お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/23
笑顔
                乕澤美香(養成講座8期生)

七年前の、エピソード。

あるセミナーで名刺交換させていただいた「なっちゃん」の名刺には、猫が微笑んでいます!
娘と一緒に「可愛いね~~!」と眺めていたその時、
「ねえお母さん、人間ってなんで笑えるの???」
と真顔で聞かれました。
「(しばし沈黙)……なんでだろうね~……」
高等動物だから?……

……時間は経過し、(笑)

夕方、お友達からきたメールの中に、こんなエピソードが載っていました。

クラスの生徒の一人に体の弱い男の子がいました。
その子の母親はいつも息子の事が心配で、ある日先生に相談に行ったそうです。

母親「先生、いつも心配なのですが、うちの子は大丈夫なんでしょうか?」
先生「そうですね……。先日、クラスの皆で野球をしたのですが、その時の話をしましょうか。」
と、先生は語り始めました。

その日、生徒がグラウンドで野球をしていたのを、私は、教室の窓からずっと眺めていました。
みんな楽しそうにしていましたが、息子さんは外野の外野を守っていたのです(=球拾い)。
でも、なかなか球は飛んでこず、結局最後まで一度もボールを触る事はありませんでした。
また、バッターボックスに立つどころか、バットにも触れてなかったと思います。

そしてチャイムが鳴って皆が教室に帰ってくると……
私に向かって
「先生、俺ヒット打ったんだよ!」
とか、
「僕はあの子を三振にしたんだよ!」
とか、
「僕は盗塁したよ!」
など、何人もの生徒が楽しそうに言ってきました。

しかし、一人だけ皆とは違う事を言う子がいたんです。
その子は何と言ったと思います? その子は……
「先生! ○○君がすごいヒットを打ったよ!」
「○○君があの子を三振にとったんだよ!」
「○○君は、足が速くて盗塁成功したんだよ!」
と。
満面の笑みを浮かべながら、楽しそうに言ってきたんです。
……私は本当にビックリしました。

それがあなたの息子さんです。

お母さん。あなたの、息子さんはとても心の優しい生徒ですよ! 素晴らしい生徒ですよ!

お母さんは泣き崩れ、心優しい息子の姿を知って安心されたそうです。

私はどこかで、何かで他人に勝り、その他人よりも勝った部分でしか成功できない。または、役に立たない……と思いこんでいました。
しかし、その考え方で行くと、この時の男の子のシチュエーションでは「いいとこなし」です(笑)。

澤谷先生が「勝他」という考え方では、実は幸福とは逆方向に向かってしまうとお話されていました。

きっと、この男の子にも「勝他」の気持ちはあると思いました。
自分がいいプレーをして勝ちたいに決まっている。
でも、この時の男の子の心は「恕」。
相手の心を我が心とする、という境涯ですよね。

凄いな~! 素敵だな! ……と思いました。

そして、その人にしか出来ない役割は、ここに端を発するのではないかなと思いました。

その時に思ったんですよ。
思い出し笑いや、吹き出し笑いなど、色んな笑いはあると思うけど、人間が笑う時、その笑顔を見ているのは目の前の人。自分には見えません。

人は、一つは目の前の人、他人の為に笑うんじゃないかなって。
「恕」という心があるからじゃないかなと。

あっ、娘もう寝てる(笑)。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

素晴らしいお話をありがとうございますm(__)m
ゆめ商人 [URL] 2015/12/23(水) 11:53 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。