お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/14
短所こそ、長所! 直すよりも認めてあげなくちゃ損!
                      ユウコ

「あなたの長所、短所を教えてください」
これは面接やオーディションなどでのテッパン的質問事項です。
確かにその人を知るには手っ取り早い質問です。

「私は引っ込み思案だから」そう繰り返し思うことから離れてみませんか?

自分自身の長所や短所について考えるとき、何故かどうしても短所のことが先に浮かんできやすいものです。
人は自分のダメなところを見つけるのが本当にうまいのです。不思議なほどに。
そして、その短所をもとに自分についての判断も行なってしまいます。
自信が持てないというのは、こんな思考回路にも原因があるのではないでしょうか。

短所を長所に書きかえてみよう! 「自分らしさ」は短所の中にあるのです。

自分を好きになるための効果的なものとして、自分の短所を長所に書きかえるメソッドがあります。
たとえば、引っ込み思案なら奥ゆかしさを持っているとも言えますし、短気なら、思ったことを瞬間的に表現できるマインドがあるとも言えるのです。
このメソッドは、やると気持ちがいいというよさも大きいですが、これで実は自分らしさというものは、短所と思われるところに色濃く出ていることがわかるのも、とってもうれしい収穫なのです。
案外長所というのは没個性なもの。
あなたが、あなたであるゆえんは、その短所こそがきっと表現してくれているのです。

短所は直さないで認めたほうが大正解! それが魅力的になる秘策です。

なので、短所はゆめゆめ直そうとなどしないほうがよいのです。
(もちろん、すぐに暴力をふるうなど人に迷惑をかける傾向や罪をおかしたくなってしまうというレベルであれば、すぐにお医者さんに相談です)
その短所を認めて、短所だからこそのよさを探してあげること。
これは本当にチャーミングな人柄に進化できる秘策です。
あなたが気になっているあの人のことを考えてみてください。
あなたがその人に感じてしまうそのチャームポイントは、意外に決して万人受けなどしないその人独自のものではないでしょうか。
その魅力は、その人からしか伝わってこないからこそ、惹かれてしまうのだと思います。

短所を直そうだなんて小学校の頃教わったことは、最高に古いプログラムです!
短所が自分を「世界にひとりだけの人」として立たせてくれていることを意識して、自分のすべてをダイナミックに肯定していきたいですね!

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

ありがとうございます(^_−)−☆
金城千香子 [URL] 2016/01/14(木) 10:49 [編集]

もともと、そこにある素晴らしいものを
ただ違った目線で眺めていただけなのですね。

ユウコさんの文章はふわふわ〜っとしていて
自然とこころが軽くなります。

『そうなんだ〜。じゃ〜、試してみよ〜。』
って感じになりました。

私は、自分に限らず、人の言動に対しても
不快なことによく目がいきます。

そして、そのような反応をする自分も不快に感じます。
人の言動に対しても、眺める目線を変えるよう努めてみます。


ユウコさん
素敵なきっかけになる文章
どうもありがとうございます。
よし [URL] 2016/01/14(木) 13:11 [編集]

柔軟にしなやかに
最近、人の短所が長所という体験を。
立て続けにしてます。そうすると。
自分の短所も長所だと思うようになりました。

その私の傾向に対して。
反応されるということもあるのですが。

有り難いなというか。

自分が人の短所を指摘するときというのは。
もっとこうした方がいい。
こうした方が楽しい筈なのに。

そういうアドバイスであり。
受け取って欲しいと思って投げかけるからです。

言われたことに一瞬、反応するのは。
やっぱり氣にしていて。自分でもほんとは。
なおした方がいいと思っているから。

でも。説得されると。支配されるようで。
嫌なんだな。自分も他人も。
そう思いました。

コメント力凄いのに。
記事の読み込み凄いのに。
冷静で礼儀正しく芯が通っていて。

誰もあなたを弱者と思わないのに。
なんで自分を弱者と思うんだろう。
自分自神は、自分の環境や境遇の創造主なのに。

すべては自分の問題。
批判したくなるのは。自分の問題。

これを腑に落とすと。
人のアドバイスが聴こえにくくなる。

暗い、苦来。
明るい。笑い。和来。

柔軟にしなやかに自由に。
明るくまあるく楽しく。

生きてみます("⌒∇⌒")





