お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
03 * 2017/04 * 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/15
愛って言葉は嘘くさいですか?
                大平啓子

愛って言葉は嘘くさいですか?

自分の中の愛と共振する、愛を感じられる、ヒト、コト、だけを選んで生きていく。そういう生き方って、効率や達成こそ大切と考える人達から見たら唯の綺麗事で青臭い、価値のない事の様に見えるのかもしれないけれど……

でもね、私はやっぱり自分に嘘はつけないから、私の中の愛と共振する、ヒト、コト、にコミットしながら生きていきたいと思うんです。
周りの人達の事を大切に想うように自分自身の中の愛を大切にしたいって思うんです。

わたしね、ビジネス、ビジネスって言ってる人達は好きじゃない。
目の前の人は何かの道具ではないし、踏み台じゃないの。
生身の一人の尊い人なんだよ。

お金が無ければ生活は出来ないけれど、お金を追いかけるのではなくて、志事の中で精一杯その人への奉仕の心を尽くした結果としての信用とそこからのご紹介、収入なんだよ。
見返りの為の イイ人の振り、稼ぐための戦略は心がないよ。

人を数字や損得でしか見られない、相手を血の通った心の在る人間、人生を生きている人、だという事を忘れてしまっている人達とは胸が苦しくて、心が泣いてしまって、一緒に過ごせないの。
私はいつも生きているうちから愛がイイなぁ、って思うの。

私がこの世に生を受けてから愛をくれた沢山の人達と、私から愛を捧げた人達と……想いや尊重がどんどん広がって、ペイフォワードして来たから今の私が居て、生かして(活かして)貰っているんだと感じているの。

人との縁は使い捨てのレトルトとは違う。
大切なモノといっしょで、愛情込めて、大切に育んで、壊れたら直して、こころを注いで、手をかけて……そうやって目の人を大切な人、尊い人をって事を感じながら丁寧に生きていくコトなんだって私はずっと思ってる。
だから青臭くても私は愛がイイのm(__)m

その想いはずーっと変わらない。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

物凄く同感してます。このお話しに。
きのうコメント消された人は。


今日この記事は、それ静めるためもあります。
思惑どおり。なかなかのお人ですね、管理する人。
愛情 [URL] 2016/02/15(月) 08:58 [編集]

愛は人によって様々な捉え方があるんだと感じさせていただきました。つまり、ダメですから効率的な考えの方なのですね。
森 信仁 [URL] 2016/02/15(月) 09:09 [編集]

すべてはつながっている
自分の大切にしたい価値観に沿って生きること
与えることが受けとることになること
目の前のものに向き合い、丁寧に生きること
人はみんな、自分の価値観に生きていること
自分の価値観を生きることで
人に自分の価値観を気づかせてあげていること
人はみんな、それぞれの愛と共振しているということ
ビジネスも愛であること
すべては愛であること

そんなことを大平啓子さんの
素直な気持ちを書かれた文章を読んで
私は感じました。


大平啓子さん
愛と共振する丁寧な生き方を
伝えていただきまして
ありがとうございます
よし [URL] 2016/02/15(月) 09:54 [編集]

愛ってなんだろう
大平さん、こんにちは。

私は。ビジネス、ビジネスではなかったのですが。
仕事、仕事の時期はありました。

それも人相手の福祉の仕事で。
自分の持ってる愛の小ささや、
仕事のこなせなさの葛藤で傷つき痛み。
それを快復できてないことや。

自分との絆を結び直せていない痛み。
親との絆を結び直せていない痛み。
そういうものが渦巻いているときは。
人に優しくなれず自分にも優しくなれませんでした。

すみません。そのうえで少しだけ。。
スピの世界、心の世界は。愛で共振する人のみ繋がっていける世界と思うんです。。

私は。福祉の現場職員ですから。
同じ志の人と共振する場にいるはいますが。
好きも嫌いも全部、抱き込んでいける力が。
愛かなと思うところがあり。

また。おりこうちゃんではなく。
すべてをさらけ出しながらつきあっていく人間関係が普通が故。スピの世界を長く受け入れられなかった経緯があり。批判する氣もちも。自分がそうだった故わかるというか。

それも全部ふくめて、みなの学びなんだと。
思うところがあります。

自分にできることは。
自分の体験を話すことですが。

相手側の眼線からものをみると。
価値観が拡大するというか。

それまでの自分の側もわかり。
反対側もわかり。まだみえてない部分も。
みようと思えるというか。

途中きついけど。
楽しくなるよというか。

もう少し。言ってる内容同じでも。
「自分がこう感じる」の表現なら。
結構、先生は見守るから。

それで。本音を隠さない人の方が。
到達は速く。わかったらあっという間。

すみません。
愛に生きたいけれど。
愛ってなんだろう。

ありがとうございます。
あい [URL] 2016/02/15(月) 14:50 [編集]

追伸
大平さん、追伸すみません。
ご縁ある人のために。私なりの愛を。

批判の氣もちの奥にあるその人の理想をみる。

批判できるということは。相手や物事に、もっと違う可能性をみていること。相手や物事の奥の完全をみて、目の前の現象が違うといっていること。

「あなたがその奥の完全さをみて。その完全からみた不完全を言葉に表現してくるのを。待っているんですがね(笑)」

(それがわかるのは、なかなか難しいのかな。我が強いもんね。あなたは。)

「愛と智恵をもって、同じ内容を表現すると。どういう表現になるのでしょうね(笑)」

5年くらい前に。澤谷先生が私に言われましたが。

愛と智恵も。その人その人の味わいがでてくると面白いのかもしれません。

ぶつかりながら葛藤しながら。
ごりごり磨かれていくのを楽しみます。
ありがとうございますo(^o^)o
あい [URL] 2016/02/15(月) 16:05 [編集]

あいさん。

随分上から目線なのですね。30数年前、高校生の頃、澤谷先生に学んだ者です。
なんだか感覚が違いますね。本格的に澤谷先生に学んでいませんね。
CAMELLIA [URL] 2016/02/15(月) 17:13 [編集]

愛の話
大平さん。

あなたの文章を熟読させて頂き、
私は大平さんの慈愛に満ちたお人柄に感激しました。
あなたは本当に、お優しい方ですね。

こんな話を思い出しました。

昔あるところに、のちに名声高く評判となる高僧がいました。

ある時、弟子の一人が高僧に「仁とはなんですか?」と尋ねた。
高僧は「暴力を振るわないことが仁だよ」と答えました。
しかし、またある時は他の弟子に
「相手を殴ってでも戒めることが仁だよ」
と答えるなど、相手によって答えがバラバラでした。

弟子達は集まって、何が真実なのかを考えましたが結論が出ず解りませんでした。

そこで、弟子の中で一番兄弟子が高僧に
「実は、弟子達がみな迷っておりまして…」と尋ねると、
「我が道は一つを以て貫けり…おまえには解るな…」と答えられた。

兄弟子は、たったこれだけではたと膝を打った。
「そうか、解ったぞ」

そこで早速、他の弟子達に伝えてやりました。
しかし他の弟子達はすぐには解らなかった。
弟子達は兄弟子に尋ねました。「その一つとはなんですか?」
「一つとは、愛だよ」

その人その人、接する人の時と場合と個性に合わせて真心を尽くすことが、愛ですな。


大平さん、あなたはきっと沢山の人々に心から慕われる聖者に成られる。そんな気がします。

何より、あなたの様に慈愛深い方を、西方のみ仏が放っておくはずありません。
天成 光 [URL] 2016/02/15(月) 21:54 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。