お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/04
水の不思議
              トーマ イタル

身近なものほど、実は、とても不思議な存在だったりします。
その最たるものが、「水」です。
これほど、不思議なものはないのです。
食べ物を食べなくても、人間は、けっこう生きていけるみたいですが、ほとんどの人は、水を飲まなくなったら、2週間以内で、死んでしまうといわれています。
それくらい、水というものは、人間にとって、不可欠な存在です。

人間の身体の60~70%くらいは、水だということからも、
「自分という存在の大半は、水である」
ともいえるのです。

「水」というのは、地球上で、とてもユニークな存在です。
まず、私たちが生活している身の回りの温度の範囲で、「固体、液体、気体」の状態が、同時に見られるのは、水だけです。
たとえば、他の物質でいうと、鉄の固体は、珍しくありませんが、これを加熱して、液体にするには、1500度くらいまで温度を上げなければいけないようです。
さらに、気体になる温度は、2900度だそうです。
鉄の場合などは、自然界で、この三つの状態を見つけるのは、難しいと思います。
他の物質も、だいたいそんなものです。

地球上で、水だけが、「固体、液体、気体」という、三つのまったく違った姿を、日常的に、私たちに見せてくれるのです。

他にも、
「氷はなぜ浮くか?」
という疑問があります。
これも、普段、あまりにも見慣れているせいで、なんとも思っていませんが、実は凄いことなのです。
喫茶店などに行ったとき、最初に、氷が入った水が出てきますね。
その水の中の氷は、どうなっているかというと、浮いていますね?
これは、科学的に、とても不思議なことだと言われています。
この世界に存在するほとんどの物質は、物質の温度が高くなるほど、軽くなり、温度が低いほど、重くなるという傾向があるそうです。
固体の方が、液体よりも重たくなるのが、自然だそうです。
たとえば、食用油を凍らせて、固体の油を作って、それを、液体の油に入れると、沈んでしまうようです。
「水」のように、個体になると、軽くなる物質は、とっても少なく珍らしいそうです。
「水」以外だと、他には、半導体に使われる「ケイ素」や「ゲルマニウム」など、数えるくらいしかないそうです。

水は、高い温度から、どんどん冷やしていくと、最初は、普通の物質と同じように、だんだん重くなって、約4度で、最も重くなるようです。
ところが、さらに、4度以下に冷やしていくと、今度は、逆に軽くなっていく、「逆転現象」が、起こるのだそうです。
そして、0度で、水が氷になると1割近くも、軽くなるそうです。
この性質により、氷は水に浮くのだそうです。

水の不思議な性質による面白い話があります。
例えば、
「氷点下20度にもなる北海道の湖の魚は、なぜ生きているんだろう?」
という疑問です。
こういうことは、普段は、あまり考えないと思います。
これも、水の不思議な性質によるものみたいです。

氷は、水よりも軽いので、寒くなると、湖の表面をふたをするように凍りますね。
しかも、水の中で、一番重いのは、水温で約4度です。
したがって、0度以下の氷が、湖の表面にも張っても、一番重いのは約4度の水なので、4度の水は、底に沈んでいき、湖の底は、4度の水のままなのです。
だから、湖の魚たちが、凍って死ぬことはないのです。
もしも、水が、ほかの物質のように、液体より固体のほうが重たかったら、湖の底まで、氷になってしまい、魚たちは、生きてはいけないのです。
すぐに、絶滅してしまうのです。

北極の海などでも、氷山は、浮いていますね。
これも、そういうことみたいです。
もしも、他の物質のように、海水が、下から凍って氷になっていったら、あっという間に、地球の海は、全部凍り付き、惑星自体が、氷の惑星になっただろうとも、言われていています。
水のこの不思議な性質によって、魚たちは、生きてこられたのです。
地球の水は、地球の生き物たちを、守るために、こういう性質になっているようです。
もしかしたら、地球創世の時代に、自らの意思で、この性質に進化したのかもしれませんね。

他にも、水は、あまり知られていない性質も、もっているようです。
これは、ある超能力者から、教えていただいた話なのですが、その方いわく、
「水の中には、過去から現在、そして、未来までの全ての情報が、記録されています。地球だけでなく、宇宙全体です。なぜならば、全ての水は、テレパシー交信のような通信手段で、繋がっているからです」
続けて、
「だから、私が、わからないことがあったり、未来予知をしたりするときには、水から情報をとるようにしています」
さらに、面白いこととも、教えていただきました。
「水は、全ての情報を持っている性質もありますが、その真逆の性質も持っています。状況によっては、情報を、全て遮断することもできるのです」
こちらも、続けて、
「ある時期から、そのことに気が付いた軍事機関などが、情報を、敵国に読み取らせないようにする目的で、水の底、つまり、海底で、軍事活動をするようになったのです。それが、潜水艦の発明なのです」
潜水艦は、敵のミサイルなどの攻撃を避ける目的も、もちろんあるそうですが、
「敵国の超能力者たちに、自分たちの想念を、読まれないようにして、作戦を行うことを目的に、造られた兵器として開発された」
ということです。
興味深い情報ですね。

