目の叔父さんが、まだ幼稚園の時に亡くなってしまったから、会ったことも話したこともないし、おばあちゃんにもお母さんにも、戦争のことを聞いてもあまり話したくない口ぶりだったから、戦争についての実体験はあまり伝わってこなかったけど、会ったことのないおじいちゃんは、そんなにも辛い苦しい体験をしていたなんて。

お母さんが重い口を開いてくれたお陰で、初めておじいちゃんの戦争体験を知ることができた。

お母さんも中学生の時におじいちゃんを亡くしているから、悲しみにずっと蓋をしてきたのでしょう。

今やっと、会ったことのないおじいちゃんの心に寄り添う時が来たのかな。(つづく)

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

お読みくださった皆様へ
澤谷先生、絆の法則のブログをご覧の皆様おはようございます!

いつもありがとうございます(^人^)

今回は会ったことのないシベリアに出兵していたおじいちゃんの痛切な声を書かせていただきました。

シベリアに出兵していた人がどのような戦争体験をされていたかが綴られている「シベリア抑留日記」は、世界記憶遺産に登録されるそうですね。

ご先祖様達の念いが戦後70周年でようやく報われた、そんな気がします。

宜しかったら今日からの連載『つなぐ①②③』と共に、『シベリア抑留日記』を読んでみてください。(YahooやGoogleで“シベリア抑留日記”と検索してみてください。)

シベリアだけではなく戦争を体験されたおじいちゃんおばあちゃん達の魂から振り絞るような声が、それぞれの立場から聴こえくると思います。

戦後70年。
唯一の被ばく国である日本国民として、戦争と平和の本質とは何なのか?をきちんと見極め再確認する時なのかもしれませんね。

最後までお読みくださり、ありがとうございます(^人^)
はちみつ [URL] 2015/10/28(水) 09:21 [編集]

訂正
言葉が足りなくて申し訳ありません。

シベリア出兵とシベリア抑留は別のことですが、同じシベリアの地で辛い体験をされた方がたくさんいたという事をお伝えしたく書かせていただきました。

よろしかったら、あわせてお読みくださいm(_ _)m
はちみつ [URL] 2015/10/28(水) 10:28 [編集]

訂正
大変失礼しました。

私の間違いで出兵ではなく抑留です。

シベリア出兵とシベリア抑留では時代も歴史も変わってしまいますのでお詫びと訂正をさせていただきます。


はちみつ [URL] 2015/10/28(水) 11:10 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。