お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/13
幸せを感じてはいけない
             福井明美(養成講座4期・5期)

心理セラピスト福井明美です。

今回はビリーフのひとつである幸せになってはいけない(楽しんではいけない)。
このビリーフについて説明してみますね。

ビリーフチェンジセラピーで扱っているビリーフは、全部で24こあります。

その中のひとつである幸せを感じてはいけない(楽しんではいけない)というビリーフは、そのままの意味で潜在意識では、自分は幸せになってはいけないと思い込んでいるのです。

なぜこんなビリーフを持つようになってしまうかというと、小さい頃、お母さんかお父さんが大変な状況だったのを見て、かわいそう……。私だけが幸せになっちゃいけない……。
子どもの心ながら、強く思い込んだビリーフだったりします。
例えば、お母さんが病気で臥せっていたり、夫婦喧嘩でお母さんがいつも泣いているのを見たり。

では、現実でどんなことが起こるかというと、幸せになりそうな状況になると、なぜかその機会を逃したり。大切な時に限って、病気で行けなくなって大切なチャンスを逃すという感じです。
一見運が悪かった。そう解釈しがちですが、実は、潜在意識でそういう状況を自分で創ったりするのです。
まさか!? ですよね。

私もそんなことあるわけないと思っていましたが、実は私たち人間には、それぐらいの能力があるということなんです。

現実を作っているのは、まぎれもなく自分の意識です。
だからこそ自分の人生は、自分で切り開けるのです。
このことが本当の意味で腑に落ちると、生きるのが楽になります。
自分でコントロールできるのですから。

実は私も、このビリーフ持っていました。
私の場合、楽しいこと幸せなことがあった次の日、なにかしら結構大きめの怪我をします
例えば以前、新築した一戸建てに引っ越しました。それはそれは幸せです。だって自分の希望通りの家で、インテリアもみんな私の思うものを選べたのですから。
引っ越しは大変だったけど、新居でゆっくり眠れた幸せ。朝起きてふと、ふくらはぎの裏に触れた時、ぷにょという感触。
な、なんだ!?
よく見るとなんと水ぶくれ!
え! なんで!?
その日はとても寒くて、電気あんかをつけて寝ていたのですが、それが低温やけどを引き起こしていたのです
特に痛みもないし、様子をみておけばいいやと思っていたのですが、なかなかすっきり治らない。
で、病院で診てもらうことに。すると先生は、
「これはかなり深いところまでダメージがきていますね。かぶさっている皮膚をもういちど剥がします」
な、な、なんですと!? 言いしれぬ恐怖です。
もう有無を言わさずうつ伏せになり、先生は麻酔も何もせず、はさみを傷口にあてました。
いたーーーーい!
痛みに強い私でも、耐えられない痛さ。けっこう声を張り上げてしまいました。
低温やけどの怖さを身をもって体験しました。

他にも、最近で言うと楽しい飲み会の次の日、親指の爪が剥がれていたり、アキレス腱のところに深い傷を負って、しばらく靴を履くのが大変だったり。
本当に地味に結構痛い負傷を繰り返しておりました。

セラピスト講座で学ぶようになって、このビリーフが関係していることにやっと気付きました。
このことを知らないと、ただ運が悪いだけで終わってましたから。
私の場合、楽しくて幸せなことがあると、そこに潜在意識で罪悪感を持ち、無意識に体を傷つけることで罪悪感を消していたようです。恐いですよね
セッションを何回か受けたことで、ここ最近、やっと無傷で元気に過ごせています。
よく考えるといつもなにかしら怪我をしていたんです。
もうそこに違和感さえ感じていなかったようです。
本当に心って、いろいろな現実を作り出します。

このビリーフを持つ方は、例えば、
◇何をしても楽しめない。
◇心から楽しいと思ったことがない。
◇自分の好きなことややりたいことが
わからない。
◇人生は苦しいものだと思ってる。
などなど……。

何かしらピンときた方、セッションで解決出来ますよ。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

福井さんとの心さんへ
福井明美さん、おひさしぶりです。
御活躍の様子が伝わってきます。
素晴らしいですね\(^o^)/

先日、の心さんという方のために、
思わぬコメントを書く機会をいただきました。

の心さんは。スポーツが大好きだったのに。
足が動かなくなってしまっていて。

インターネット依存症のようになり。
書きたくないのにコメントを書いてしまうと。

の心さんのためにコメントを書いた、
よしさんという方は。

足がうまく動かない辛さがわかってあげられる。
私は、コメントの暴走の辛さがわかる。

どうにかサポートしたいのだけれど。
なんか。自分の心が足りない。
恕の心に欠けているが故に。

相手の心に届かない。
ということがあります。

福井さんも、大好きだったバレーボールを
されていた日に、突然、倒れられて。

そのまま足が動かなくなってしまって。
長い長いトンネルを経て澤谷先生に出会われ。

いまはこんなに素敵に輝いておられますよね。

すみません。今、このエピソードを、
の心さんのために届けてあげたい故。

コメント書かせていただいてます。
ここで出逢う皆様がどうか自分の輝きを
取り戻し本来のその人を生きられますように。



[URL] 2016/01/13(水) 06:51 [編集]

ビリーフとはすごい影響力なのですね。
意識せずとも、潜在意識によって
無意識に反応しているなんて。

目の前に起こるできごとは
何かしらのサインを送っているのですね。

それが自分にとって
不都合に思われることであったとしても

じつは、良かれと思って
作用しているということなのですね。

すると、目の前に起こることは
自分を守るために起こっていることになるのでしょうか。

もし、そうであるならば
こう質問できるといいですね。

『このできごとは、どんな意味をもって
 今の私に貢献してくれたのだろうか?』と。


心と体は
親密にかかわりあっているのですね。


福井明美さん
ご自身の体験を交えた分かりやすいご説明
どうもありがとうございます。
勉強になりました。
よし [URL] 2016/01/13(水) 10:57 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。