お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/15
夫婦・親子の絆
                   杉本桂子(養成講座8期生)

私たち親は、なぜ子供たちが大好きなのでしょうか?
とてもヘンな質問です。

いつもいい子だから。
かわいい顔をしているから。
かしこいから。

こんなふうに答えるお母さんはいないですね。

私の子供だから!
ですよね。

理由などはありません。
今世で、「親子」の絆を結ぶご縁だったからです。

私は、「天才児を育てる」的なイメージの強い「七田チャイルドアカデミー」のオーナーをしていますが、子育てのことで、たくさんのしんどい体験をしています。
七田のオーナーなのに……
私の子育てがいけなかったんだ……
自分で自分を責めたときもありました。

次男が、学校の先生のちょっとした一言がきっかけで精神的な病気となり、外出ができなくなってしまった時。スクールカウンセラーの方に言われた言葉が、
「お母さん、4人のお子さんがいらっしゃるんですね。真ん中の子供は愛情不足になるんです」
やはり私が原因……

娘が友達とのことが原因で、一年間学校へ行けなくなった時は、ママ友のひとりに、
「ママがいつも働いているから、寂しかったのよ」
と言われたり……
そして、つい先日もある人に言われました。
「不登校になる子は、自己受容ができていないんだよ。親がそのように育てたんだよね。」


次男の不登校の時は、ものすごく自分を責めました。
しかし、私は次男の不登校で大きな学びを得ていたので、娘の時は、周りのどんな声にも、まったく動じない自分がいました。
確かに、世間のお父さんくらい、いや、それ以上に働いているけど、子供たちへの愛情はめちゃくちゃ伝えている。
世間には、ほったらかして、子供との会話のキャッチボールができていない(それ、ほとんど虐待???)みたいな親もたくさんいるけど、そのような親に育てられた子供が、みんな不登校になっているわけではなく、そんな親だったけど立派に育っているケースもたくさんあります。
一生懸命育てているのに、子供にいろんなことが起きてしまう……

これは、そういうご縁だから。
どんなことが起きても、そういうご縁がよかったこと。
これは、夫婦関係でも同じです。
主人がやさしいから
主人が○○をしてくれるから
だから、主人と夫婦でいる。
というステージから、主人と結婚するご縁だったから、夫婦というご縁を大切にする。
という次元へ、シフトすると、見えてくる世界が変わります。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

ご縁
杉本さん、おはようございます。

親子も夫婦も、師弟も仲間も。
そういうご縁だった。

それに感謝できると力が抜けて軽くなります。ありがとうございます。
あい [URL] 2016/02/15(月) 08:11 [編集]

なるようになっている
杉本桂子さんが経験されたことから発せられる
とても力強い言葉を受けとめることができました。

『そういうご縁だから』

そういうことなのですね。

ものごとを投げやりに受けとめるのでもなく
のめりこみすぎるのでもなく

目の前にあるものをただ受けとめる。
その大切さを受けとりました。

そして、矛盾しているのですが
投げやりになってもいいし、のめり込んでもいい。
そう感じました。

どんなことをもただ受けとめる。
きっと、それが自分を信頼することなのですね。

自分を信頼できると人のことも
自ずと信頼できる日が来るのでしょうね


杉本桂子さん
絆を結ぶご縁のお話
ありがとうございます
よし [URL] 2016/02/15(月) 09:29 [編集]

あい様
コメントありがとうございます!
そうですね、
どうしてこんなことに・・・と考えていても何も変わりませんね。

それよりも、ご縁だったと、引き受けてしまうことから始めると、ラクになります。

ありがとうございます。
杉本桂子 [URL] 2016/02/28(日) 21:40 [編集]

よし様
コメントありがとうございます!

おっしゃるとおり、ただただ「ご縁だから」と受け止めてみるということなんです。
あきらめる、ということでもあり、一生懸命向かうということでもあります。
しかし、条件を求めたり、相手をどうにかしようと思わないことなのです。

私は最初は抵抗・不満だらけでしたが、いろいろあって、こういう心境になることができました。

ありがとうございます!

杉本桂子 [URL] 2016/02/28(日) 21:44 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。