お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
11/23
3億分の1だから
            乕澤美香(養成講座8期生)

「利養・名聞・勝他。この心が人生を苦しいものにしがちである」
と、澤谷先生が前におっしゃったと記憶しています。

◎利養は、自分中心で自分の得になることはするけれど、損になることはしない。計算心。
◎名聞は、名誉や地位を欲しがる心。
◎勝他は、他人に勝つ競争心。

しかし、このような思いを持つのは、
「自分が、受精する瞬間の3億分の1の確率で生まれてきた尊い命だ、と知っているから……」
ともおっしゃられたように記憶しています。

40ウン年前、ある青年が山村楽鴬(やまむららくおう)師匠という名取りに付いて日本舞踊を習っていました。
楽鴬さんの稽古場は自宅で、稽古場の二階には休憩室があり、コタツがあったそうです。コタツに入って思わず気持ちよくなりうとうとと眠ってしまいました。

そこに、楽鴬さんの親友の、同じく名取りの山村龍正(りゅうしょう)さんが遊びにきました。

「あ、上にお弟子さんが待機しているから話しでもしててね。」
と、楽鴬さんに言われた龍正さんは、
「へえ~そうなんだ」
と思ってトントントンと階段を上って行ったそうです。

「……なん~だ。寝てるじゃん。」
と思って龍正さんは、
<どんなお弟子さんかしら?>
と覗き込んだそうです。

龍正さんはとてもおしゃれで、当時流行った 『君の名は』のヒロインのまねをして、真知子巻きという、首から頭にかけてショールを巻くスタイルをしていたそうです。

ふいに目を覚ました青年は、ニッコリ笑った真知子巻きの、その龍正さんに心奪われてしまったとか。

実は、これは私の父と母の初めての出会いです。
ヾ(≧▽≦)ノキャハハ~☆面白いですね。

もし、楽鴬さんがいなければ……
もしコタツがなければ……
もし真知子巻きをしていなければ……(笑)

アブナイアブナイ!!
私は生まれていないかもです!

そして今、こうやって、ありがたくもこれを読んで頂いていると言うことは、そこには必ずあなたのご両親の「出会い」があるわけです。

こんなことを書いたのは、昨日から送られてきているメルマガに、
「毎日の感謝と、毎日よかったことを見つけましょう!」
という課題があったからなのです。

今日は両親の出会いに感謝してみようと思いました。
すると、何だかとても癒されました。

感謝……。

生まれてきたこと、それも3億分の1の確率で。
両親の出会いに感謝。
真知子巻きに感謝?(笑)

利養・名聞・勝他……
そんな気持ちが出てきても、自分が尊いと知っているがゆえ……と自分をまるごと認めてあげることも必要だと思います。

それほど、あなたは尊い存在なんです。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

運命的出会い( ^^)☆(^^ )
素敵ですね~

運命に出会うためのプロセスとしての出会いがいくつもあって。。。

人生って面白い!!素敵!!\^o^/


S子 [URL] 2015/11/23(月) 07:19 [編集]

自分の醜さを愛せ。

綺麗事ばかり言っている人間こそ、クズ。
(匿名希望) [URL] 2015/11/23(月) 13:33 [編集]

S子さん。運命的な出会いは、素敵ですよね。でも、出会いはすべて運命的、といったほうがあたっているかも知れません。

匿名希望さん。自分の醜さを愛せるのかな? と思います。
「綺麗事ばかり言っている人間こそ、クズ。」なのは間違いないですが、その人にも本来の自分というものがあるから、罪悪感を顕在意識にしろ潜在意識にしろ、持つことでしょう。ということは、クズとはいえないのかも。

NAOKOさんの「五感」のコメントで入りましたが、ここのコメントがなぜか気になり書きました。
CAMELLIA [URL] 2015/11/23(月) 15:21 [編集]

CAMELLIAさんのおっしゃるとおり(^^)

わたしが言ったのはその中でも一等運命的な出会い!!
それこそ3億分の1っていうくらいの出会い!!

女って「運命」に弱いっていうか、憧れるのですo(^^)o

S子 [URL] 2015/11/23(月) 16:36 [編集]

8年前
8年前の文章をなぜかもう一度取り上げていただきました(笑)
今、読み返すとこのころの自分とはまったく違ったエネルギーであるような気がします。

このころのみずみずしい自分をうらやましくも思い、
だけども今の自分も嫌いではありません。

この母も80歳を超え、
今朝は足がかなりむくんでいるので心配と
父から電話がありました。
父は認知症である母を仕事に連れて行きます。

心配でありながらも、
父の覇気ある声にはとても安心したり。

運命的な出逢いは、さまざまなストーリーを経て
今、総仕上げに入っているようです。
それは美しいこととは程遠いものでもあります。

私もまた、両親の命を受けて、
さらにさらに泥臭くても!
負けずに生きていきたいなあと改めて思いました。

皆様のご両親、大切な方はいかがおすごしでしょうか?
想いを馳せるちょこっとしたきっかけになる記事であれば幸いです。
美香 [URL] 2015/11/23(月) 19:52 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。