お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/08
新生する地球と人類「未来へのメッセージ」(第8回)
                      神山 真

 後編“新生地球”実現のために
2.強制の地球から愛の地球へ

 今のこの地球は、何事も強制する惑星なのであります。
 日本の戦前・戦中は、大変に酷い強制の世の中でした。
 まだ世界中には、戦前・戦中の日本のような酷い強制を行っている国や地域が、多くあるようです。

 戦後の日本は、そのような形における酷い強制はなくなりましたが、内面においては、色々な強制がなされていることが多々あるのです。
 会社は「社員に事業の業績を上げるように」。
 学校は「生徒の学力が向上するように」。
 宗教界では「指導者の教えに従順に従って信者を増やすように」。
 スポーツ界では「選手が強くなって勝負に勝つように」。
 等々において、表面的には「自主的に行うように」といいながら、奥の心では強制になるのです。
 そうしないと競争に負けてしまい、その責任を指導者が負わなければならないと思うからなのです。

 そのようになるのは、今のこの古い地球は何事においても“強制する”遊星になってしまっているからなのです。地球全体が、強制のバイブレーションに覆われてしまっているからと、考えてよいでしょう。
 人類は、神から与えられた自由意志を正しく使うことができないで、永い間他に対して「強引に押しつける」生き方をしてきたために、今のような互いに争う地球になってしまったのです。

 しかし、天の神様の大愛による「湧玉の祝事の儀式」が成就したことによって、魂が高く生まれ変わった新しい地球においては、そのような“強制する”ということは、全くありません。
 新しい地球は“愛”の星であり、すべての人々、すべてのものが愛し合う地球です。
 新しい世の人は、皆謙虚な人々です。新しい世の人々は、常に真(まこと)の神の心を求め、自分自身を、真の神に対して常に謙虚な位置に置くので、自然にその心が広く開かれて、全ての人々が本当の意味で愛し合っている世界です。

 それは、今の古い地球のように自分の家族や友人や狭い交流範囲に限定された愛ではなく、この星(地球)の全ての人々を、そして他のあらゆる生命(生物)を、尚自然をも愛する真の愛の心です。

 新しい世の人々は、いつもいつも、太陽のように明るく、あたたかく、満たされた心でいるのです。
 新しい世は、愛の力の交わりであり、全ては正しい位置に置かれ、調和したすがたであります。
 もし、お互いに意見が異なることがあっても、愛の心で話し合うので、すべてスムーズに解決するのです。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。