お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
01/17
わたし、無知極まりない、恋する女でいようと思います。
              おおたけ めぐみ

これって、無知を認めたくなかっただけやん、って話なんだけど。(汗)

あらためましてみなさま、
あけまして おめでとうございます。

実はね私、今朝までしっっかりとヨロイを着込んでおりました。
北風と太陽の、北風に吹かれた旅人のように、ぜーったいに脱いでなるものか!! と着込んでた。
「委ねてたら放っておいても脱げるけど、今はまだどうしてもどうっしても脱ぎたくないの!!」
って、脱がずにいたの。そうそう、脱ぎたくなかったの。

私日々、いろんなものに、いろんな人に、いろんな場面に恋していてね、だからとても幸せだし、とても嬉しいし、とても優しい毎日なのです。
なのに。最近、どうにも「恋して損してる」気分が否めなかったんだよね。
なんっか、こう、元が取れてない気がする、的な?
ちょっと違うけど。
わたしはただ好きなだけなのに、
わたしはただただ好きなだけなのに、
わたしはただただ純粋に好きだっただけなのに、
わたしの好きっていう、純粋無垢な気持ちをいいことに、なんかいつもいつも、理不尽に後回しにされてる気がする。
わたしの好きっていう気持ちを純粋に出してしまったがために、いいようにあしらわれたり、いいように使われてる気がする。
っていう、なんか、なんだろう、いまだかつてないような「不信感」が湧いてきたんだよね。特に彼に。

で、色々言うと、
・世の中それだけじゃ無理でしょ?
・まわりとの折り合いが重要でしょ?
・自分をそう扱わせてるのは自分でしょ?
こんな言葉が返ってくる。
いつもわたしが言ってるねん、
「そういうのはどこまでも自分の問題!」ってね。
けど!!!
自分の中の話なんだけど、もやもやしすぎてもう収まりがつかなくて、
「今回ばかりはわたしじゃない、今回ばかりはまわりが悪い」
とか、フツーに思うわけ。(笑)
きっとみんな一度はそう思うと思うねんけど違う?(笑)
で、そういう時は、腹を立たせてくれるものにふんだんに出会う。
ネット見ててもテレビ見てても、
「なーにが女性性だ、ふん!」
って感じで、暴動の嵐。(涙)

「この人は素敵な女性、この人は女性の見本って、それみんなが持ち上げてる理由って結局、男性性のすごさじゃん?!」
「なんだかんだ言いながら、女を手に入れたら最後、自分の思ったようにしか大事になんかしないじゃん。」
「上っ面ばっかり大事にしてるような顔して、女のほんとの魅力なんてわかろうともしないじゃんか」
「ほんとに叶えたいものを叶えてくれない。ほんとのほんとの根っこのところを叶えてくれない。だったらハナっから一人でいいよ。自分で稼いでそのお金でできれば男なんていらないじゃん、男が必要なんて体と力だけじゃん!! こんなんだったら男なんていない方がマシ!!」

うぅ。うぅ。うぅ。
なんていう悪態の数々。
ありとあらゆる場面で似たような気持ちになってた。
どれだけグレてたのか容易にわかっていただけると思います。(涙)

もちろん、外側のせいなんかじゃない。
これらの悪態は間違いなく、
「わたし(メス)から、わたし(オス)へ」
と向けられた声でした。
オスの世界での評価はわかったって!!
オスの世界でのあれこれはもう死ぬほど聞いたって!!
で、入り口がどれだけ女だろうがなんだろうが、現れてる世界がお金で、そこに寄っていってる以上、それって結局、オスのことやんかー!!
そうじゃないでしょ?
気にするのはそこじゃないでしょ?
見た目じゃないでしょ世間じゃないでしょ?
わたしの本音を叶えることだけでしょ???

わたしの好きなもの、要するにキュンキュンするものに、悶えるくらいヒットしたものに、夢中でいることだけでしょ?
だったらわたしに夢中だったらいいよね?
わたしとわたしの愛しいものに夢中になってたらいいよね?
で、あなたはそれを表現しとけばいい、それだけじゃないの?!
あなたは、わたしから受け取ったものを行動したらいい。
たったそれだけのことじゃないの?!?!?!

そういうことです。
だから、結局、どんなに嫌っても、何回捨てても、似たようなものを好きになる。
恋する女子の自分に長く浸れなくって、すぐにそこから逃げだして、心がヒマな、フリをする。
ヒマなんてあるわけないのに。
恋に多忙なわたしと一心同体でいて、ヒマなんてこと、ありえないのに、これだけ、
「ヒマそうにウロウロしてないでがっつりわたしを見なさいよタコ!!」
って思うことがしばしば起こる、ってことは結局、まっだまだ、わたし(オス)は、わたし(メス)のことをわかったつもりで、よくわかったつもりで、知りきったつもりで、話を聞いたつもりで、なにより愛し合ったつもりでいたのです。

まだほんとにほんとに、ほんとのほんとに小指の先ほどしか、ちょびっとしか見聞きしたこともないような状態のくせに、そんな状態にも関わらず、知ったかぶりしてたんだよね、わたし(オス)は、わたし(メス)のことを。
げぼげぼ。なーのーで。まわりはそれを、わたしに教えてくれていただけでした。
彼と息子、いい仕事ぷりだったー。
で、さらにいうと、ほんとーにわたし自身で生きてる時って、男女かかわらず、知ったかぶりなんてありえないほど素直な人しかあらわれないのねー。
あーやだやだ。
あーやだやだ。
何もかもが自分。
ええ。
すべて自分です。
てことで、知ったかぶりはせずに、わたし(メス)をガン見してガン聴きして、超絶ぎゅうぎゅう愛しながら生きていこうと思います。
ということで、わたし、知らないことだらけで恐ろしいことこの上ないのですが、弱い弱い、ほんとーに無知な、恋する女にさらになろうと思います。
愛そうと思うのはちょっとおいとく、放っておいても愛しちゃうから。(笑)
恐れずに、恋をするよ。

できない自分のままでゼロから恋をし続けよう。
今ある知識を捨てて、損得を越えて、キュンと惹かれるものに素直でいよう。

みんな、教えてね。♡
よろぴく。♡

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

気持ちがいいですね〜。
これほどまでに素直ですと。

ヨロイを着込んでいた人が書いた文章とはとても思えません。
でも、とことんヨロイを着込んでいたから吹っ切れたのかもと
感じることができました。

いろんなものを手放して最後に残ったもの。
純粋で素直なもの。その状態でいること。

その清々しさを
おおたけめぐみさんから感じました。
どうもありがとうございます。
よし [URL] 2016/01/17(日) 10:49 [編集]

こーゆー記事、
掲載するって。。先生だいぶストレスたまってるんちゃぃます?
^_^;

先生。。お大事に(^_-)-☆


華の [URL] 2016/01/17(日) 11:01 [編集]

あ!(゜゜)
先生!思い出しましたわ!
弥勒菩薩の話しやねんな。。

女が男っぽくなってくる話しやった(-.-;)

おしとやかなりたいわ~
出来るもんならf^_^;
華の [URL] 2016/01/17(日) 12:24 [編集]

痛い自分を
痛い自分をとことん味わい尽くすと。
抜ける。という体験を私もしました。

自分の本音。

それは嫉妬だったり。
自分の方が凄いのに!
だったり。

本当は大事にされたかった。

とか。

そういう恥ずかしい本音。
それに氣がつき。

そうかそうか。
そうだったか。

と自分に共感できる瞬間があり。
癒されていくのかなと思います。

ありがとうございます。
[URL] 2016/01/17(日) 13:28 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。