お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
12/30
穏やかな心を持つには・感情の「律義さ」を抜いてみればいい!
                        ユウコ

心が静かで、凪いでいるようなとき。
とっても楽です。
美味しいコーヒーをかたわらに、とりたてて動き出しそうもない心の様子を感じていると、こんな心持ちでいつも過ごせたらと思ってしまいます。

ハッピーなも思いも、ストレスになる?! フラットな状態こそが心にとっての究極のベスト!

心にとって嫌なのは、とっても苦しい感情。そしてよいのは、うれしい感情。
そう思うものですが、実は意外にそうでもなくて、
うれしい! 楽しい!! しあわせ!!!
そんな感じで高まっているとき、心にはまた別種のストレスがかかるものなのです。
心にとってもっとも快適なのは、感情が乱れず、フラットで穏やかな状態。
確かに、こんな状態だと、とてもリラックスできます。

何故心は「あばれる君」になるのか(笑)。それは心が、とっても律義だから!

しかし実際は、様々なことに意識は引っ張られてしまうものです。
ちょっとした刺激で、カリカリしたり、憂鬱になったり、時には怒りが抑えきれなくなることも。

特に嫌なのは、怒りの感情です。
それもまた、自分の中から出たものですから、よい悪いのジャッジをせずに、そのまますんなりと受けとればよいとも思えはしますが、できれば味わいたくないのが本音です。

そこで、あるとき、自分の心のなかをよ~く観察してみました。
どんな経緯で、心は騒ぎ出すのかが、とっても知りたかったからです。
その作業でわかったことは、意外にひとつひとつの出来事に対して、自分の心がきっちりと、律義なまでに反応していることでした。
それはまるで、反応することがノルマであるかのようで、少し滑稽に思えたほどでした。

豊かな感受性よりも、「スルーできる鈍感さ」を選びたい!

そのていねいとも言える心の反応は、感受性が豊かなことでもあります。
ただ、その豊かさは、メンタルにとっては時としてむしろ余計な負担になる場合もあります。
とりたてて感じなくていいことまでわざわざ感じとるのは、余計なことでもあると思います。(身も蓋もない言い方ですが)
なのでもういちいち出会った物事に対して、律儀に感じとろうとせず、もっとスルーしてしまえばよいとこのところ、思っております。

感情を向けるべきところと、そうでないところは、割り切って分別したほうが、ずっと精神衛生上、よいようなのです。
感情は、自分にとって重要なものにだけ向ければよい。
最近わかって、とっても楽になったことです。
つまらないことに感情を動かすことはない。
そんなことに出会ったら、好きな歌の一節でも思い浮かべて、やり過ごしてしまえばよいのです!

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

ありがとうございます。
私も大好きなコーヒー飲みながらひとり、一息ついてホッと出来る瞬間が一番、癒されます。
愛犬とお話しする時も。
そういう時間を増やしていきたいです(^_^)v
竹本晃代 [URL] 2015/12/30(水) 07:30 [編集]

感情は、自分にとって重要なものにだけ向ければよい。
つまらないことに感情を動かすことはない。

『なるほど〜』と思いました。
そうすることができたらいいな〜。と思うと同時に、
心のどこかで違和感も感じました。

感情は思わず出てしまう気がするのです。
それを取捨選択できるのかなと。
今の僕にはできそうにない。
そして、これからの僕にもできそうにない。

感情を抱くことは選べない。
でも、感情を抱いてからの対応は、選択できるかもしれない。
そう思いました。

実際、この文章を書いている私は、こんな感情を抱きました。
『コメントをするのに、否定的な内容を書くのは非常識ではないのか?』と。
だから、コメント自体を書くのをやめる選択もできる。
でも、心に浮かんだことを止めるのもどうだろうと。
いろんな感情が出てきました。

でも、書くことを選びました。
なぜなら、『自分にとっても重要なもの』と感じたからです。
だから、コメントしました。

でも、ユウコさんの最後の一文を見たら、ふぅ〜と心が軽くなりました。
だって同じことを言っているのだと理解できたから。

『好きな歌の一節でも思い浮かべて、やり過ごして仕舞えばよいのです。』と。
よし [URL] 2016/01/04(月) 13:47 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。