お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
03 * 2017/04 * 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/08
毒親だと、認知症になりやすい?
                 波佐ひとみ

親子関係がもたらす影響は、研究すればするほどに人生にいろんな影響を与えていることに驚きます。
また、沢山の親子がその影響を受け、さらにどちらが正解かで戦っているケースがまだ多いです。
ご訪問ありがとうございます。親子関係修復(親子関係を紐解く)カウンセラーのマリアです。
今回は、毒親が与える影響と自分に返ってくるツケについて書いています。
どうぞリラックスして最後まで読み進んでください。

毒親になっている時は……

毒親になっている時は、自分の考えに執着してしまっています。
子供の人生に不快感を与えているツケは、後で自分に返ってくるようです。

こんな記事があります。
普段から他人を貶めたり、批判するような言葉ばかりを発している方が居ますが、そのようなことを続けていると、将来は脳の機能が低下することになるかもしれません。
東フィンランド大学の脳神経学者「アンナ・マイヤ・トルパネン博士」らのチームが平均年齢71歳の1449人を対象に言葉と認知症のテストをしてみたところ、「誰も信用できない」と強く信じている人は平均の3倍も認知症になるリスクが高いことが判明しました。

これは高血圧や高コレステロール、禁煙などを調整した上での数値で、皮肉屋で人を信用しない人は認知症になる危険性が高い事を示したと言えます。逆に日本の名古屋大学などが行った調査では、謝罪を受けると脳の攻撃性が和らぐという結果が発表されました。

言葉と脳の関係はかなり前から指摘されていたことで、今回のような脳と言葉の関係を示す実験結果というのは別に驚くようなことでは無いです。言葉を発するという行為は皆が考えている以上に脳への影響が強く、良い言葉は健康や精神にプラスとなり、悪い言葉はマイナスの影響を与えます。

それこそ、毎日のように他人の悪口や怒りの言葉ばかりを叫んでいる方は、将来の健康リスクが高まる事になるでしょう。

トルパネン博士は、皮肉な性格と認知症を結びつける科学的な証拠はまだはっきりしないが、この結果は、個人の性格や世の中の見方が、その人の健康、さらには脳にまで、なんらかの影響を与えている、ある程度の証拠を示しているという。

私の母の様子を見ている中で、この記事に私も大いに信憑性があると感じています。

母は、これまでの父への恨みから、今でも習慣で、細かいことで罵倒やキツイ言葉を投げかけています。
そんな母が、77歳になって認知症を発祥しました。おかげさまで軽症状に時に早めに対処できたので、今は変わりなく日常を過ごしています。
そして、母も言葉の投げかけ方の新しい習慣にトライしています。

自分の考えに執着したり、常に苛立っているときは、相手にも自分にも良いことはないようです。

自分をコントロールすることができないと、毒を蒔き散らかしてしまいます。
そのことに早く気付くことが大切です。

人を罵倒する前に自分の心を整備しましょう

自分の状態をチェックし、自分が何に反応し、囚われているのか?自分のストレスは人で解消するのではなく、自分でストレスの発散の仕方を知り、自分の心の器を広げる訓練&自分の心を愛で満たす努力が必要です。

心の使い方や物事の捉え方を変える努力をしましょう。
過去や現象は、自分の心で変えることができます。自分の行動次第でプラスに転じることもできます。

このように、自分にとって嫌なことが種になりラッキーなことに転じた話はよくあります。
嫌なことを大きなチャンスに変えることができます。

どのように環境を使うかは自分次第。嫌な思いに執着してしまうのか、チャンスに変えるのか、思い方は自由です。

早く不幸な私、被害者意識を手放した方が未来は明るくなります。
心の使い方は、できるだけ早く身につけた方が暗闇から早く出られます。

脳と言葉は連携している

脳の中には、膨大な記憶が入っています。時としてその記憶が邪魔をして心を曇らせています。
その記憶を払拭していくには、無心で自分にねぎらいの言葉をかけていくことが自分の感情をコントロールする一つの秘訣です。

言葉を聞いているのは、いつも自分自信です。相手を罵倒しているとき自分の脳にも刷り込んでいます。
その言葉を発して聞いている自分が良い気分になるはずはありませんよね。

