お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/15
「気がきく」と「気がつく」
                      NAOKO

9月から入れていただいた「スカイプによる座談会」の中で、澤谷先生から「気がきく」についてのお話があった。
難しい話だと私には理解できないのだが、その回のその言葉には私は直ぐに反応した。
前回書かせていただいたように、私は長年どこにいても先回りしてよく動くことをしてきたのだ。つまりよく「気がつく」のだ。今の家族にとってはどうであったのだろう。
子供たちにとっては過保護、過干渉であったことは言うまでもない。過去に子供たちにしてきたことを思い出すと、自分の不安から直ぐに結果が見たくて、子供たちの様子を見守らずに私が先回りして常に手も口もだしてきた。
妻としては、夫には飲み過ぎるからとノンアルコール飲料を買って常備してきたけれど、飲みすぎを阻止することはできなかったし、なんのことはない。話が逸れてしまうが、私自身が今回不安からアルコールを過剰摂取し、また、過食で体重が大分増えてしまったのだ。本人が心の底から今のままではマズイぞと思わない限り、変わらないのだ。人を変えることなんてできない。それを私は自分で体現してしまったわけだ。私の不安から飲んだアルコールに関しては、自分でもうやめようと決心しもう暫く飲んでいない。食事の方はこれからだ。

話は元に戻り、一方、職場で考えてみると、私は、これみよがしに100均で自分のお金で買ってきた小物を「みんなこれがあれば便利でしょう?」とばかりに置いてみたり、気がついたことは人の仕事ですらどんどんやってしまうこともあり、よく動くというより余計に動いてきたことがわかってきた。もう自分はどうしてこの行動がやめられないのかとおかしいとは思っていたけれど、その理由がわからず悶々としていたのだ。

そのタイミングで「気がきく」の課題。
「気がきく」とは相手ありきの解釈。
そこにもってきて「気がつく」とは自分ありき。自己満足のみ。相手のことを考えていない。
私の場合は人に認められたくて「直子さんって、仕事出来る人なのね。」と言われたくてものすごいスピードで動いてしまうわけだ。人の仕事を取るなんてとんでもない。仕事をやってくれてラッキーと思う人もいるかもしれないけれど、「いやいやそこまでしないでよ!私の仕事なんだから。しかも見ていて落ち着かないし、止めて!」と感じる人も多いのではと思う。何故のんびりできないのか。私のマイペース君はどこにいるのだろう。職場では「疲れたね~。ゆっくりお風呂に入りたいね。」なんて会話の中に入れるが、いつも焦っている私は、実は疲れていることを感じてはいけないと思っているので、人より多く働いたとしても、帰ってお風呂に入ってじんわり温まることにすら罪悪感を抱いているからもうどうしようもない。自分の中の自分と会話をしてみると、本当に驚いてしまう。こんなふうに思っていたなんて。私を大事にしたいけれど、まだまだのようだ。まだ私は分離している。

「気がきく」の言葉の意味が飲み込めるまでにはまだ時間が掛かりそうだ。学んだからといって教えていただいたからといってわかった振りはもうしたくない。「お利口さん」はもうやめた。わからないものはまだわからないのだ。

澤谷先生。
これまでの私は、病名をつけてもらい一時的に安心したり、不安を聞いてもらうことでその時は安堵したりしておりましたが、澤谷先生との座談会では病名をつけられるのではなく、「あなた面白いね。文字にしてみると気持ちが意識化できるからやってみたら。」とおっしゃっていただき、おっかなびっくり書いてみました。ずっと落ち着かない心でなかなかパソコンに向かうことができなかったのですが、今日、このハードルを超えてみようと正直な気持ちを書かせていただきました。先生が誘導してくださったTHUJIさんとのやり取りも心に響いているのですが、今回は文章にできませんでした。また改めて考えてみます。
拙い文章ですが送らせていただきます。
ブログ等には載せていただくなんてとんでもないことですが、今の気持ちを整理することためにこの機会を与えてくださりありがとうございました。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。