お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/10
日本の治安
            May(養成講座4期・5期)

アメリカにいた時に、サンバラディーノ(発音はこっちの方が近いと思う)の隣町(群)に住んでいました。

すぐ隣の町だけど、サンバラディーノは、低所得者がたくさん住んでいたり、黒人などの有色人種が多く住んでいる為に、治安が非常に悪い。(凶悪犯罪は、白人男性が多いけれどね)

銃の問題もあるけれど、貧富の差が一番の問題だと思います。

日本とは、違う。

想像も出来ないような…、抜け出せない貧富の差。

それを肌で感じました。

日本に住んでいると、安全が当たり前に感じるけれど…。
決して、そうじゃない。

屋外で、自動販売機は余り見かけない。
あっても、鎖に繋がれている。
繋いでないと、自販機ごと盗まれるから。

24時間営業のスーパーやコンビニに、女性が一人で行っては危険。

強盗に合ったら、お金を渡す。
ナイフの扱い方が、素人じゃない。
コンビニでナイフを突き付けられた知り合いは、抵抗して手を切られた。(ただのお馬鹿(-_-#))

隣のアパートで麻薬所持で捕まる人がいたり、よく近くを通るコンビニに、強盗が入ったり。

そんなことは、日常茶飯事。

日本は安全な国。

まだまだ安全な国。

その良さを、ずっと維持出来たらいいね。

優しさが広がっていけばいいね。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

何気なく見過ごしている光景も実は恵まれた環境なのですね。
個人的には自動販売機が溢れすぎてて、
もう少し少なくてもいいのにな〜と思っていました。

Mayさんの仰るように、優しさが広がっていけばいいですよね。
別の視点をいただけました。
Mayさん、ありがとうございます。
よし [URL] 2016/01/10(日) 20:31 [編集]

優しさ
日本では当たり前なことが、別の国では当たり前でないことがある。

自分にとって当たり前なことが、他人にとって当たり前でないことがある。

優しさってなんだろう。。

違いを受け入れ、違いを理解し、
光の部分も闇の部分も全部、
その人なんだと。

他人を丸ごと受け入れられる自分の器を。
大きくしていくことだろうか。

その人が自分で経験し、
自分で氣づき、自分で痛み、自分で悟る。

無関心とも傍観とも違う。
必要なときにはいつでも手を差し出す勇気をもち。
それでも手を出さずに信頼するということ。

けれどそれは。手を出すということも。
その人の愛の成熟の過程として。
優しさとして認めていく器をもつ信頼ということ。

まだまだ、わからないことがたくさん。
でも。そのときそのときの選択を。
自分に対しても人に対してもOKといえること。

ひとりひとりが優しさを深め。
その優しさが広がっていくといいですね。
ありがとうございます。



[URL] 2016/01/10(日) 22:51 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。