言葉の使い方で、自分の脳が1番ダメージを受けてしまうことに早く気付き、自分の心のクリーニングを言葉でしていきましょう。

相手を変えることに執着するのではなく、自分の心を清くすることに執着していくと、自分の出す波動(エネルギー)が変わってくるので、自然と人間関係もどこかで変化してきます。

まずは自分に愛の言葉かけかを徹底し、その習慣が無意識で出来るようになったら、子供にも愛の言葉かけができるようになります。

今日からでもスタートしましょう。自分で実践していくなかで心がマイナスにいきそうな時は、いつでも方向転換のお手伝いをします。

愛の心を一緒に育てていきましょう☆

最後まで読んでいただき、ありがとうございます。
あなたの親子関係を応援しています。

あなたの未来が明るくなりますように~

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

幸せになる最初のステップ
批判するような言葉ばかりを発する傾向が強い人は、
認知症になる確率が高いのですね。驚きの事実ですね。

きっと、批判の言葉を発する人も
自分を守るためにその行動をしていると思います。

でも、それらの言葉を発するときのエネルギーが
悪い影響を与えているのですね。
相手に対しても、自分自身に対しても。

同じように自分を守るのであれば
波佐ひとみさんが仰るように
自分が良い気分になる言葉を発することを
習慣にしたいものです。

相手を変えることに執着するのではなく
自分の心を清くすることに執着する。
自分自身に愛の言葉をかけるように心掛ける。

今日からスタートします。


波佐ひとみさん
愛の言葉への誘い
ありがとうございます。
よし [URL] 2016/02/08(月) 10:31 [編集]

自分の発する言葉を脳は主語無しの状態で認識する、ということを聞いたことがあります。
ということは、人に投げかけた言葉は、そのまま自分自身に対して投げかけているのと同じ事(・_・)
これは、常に自分自身に罪悪感や自責の念に駆られる心の持ち方よりも、更に自分の声で自分自身の脳に刷り込んでいく洗脳? と同じ様な状態になるのでしょうか?
どちらも潜在意識に何らかの問題があるとは考えられますが…。
それでも、言葉の対象が他人でも全て自分事として認識すると思えば、発する言葉(言霊)は、良いものを発したいものです(^_^;)
Kanako Nakazaki [URL] 2016/02/08(月) 13:15 [編集]

毒親と認識していた自分を認めて。
毒親とみている自分の心の解毒をして。

そうならないと済まなかった親を愛する。
そうならないと済まなかった自分を慈しむ。

自分が愛になると。
子どもにも愛になれる。

すべてはこれに氣づく学びだった。
ありがとう。

そう思えるいまがとっても幸せになりました。
ありがとうございます。
あい [URL] 2016/02/08(月) 14:37 [編集]

これは興味深い内容ですね。
毒親は認知症になりやすい。

痛快な毒舌で人気のタレントであるダウンタウンの浜田さんは、
深刻な若年性認知症であると耳にしましたが、
毒舌やマイナス思考の言葉は、脳の機能を低下させるものなのでしょう。

私のもとにもよく、認知症の御家族の事で相談にみえる方が大勢いらっしゃいます。
高齢化社会となった我が国。
認知症は予備軍も入れると、もはや800万人を超えるともいわれます。


ひと昔前は、痴呆症やアルツハイマーと呼ばれた認知症ですが、
頑固な性格の人や、管理職だった人が老年期になりやすいといわれました。

一方、認知症になりにくい傾向の人達として、
ヨガの行者や僧侶、お相撲力士なども、認知症になりにくい人といわれます。

これらの人達は、ストイックなまでに日常の贅肉が削ぎ落とされ、
理にかなった無駄のない生活を送られているからなのでしょうか。


ひとつ気になるのは、毒舌。
お相撲力士や修行僧など、厳しい世界に生きる人達は、
先輩は後輩に、毒舌ともいえる厳しい言葉で叱咤しますね。

同じ毒舌にも、心からマイナスの毒舌と、
人を信じるプラス思考の毒舌があるのかもしれませんね。


毒親というのは、魂の因果の連鎖として生まれてくる部分も否めません。
どこかで、その連鎖をプラスに向け断ち切ることが求められますね。


アルツハイマーや認知症で有名なのは、アメリカ元大統領だったレーガンさん。
世界的な俳優スターであるブラッドピットは、人の名前を覚えられない病だと聞きます。

脳と言葉の関連性、まだまだ研究してみたいですね。
天成 光 [URL] 2016/02/09(火) 12:54 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。