お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/14
プラス思考・マイナス思考、そしてゼロ思考
                メキキの会 会長 出口 光

ふだん、「プラス思考が大切」とか、「マイナス思考は良くない」とよく言ってますよね?

江戸後期の禅僧、良寛和尚の逸話を知っていますか。
マイナスでもプラスでもない、「ゼロ思考」のお話です。

良寛の名声をねたむ一人の船頭がいました。
その船頭は、良寛が舟に乗ったとき、川の真ん中でわざと大きく舟を揺らしました。
良寛は、川の中に投げ出され溺れます。
が、
船頭を恨むこともなく、運命を甘んじて受け入れ、死に向かいます。
その泰然たる様子に、さすがに船頭は良寛を舟に引き上げました。

そこで、引き揚げられた和尚は、何と言ったと思いますか?

「命を助けてくれてありがとう。あなたは私の命の恩人です。
このご恩は決して忘れません」
と手を合わせたというのです。

一見、プラス思考のように思えるかもしれません。
でも良寛和尚は、突き落とされたことをマイナスにもプラスにも解釈するのではなく、ただ水の中に投げ出された事実と一緒にいたのです。

そして、船頭のその後の人生にとてつもない影響を与えました。

良寛は、自分のためにプラス思考をしたのではないのです。
マイナスでもプラスでもない「ゼロ思考」をまず、することができたのです。
「ただ、事実を事実として、受け入れる」 これは、本当の現実主義者です。
そのあとに、プラスかマイナスか、どう解釈するかは、あなたの「宇宙」です。

「あなたのことは嫌いだ!」と言われたとき、「あ、そうなんだ!」とただそう言われたと受け止めることができたらすごいですね。
そして、その後、あなたは何と言いますか?
今日は、解釈する前に、ちょっと難しいかもしれませんが、ただ、事実を事実としてとらえてみませんか?

あ、そうそう、良寛和尚の号は、「大愚」。

どうせバカなら、大バカで!(^^)

==================================
<自己紹介・出口 光(でぐち ひかる)>
京都生まれ、一般社団法人メキキの会会長、一般社団法人志教育プロジェクト理事長
ヴィジョンは、2020年までに、世界200カ国、日本では1500市町村に、
志教育を普及させる。
私の志は、人間関係基盤を創るテクノロジーを開発し、それを世界に普及することで良い世の中を創る。
◆主な経歴
京都府立亀岡高等学校卒業
慶応義塾大学文学部心理学専攻卒業
米国カンザス大学大学院人間発達学部博士課程修了
 応用行動分析学を専攻し、博士号取得(Ph. D. )
◆主な職歴
元 慶應義塾大学大学院社会学研究科非常勤講師
元 明星大学人文学部専任講師(心理学)
元 放送大学出演講師(行動科学)
元 株式会社タカキュー代表取締役社長(東証一部上場)
元 多摩美術大学非常勤講師(知的財産論)
現 株式会社メキキ代表取締役
  メキキ・クリエイツ株式会社代表取締役
◆各種団体での役職等
元 日本行動分析学会理事
元 日本行動分析学会学会誌編集長
元 (社)日本青少年育成協会理事
現 (財)高久国際奨学財団評議員(元・選考委員長)
現 一般社団法人メキキの会会長、志教育プロジェクト理事長
現 裏千家淡交会評議員・東京第六西支部副支部長
==================================

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

ポジティブは良くてネガティブは悪い、と思う人が多いように思います。私もずっとそう感じ、そう信じてきました。
しかし、ポジティブはネガティブと同じコインの裏表で
今はプラス思考が出来ていても、すぐにひっくり返ってマイナス思考に変わってしまいやすいものであるように感じます。

ここで語られている良寛さんのご姿勢は、ニュートラルであるということなのだと思います。
どうかすると、ネガティブでなければポジティブでもニュートラルでもどちらでもいい、と、私は判断してしまいがちでしたが、その二つは実は全く違うもの。どこまで行っても平行線で決して交わることがないくらいに、違うものなのだと、記事を拝見していてしみじみと感じました。

そして、ニュートラルであるということは、自分の中にその時々に湧き上がるポジティブやネガティブの感情どちらをも、抑圧したり感じていないふりをするのではない。感じるがままに感じながらその感情に一体化して振り回されるのではなくて、客観的にその感情を観察するということが、外せない鍵なのだろうと感じました。

「どうせバカなら、大バカで!」
いいですね。嬉しくなります。守らなければならないものなど、本当は何ひとつ無いのですね。
ありがとうございました。
桜 美穂 [URL] 2015/12/14(月) 08:00 [編集]

ありがとうございます!
森 信仁 [URL] 2015/12/14(月) 14:20 [編集]

こんにちは(^^)

いつも楽しく拝読しています!
ありがとうございます(^人^)

溺れて生死を彷徨っている時に、瞬時に事実を事実として受け入れて「ゼロ思考」にできる良寛さん。

「この人殺し〜!怨んで出てやる〜!」とか思って言葉に発してたら、どうだったんでしょう。
きっと助からなかったかもしれないし、もしかしたら船頭さんは手を差し伸べることなく逃げてしまったかもしれませんね。

こんなにも『宇宙』が『一人一宇宙』が周りの人の人生にもとてつもなく影響するなんて、凄いな〜と思いました。

機会がありましたら、是非続きを楽しみにしています(*^^*)

ありがとうございます(^人^)
はちみつ [URL] 2015/12/14(月) 14:22 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。