お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/09
鍛錬千日行 勝負一瞬行
                  澤谷 鑛

 様々な能力や個性を持った他人がたくさんいる中に置かれてこそ、私たちはみずからのオリジナリティを意識し、高めようと努力するものだ。

 平成に入った頃、
「あなたは大化けに化けたな」
 とある先輩から言われたことがある。今をときめくEXILEやAKB48のようで悪い気持ちはしなかったが、違う、と思えた。
 当時、私は将に能力のある個性の強い人たちに囲まれていた。勿論、個性と癖とは似て非なるものであり、社会化された個性とみずからの思い込みだけの癖とでは、雲泥の差がある。その個性と能力の中でオリジナリティを意識したと思われる。その意識がなければ単なるエピゴーネン(追随者)に過ぎないだろう。

 その頃のことを別の先輩は、のちにこういった。
「あの頃は花形だったな」
 この言葉も心擽られたが、違う、と思えた。私にとっては、過去ではなく今、花形でなければならないからだ。癖では花形になれない。個性こそ花形の基礎であり、花形こそオリジナリティの開花なのだ。そこでは私の社会化という関門は避けられない。

 この考えは、今も持ち続けているのだが、それにしても、今花形でなければならない、という私の考えは、花形を目指しているのであって、今花形であるのかどうかは疑問である。そこに、
「まだまだこれからだ」
 という自覚が生まれる。訓練や鍛錬というものが現れる所以である。その訓練や鍛錬の一瞬一瞬が花形になるかどうかの勝負なのだ。

 その頃、徳島に講演会に呼ばれた。池田でも講演会をしたが、向かう車の中で地元の人がこんな話をしてくれた。
「池田は高校野球で有名ですが、以前、監督をしていた蔦さんがよく使われた言葉に“鍛錬千日行 勝負一瞬行”というのがあります。“鍛錬は千日の行 勝負は一瞬の行”と読むのだと思いますが、妙に納得した言葉です」
 私はこんなことを言ったのを覚えている。
「妙に納得したというのがいいですね。説得されたのでなく納得した。それは納得するだけの説得力があったということでもあるのですが……。納得したり気づいたりというのは、楽しいものです。楽しいのはいいですね。楽しくなければ人生じゃない。訓練も鍛錬も楽しくなければ人生に花形も現れないでしょう。人生に鍛錬のない勝負はないし、勝負のない鍛錬もないでしょう」

 鍛錬千日行には、愛と智慧が流れ入り、新しい工夫が凝らされるのだろう。将に人生劇場なのだ。そんな中、いのちは一瞬一瞬みずみずしく花咲かせているのだろう。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

一瞬は、一瞬にあらず
自分の個性を見いだすには
他人の中に置かれる必要がある。

その中で、他人との違いを
自分に見出していくのでしょう。
個性に気づき、磨きをかけていく。

他人と触れて憧れることもある。
でも、それを追い続けるだけでは
いつまでたっても個性を発揮することにはならない。
そうことなのでしょうか。

人生を生きるとは
如何なることなのかを諭す文章のように感じました。

ありたい姿をつねに抱きながら生きていく。
そこに向かって、今、できることを黙々とこなしていく。

過去に起こったよいことにいつまでも浸ることなく。
ただ、黙々とこなしていく。

流れる水がきれいであるように
人生も止まることなく歩み続ける。

ありたい姿を胸に抱きながらも、今、歩む道も楽しむ。
山の頂上を目指しながら、登山を楽しむように。


澤谷先生
頭に空白のできるお話
ありがとうございます
よし [URL] 2016/02/09(火) 10:49 [編集]

