お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/22
「引き寄せの法則」から「言霊の法則」の時代へ。
                   桜 美穂(養成講座8期生)

言霊学を修めておられる方が、師匠におられます。
古事記や古神道を元に、心理を捉えて学ばれた方です。

私は、古事記を読んだことがありませんが、
たまたまその初めの一節を読んだ時に、
これはなんなんだ! とたいへん衝撃を受けました。
あまりの美しさに、魂が抜けるかと思いました。

「天地(あめつち)の初発(はじめ)の時高天原(たかあまはら)に成りませる神の名(みな)は天之御中主神(あめのみなかぬしのかみ)」

どうぞ、実際に声に出して読んでみてください。
「あ」の音が繰り返し韻を踏まれていることがわかります。
この美しさを、ちょっとでも感じていただけると、嬉しいです。

これは、師匠の、Facebookのご投稿の中で初めて目にしたくだりですが、
その時の衝撃は、
何度も書きますが、本当に大変なものでした。

地上で見、感じることのできる美をすべて寄せ集めてもまだ足りない完全な調和、美。
これは、宇宙空間に、はるか昔から響き続けており、
これからも決して絶えることのない永遠の響きであるのだと、
全身がふるえるように感じました。


言霊学とは大正時代まで盛んだった学問で、
今はもう、すたれてしまってテキストも見つかりません。

しかし、言霊は、その意味が詳しく知られないままに、
皇室の中では絶えることなく継承されて使われており、
今もまた、使われているのだそうです。

明治天皇の時代に初めて光を当てられてまとめられましたが、
大正天皇には引き継がれることなく、
その研究は民間に流出しました。

明治天皇皇后のお付の書道家、山腰弘道氏から、ご子息の山腰明将氏に、
その弟子である小笠原孝次氏に受け継がれ、
人の心の学問、精神の科学としてまとめられたものが
いわゆる言霊学なのだそうです。

そんな言霊に関する、面白い発見をしました。

「この秘儀は、科学的に証明されるまで、一般に公開してはならない」
古来から皇室に受け継がれてきた“言霊の秘儀”がついに公開される……
ことばで現実を創造する世界最先端の方法を初公開!
http://infotop-acenter.com/lp/2605/391647

無料とは思えない情報への入り口です。
たいへん、面白く拝読しました。

『ザ・シークレット』が大ベストセラーになって以来、
数えきれないほどの法則本が出版され、大変なブームが起きました。
いまや「引き寄せの法則」は、大多数の方にとって常識となってきています。

でも、それはもともとは、個人主義、合理主義に根差した欧米の考えに基づいて生まれたもので、和を貴しとし、すべてひとつながりの世界を自然とする日本人には、根本的に相いれないものである。

だからこそ、引き寄せで成功できない人、
引き寄せに疲れ果てる人が出てくるのだ、という主張は、
非常に面白い。

新しい価値観の風が、吹き始めたのでしょうか。

今の時代に、合ってる気がします。^^

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

言霊のテキスト
言霊学はすたれてしまって、テキストもみつかりません、と文中に書きましたが、訂正します。調べてみたら、結構見つかりました。

『言霊精義』小笠原孝次 (著), 七沢賢治 (著)
『言霊百神―古事記解義』小笠原孝次 (著), 七沢賢治 (著)
『2020年「新世界システム実現」のための 言霊設計学 言霊・数霊・音霊・形霊による自己と世界の設計』
七沢 賢治 (著)
『言霊はこうして実現する 伯家神道の秘儀継承者・七沢賢治が明かす神話と最先端科学の世界』大野靖志著
『なぜ、日本人はうまくいくのか? 』七沢 賢治 一條 仁志 (著)

など、図書館で取り寄せられたので、読んでみようと思います。
 
桜 美穂 [URL] 2015/12/23(水) 01:07 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。