[URL] 2016/01/14(木) 18:18 [編集]

追記
人を批判する。
あなたにはわからないと氣もちを人にぶつける。

それは違うんだとわからずに。
散々、他人を変えようとしていた。

人の荒れ狂う壊れた心をみて。
放っておけなかった自分がいて。

関わって粉々に壊された自分の心が。
この人はこういう人なんだという眼で誤解され。

関わったら自分が危険なのは。
わかっていたけれど。
それでも。放っておけなかった自分がいた。

短所は長所。

優しかった自分を。
自分だけはちゃんがわかってあげようと思う。

動機が不安。それでも。
自分だけは自分を認めてあげていいと思う。

誰かにわかってくれないと。
氣もちをぶつけていた自分は。

甘えていたんだ。

でも。わかって欲しいと叫ばずには。
いられなかった過去の自分は。

そうしないと済まなかったんだねと。
認めてあげていいと思う。

人は自分を扱うように人を扱うから。
相反するどっちをも。

矛盾するままに包みこんでいけたら。
いいのだと思う。

わかって欲しいと言われたら。
わかってあげる努力をすればいいと思う。

だけどさ。わからない人に。
わかるように伝える努力もさ。
必要だよね。

だって。体験のないことは。
わからない。これが当然のことなんだからさ。

過去の自分との和解を。
させてくれているんだなと感謝する思い。

すみません。繋がっていくことを。
書いてます。ありがとう。


[URL] 2016/01/14(木) 22:36 [編集]

追記2
アスペルガーという短所は。
集中力という長所。

私は。プラス。
インディゴチルドレン。

自分は理解されないという孤独を。
常に抱えてましたが。

わかってもらえなくていいと思うと。
本当に軽くなりました。

身体が自由に動かないこと。
心が普通とは違うということ。

それぞれが与えられた条件の中で。
いのちを輝かせて生きていけるといいなと思いました。


厘(インディゴチルドレン) [URL] 2016/01/14(木) 22:55 [編集]

このお話に関係しないかもしれませんが、過去に、ネットで暴れた自分を反省しました。
こうやってきれいな言葉でも遠回しに人を傷つけてきたな…と。

人のふりみて我がふりなおせとはこのことです。

おかけでネット依存から抜けれそうです。

もうネットなんか見たくない…。

これ以上ないくらい傷ついたから。

ありがとうございました。
Lの心 [URL] 2016/01/15(金) 06:24 [編集]

追記
正直にうちあけます。

匿名は私です。自分で自分を、その攻撃からまもるにはそうするしかなかったです。

いつか、歩ける日を夢みてがんばります。
パソコンもスマホもバッテリーはずします。。。







Lの心 [URL] 2016/01/15(金) 06:49 [編集]

インターネットではなく
インターネットで傷ついたのは私も同じ。
抜けるためにどうしたかを。書きました。

抜けられないパターンというのが。
どういうものかを書きました。
体験を通して。

Lの心さんと同じ苦しさがわかる人が。
少なくとも。ふたり。わかりました。

繋がってみられるといいなと思いました。
インターネットではなく。
ちゃんと会って話をして。

そうすれば。きっと。
何かが変わっていくと思います。
[URL] 2016/01/15(金) 16:48 [編集]

反面教師
反面教師を見つけて。自分に氣づけるなら。
それもまたよしですから。

綺麗事に聴こえたのは。
過去の私も同じ。

綺麗事がちゃんと腑に落ちるタイミングが。
ありますから。
[URL] 2016/01/15(金) 17:12 [編集]

福井明美さんの体験
http://s.ameblo.jp/sekizuishuyoushoumetu/entry-10487048575.html

福井明美さんのブログの最初の記事です。
体験談から始まってます。

わかってあげられない人は。
こうやって、自分が何をしてあげられるか。
考えるんですよ。。

また歩ける日を夢みて。
頑張って下さい。



[URL] 2016/01/15(金) 18:43 [編集]

ユウコさんへ
ユウコさん。

コメント欄をお借りしました。
大変すみませんでした。

Lの心さんに良き出会いがありますように。
皆様の幸せをお祈り致します。
[URL] 2016/01/15(金) 18:50 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。