名言
「鍛錬千日行 勝負一瞬行」
なんとも快活に聞こえてくる名言ですね。

一瞬の勝負の為に、千日の鍛錬を積む。千里の道も一歩から。塵も積もれば道となる。
私はそんな言葉が浮かびました。

これを社会化と捉えられていらっしゃる所は、澤谷さんらしい個性ですね。
一人でも多くの人を幸せな人生に。その人の多さこそが、花形とされる快活さでありますな。

男であれば一度の人生、懸けて勝ち美酒に酔いたいものですね。

天成 光 [URL] 2016/02/09(火) 18:07 [編集]

懐かしく
もう5年くらいも前になりますが。
批判する心の強い私に対して澤谷先生は。

あなたの濃ゆい濃ゆい癖は。
人を自らのなかに溶かしこみ調和させて。
癖を個性化すると面白く仕上がる。
といわれたことがあります。

コメントを毎日書き続けると3年弱で1000日。
中断すれば1000日書くのに5年から6年。

中断した時期の冷暖自知も熟成の期間とすれば。
このコメントを書くために1000日行をしていて。
コメントの内容度が一瞬行。

批判というのは。相手の完全がみえていて。
現象的な不完全をみて批判しているのだから。

みえている相手の完全から。
愛と智恵をもって、
あなたが言葉を発してくるのを
待ってるんですがね(笑)

澤谷先生は。
そういって笑ってました。

溶かしこむということは。
誰かに絞って一点集中では。
できるようになりました。

または。よくわかっている相手であれば。

毎日、日替りで人が変わると。
共感がしにくいと感じます。

澤谷先生は昔、オフィシャルブログのコメント全部を。自分のなかに入れながら。Goo ブログに移していくことをしていると言われました。

それくらいしないと。
あなたの癖は薄まらないんじゃないか?とも。

懐かしく思い出します(笑)

行は楽しくなければつまらない。
できない自分を責める必要はなく。
未熟ないまは未熟ないまのままで。
完全を奥に控えた自分がいて。

そういう自分が自分を大切に思うように。
人を大切にできるといい。

あなたのコメントが、春風のように柔らかくなるといいですねといわれた数年前の澤谷先生の言葉を。
懐かしく思い出します。

ありがとうございます。

あい [URL] 2016/02/09(火) 20:12 [編集]

よしさん。

「自分の個性を見いだすには、他人の中に置かれる必要がある。その中で、他人との違いを自分に見出していくのでしょう。個性に気づき、磨きをかけていく。他人と触れて憧れることもある。でも、それを追い続けるだけでは、いつまでたっても個性を発揮することにはならない。そうことなのでしょうか。」
その通りです。よくよく理解されていますね。すばらしい。
澤谷 鑛 [URL] 2016/02/09(火) 21:12 [編集]

天成 光さん。

凜とした聞き方をされたのですね。否、凜と聞かれたということのほうが正しいのでしょうか。
社会化こそ個性ですね。
澤谷 鑛 [URL] 2016/02/09(火) 21:18 [編集]

あいさん。

5年くらい前にそんなことを言ったのですね。
そんなかかわりのある方は、縁(えにし)の糸がつながりむすばれ、愛と信頼の絆があるのでしょう。
のびのびといきいきと人生を邁進してください。
澤谷 鑛 [URL] 2016/02/09(火) 21:25 [編集]

澤谷さん。

凛々と一言で返信されるところ、流石ですね。
私は論じるばかりで、まだまだ行動が伴わない愚僧です。名言とするは、憧れだからかもしれません。澤谷さんのように澄み切った心情を表せる様、精進したいものです。
天成 光 [URL] 2016/02/10(水) 08:04 [編集]

天成 光さん。

凄い凄味! ですね。すばらしい。
澤谷 鑛 [URL] 2016/02/10(水) 14:20 [編集]

先生方の会話見てるとおもろいねんな(^^)
って失礼かもしれんけど。

なんかうちとこの利用者さん見てるみたいで、微笑ましいですわ(^O^)


平和やね。。日本って。。認知の人ふえるのは平和のあかし。

平和がつづいてほしいね。
(∪o∪)。。。

綾の [URL] 2016/02/11(木) 04:34 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。