お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/02
スキルだけではどうしようもない
                        桜 美穂

まだ二十歳そこそこの時、カラオケサロンでバイトしていて、キングレコードの演歌歌手さん方ご一行をお迎えしたことがありました。
さすがはプロです。うまかった。申し分なく上手かった。舞台に立っただけで、店の雰囲気を変えてしまう迫力も凄かった。でも、上手いだけで心に響かなかったんですね。これは、どうしたことなのだろうと、考えさせられたのを覚えています。

昔、角川博という演歌歌手がいました。今もおられるのでしょうが、お見かけしません。
久しぶりにテレビで見た最後が、何年前であったか思い出せませんが、その時、彼の上手さに唸らされ、びりびり来るほどの凄みに圧倒されたことを鮮やかに覚えています。さすがだと思わされました。
でも、そこまで感動するほど上手くても、やっぱり心には響かなかった。

その時わたしは、心底「怖いな」と思ったのです。
ここまで上手くなるのに、どれほどの努力があったのだろう。売れないプレッシャーの中で、どれほどの思いで努力をされてきたのだろう。痛いほど伝わってくるものがあった。

でも、それほどまでに生涯をかけて努力し、精進して、ここまで上手くなっても、それだけじゃだめなのです。ここまでの迫力、凄みを身に着けていても、彼はテレビから消えてしまった。なんと怖いことでしょうか。

何が悪いのでしょうか。あまりにも雰囲気が荒れてしまっていた彼でした。それが悪かったのでしょうか。
最初に書いたキングレコードのご一行さんたちのどこが悪かったというのでしょうか。

最後の答えは目に見えないものであるのかもしれません。
恐らくは、売れるも売れないもすべてその人の心が展開しているのではないでしょうか。

そのレベルにおいて、アマチュアからプロへの転身を見事に果たそうとしているポール・バラードさん。彼が実際の仕事としてそれを目的にしているのかどうかは知りません。
しかし、人に伝えるということにおいて彼が見せたこの鮮やかな変化を、心から応援したいと願わずにおれません。

自分という殻を破れなければ、「伝える」という次元には到達できない。そして、自分の殻を破るということは、それまで握っていたものを捨てることであり、自分を守ろうとするのを止めて、踏み出すことです。
その一線を超えることは、誰にとっても並々ならない決断を必要とする。そこを鮮やかに超えてきた彼を、応援したいと願わされるのです。
プロとして、立って行って欲しいと願っています。

ポール・バラードさんの歌声のビフォーアフターはこちらから。
あなたも魅了されてください。^^
http://sakuramiruku.seesaa.net/article/317389202.html

     * * *

以前、澤谷先生と先生に学ばれた方との三人でのセミナーに参加したことがあります。
それぞれのご存在から、みずみずしく澄んだ命の流れがこんこんと湧き出し流れる美しさには、本当に場を癒し潤し生かす、言葉を絶する迫力と美しさを感じました。
だからこそ、澤谷先生のセミナーには参加者さんが絶えることなく、先生のもとで、このいちばん大切なことを学んだ人は、表層の雑多な問題を超越して、鮮やかに成功して行かれるのだと感じます。

「スキルだけではどうしようもない」というタイトルで、書きました。
歌手だけではない、他の芸術家もそうでしょうし、カウンセラー、セラピストという職業においても全く同じ事が言えます。
「いちばん大切なところ」がわかっていなければどうしようもない。
では、その「いちばん大切なところ」とは、なんなのでしょうか。

師である澤谷先生は、そのところを本当に見事にお伝えくださいます。
何人か、師匠とお呼びしたい方はおられますが、本質が見えなくなるほど雑多なものをたくさん身にまとってしまっているわたしたちのいきいきとしたまっさらさらな命を切り出されるように、命を取り上げるように、ここまで引き出し、教えてくださる方を、他に存じ上げません。
しかし、それだけの師のもとで学んでもわたしは何年かかったのですね。

言葉の及ばないその「いちばん大切なところ」を、お伝えできるようになりたい。
雑多なもので命が窒息しそうになっているのに、お気付きになっておられないそんな状態を見るたびに、思わされるのです。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

自他の一体感
難しいことはきっとなにもいらなくて。
自分が自分でいい。相手は相手でいい。
なんの引っ掛かりもなくそう思えたらいい。

自分が他人がどんなに不完全な姿を顕しても。
その奥にはそうではない完全なものがあることを。
なんの引っ掛かりもなく信じられるといい。

そうみることができないなら。
それは自分の心が偏っているのだから。
偏りなく穏やかで優しい心でいられるポイントを。
みつけられるといい。

難しいことはわからないけれど。
そういうことを思いました。
ありがとうございます。
[URL] 2016/02/02(火) 07:22 [編集]

すいません。角川博さんに失礼かと思います。角川博さんはしっかり現役で、最近も五木ひろしさんがつくった曲をリリースなさっています。テレビから消えたのは演歌全般のはずです。
森 信仁 [URL] 2016/02/02(火) 14:50 [編集]

本質があらわれるために大切なこと
自分の殻を破るとは
握っているものを捨てること。

自分を守るのをやめて
一歩踏みだすこと。

そのためには
決断する必要がある。

そして、身にまとった
雑多なものが剥がれ落ち

その奥にあった本質が
あらわれてくるのでしょうね。

言葉では簡単に表現できます。
でも、決断・覚悟が必要ですね。


桜美穂さん
心のずしりと響くお話
ありがとうございます。
よし [URL] 2016/02/02(火) 16:45 [編集]

厘さん
コメントを拝見して、
大切なことをすっとつかまれる無心の自由さを感じました。
いつもずっと在られたご本質の美しさが溢れ出しておられる
その流れに出会わせて頂き、ありがとうございます。
桜 美穂 [URL] 2016/02/02(火) 23:04 [編集]

森さん
配慮が足りませんでした。
私のブログではありませんので、訂正できませんが
気を付けたいと思います。
ご指摘、ありがとうございます。
桜 美穂 [URL] 2016/02/02(火) 23:06 [編集]

よしさん
自分を守るのをやめて一歩を踏み出す決断。それによって雑多なものが剥がれ落ちて本当の姿が現れ出る。

よしさんはそこに響かれた。共鳴されたのですね。そのように生きたいとのよしさんの熱い思いが伝わってきます。
その思いに正直に生きて、その思いを遂げていただきたいと感じました。ありがとうございます。
桜 美穂 [URL] 2016/02/02(火) 23:14 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。