さて、ここからは、オマケの話です。
それほど大切な水が、私たちの身体には、大量に含まれていますが、これらの水の大半は、汚れているそうです。
特に、30歳を過ぎたあたりから、新陳代謝などの機能が低下してきて、汚れた水分を、体外に排出できなくなってくるそうです。
ちょうど、金魚鉢の水が、腐ってきて、悪臭を放っているのに、いつまでも、取り替えないで、そのままにしている状態になっているのです。
細胞の中には、「活動している細胞」、「眠っている細胞」、「死んでいる細胞」など、活動状況に、差があるそうですが、この中の「眠っている細胞」、「死んでいる細胞」などの中の水分が、特に、腐敗しているそうです。
実は、「加齢臭」の正体が、この「腐った水」なのだそうです。

私は、一時期、「水」にハマって、たくさんの「身体にいい水」を、飲みましたが、飲んだ瞬間は、気持ちよくなるのですが、翌日になると、身体が、元に戻った気がして、いまいち、効果を感じられませんでした。
去年の秋に、わかったことですが、その理由は、体内の「腐った水」を、先に、捨てていなかったからでした。
ご存知のように、掃除の時に、心がけることは、「整理整頓」です。
この中の前半の「整理」という表現は、「人員整理(リストラ)」という単語に、表現されているように、「捨てる」という意味があるそうです。
後半の「整頓」という表現は、「手が届く場所に、取りやすいように並べる」という意味だそうです。
つまり、
「まず、最初に、余分な物を捨てる。それから、残った必要な物を、取りやすい状態に並べる」
というのが、掃除の基本だそうです。
人間の身体も、そういうことなのです。

身体の中で、一番大きな割合を占める、水分を、整理整頓すると、健康な身体になるのですが、まずは、「腐った水」を、体外に、排出しなくてはいけないのです。
つまり、「捨てる」ということが、何よりも大事なのです。
「ゴミを捨てる」という作業をやらないで、新しい家具や家電、小物、洋服などを、買い込んでも、家の中は、混乱するだけなのです。
身体の中の「腐った水」を、出さないで、どんなに、「いい水」を飲んでも、いまいち効果を感じなかったのは、こういうことだったのです。

私が、去年の9月に体験してから、毎日愛用している、不思議な物質、「オリハルコン(仮称)」は、特別なエネルギーで、体内の水分を振動させ、「腐った水」を、強力に対外に排出してくれるのです。
これによって、その後、身体の調子が、凄くよくなりました。
水も、美味しく飲めます。
これを使い始めてから、2週間くらいの間、なぜか、風呂場が臭くなりました。
「なんだろう、このドブの川のような臭いは? 配水管が、詰まっているのかな?」
不思議に思って、クンクンと嗅ぎまわっていると、風呂場の排水口のあたりが、臭くなっていることが、わかりました。
それから、親しい友人に話すと、その友人も、同じ体験をしたと言ったので、すぐに、理由がわかりました。
その友人も、「オリハルコン(仮称)」を、愛用していたので、
「そうかー! 二人とも、オリハルコン(仮称)を使っているからだねー! 身体の腐った水が、毛穴などのから、大量に出てたんだねー その水の臭いだったんだねー」
こう話して、お互いに納得しました。
あとから、「オリハルコン(仮称)」の会社の人に訊いてみたら、
「そうですよ」
と、言われました。
特に、これを使うと、身体の両脇から、毒素が出てくるのだそうです。

さらに、興味深い話も、聴きました。
左脇と右脇では、8対2くらいの割合で、左脇から、身体の毒素は出るそうです。
ワキガなども、左のほうが臭いそうです。
これは、心臓が左側にあるために、左からの排出量が、多いのだろうと言っていました。
ちなみに、「乳癌」なども、大半は、左の胸にできるそうですね。
これも、そういう理由からからもしれません。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

まず、捨てる。そして、整える。
とても興味深く読ませていただきました。

「水」。

言われてみますと
あまりにも身近にありすぎて
ほとんど意識すらしませんね。

でも、トーマ イタルさんが仰るように
改めて考えてみるととても不思議な物体です。

驚きのお話も聞くことができました。
・ 宇宙全体の過去・現在・未来の情報が記録されている。
・すべての情報を遮断することもできる。

そして、大切なお話も伺うことができました。

掃除で大切なこと。
「まず、最初に、余分な物を捨てる。
 それから、残った必要な物を、取りやすい状態に並べる」

このことは、人の身体にも言えるし、心にも言える。
あらゆることに通ずると感じました。

あと、ワキガや乳がんは
体の毒素を出していると書かれていました。
ワキガや乳がんは悪いものではないのではないかと感じました。
毒素を出しているのですから。

そう考えると、表層のものを取り除くのではなくて
根本をまずなくすことを意識する必要がありますね。


トーマ イタルさん
情報量満載のお話を
ありがとうございます。
よし [URL] 2016/02/04(木) 09:35 [編集]

すごいですね!!
藤田 多恵子 [URL] 2016/02/04(木) 11:47 [編集]

素敵なコメント、ありがとうございます(*^^*) 嬉しいです。
トーマ イタル [URL] 2016/02/04(木) 12:13 [編集]

水の不思議
水は地球の生きとし生けるものを生かすために。
こういう意思をもってこうなっている。

読ませていただけばいただくほど。
不思議というかそうなのかなと思わせられますね。

身体のなかの腐った水を排出するお話も
興味深かったです。

振動数を変える水ということ。
想念感情を変え振動数を変えることでも。
身体のなかの腐った水を排出できるのかな?
という想像をしてました。

自らを生かし他を生かす心を。
磨いてみたいなと思いました。
ありがとうございます。
[URL] 2016/02/04(木) 17:54 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。