お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/11
金鵄
                 トーマ イタル

2月になりましたね。
年が明けてから、あっというまに、1か月が経ちましたね。

さて、2月11日は、「建国記念の日」ですね。

これの起源などについては、たくさんの説があり、学者の間でも、議論がわかれているそうです。
日本神話では、約2600年前の元旦に、初代天皇である神武天皇が、即位したとされていて、当時の日付を、現在の暦に換算すると、2月11日になるそうです。
これが、一般的には、「建国記念の日」の由来だと言われています。

なぜ、神話が由来の日が、祝日になるのかというと、そもそも神話というのが、どこまで本当なのかが、わからないために、正確に、何月何日に建国されたのかが、誰も、わからないというのが、原因みたいです。
比較的最近できたような外国の国とは違い、日本の建国は、昔過ぎるのです。
なによりも、文字がない時代の話なのです。

文字資料により、日本国の存在が、確認できるのは5世紀ごろからみたいです。
その頃には、既に日本国はあったので、建国は、もっと以前と推測されるのです。
建国日が、何月何日かわからないからといって、建国を祝わないというのも、寂しいので、そこで1966年に、戦前まで、「紀元節(≒建国記念日)」とされていた、2月11日を、建国記念の日として復活させたということらしいです。

最初は、日本の「国旗」についての話題です。
「日の丸」の国旗については、身近すぎて、あまり考えることもありませんが、たまには、これについて、考えてみましょう。
まず、白地に赤丸という、「日の丸」のデザインは、いつ作られたのでしょうか?
色々な説があるようですが、代表的なものだけ、紹介しますね。
一つは、701年に、文武天皇が、新年のお祝いの儀式で使った、「日像の幡(にちぞうのばん)」で、これが、日の丸の起源と言われています。
さらに、学生時代、日本史で習いましたが、鎌倉時代から江戸時代の終わりまで、武家社会が続きます。
そのきっかけとなったのが、源氏と平家との戦いです。
当時の源氏の旗は、白地に赤の丸で、平家の旗は、赤地に金の丸のデザインだったそうです。
その後、源氏が戦いに勝って、天下統一を果たしたのですが、それ以来、武家社会では、白地に赤丸の旗が、「天下統一」の象徴として、受け継がれたのだそうです。

平家側の赤地に金の丸の旗は、それまでの日本では、当たり前のように使われていたので、もし、源平合戦で、平家が勝っていたら、現在の日本の国旗は、赤地に金の丸だったのかもしれません。

日本の国旗の赤い丸は、太陽を表しています。
赤い日の丸は、日の出の太陽を、象徴しているようです。
これは、日本文化や風習が大きく関わっているしょうです。
古来より、日本人は、農耕民族で、太陽はかけがえのないものとして、信仰してきました。
さらに、天照大神も太陽神ですし、「太陽信仰の象徴」が、このデザインみたいです。
また、日本という国の名前も、元々、「日の本(ひのもと)」と言って、太陽が出るところという意味らしいです。
日本の国名が、そのまま旗のデザインとなっているようです。
日本の国旗を、英語では、「the Rising‐Sun flag」と言うところから見ても、赤い丸は、太陽を表しているということがわかります。

日本の国旗の背景の色が、白というのにも、意味があるようです。
日本の風習では、「紅白は、縁起が良い」とされていますね。
実は、今まで日の丸の色は赤と言ってきましたが、正式には紅色(べにいろ)だそうです。
そういう意味でも、白地に赤(紅色)の丸は、日本人にとって、最上級のラッキーカラーなのです。

紅白それぞれの色、丸い形にも、別の意味があるそうです。
•紅は、「博愛」と「活力」
•白は、「神聖」と「純潔」
•丸い形は、「円満」と「団結」
という思いが込められているそうです。

ここまでは、一般向けの話です。
ここから先は、いっきに、マニアックな内容になります。(笑)
「日本」という名前は、他にも深い意味があるそうです。
「日」の文字は、先ほども書いたように、「太陽」の意味もあるそうですが、「本」という文字は「大」+「十」=「大きな十字架」という意味も、隠されているそうです。
つまり、「キリスト」も、象徴しているみたいなのです。
他にも、「人が、大の字になって、十字架にかかっている」という解釈も、あるそうです。
その「十字架に大の字になっている人(キリスト)」の上に、「太陽」が、輝いている様子を、文字にしたのが、「日本」だという説もあるのです。
「天皇家」と「キリスト」は、いろいろ調べると、かなり深い関係があるみたいですね。

さて、ここからが、本題です。

日本の国旗というのは、前述のように、「日の丸」なのですが、正式には、「日の丸」の旗だけでなく、それを掲げる「棒」、そして、その棒の上に付いている「金の玉」を含めたものが、正式な「国旗」だそうです。

この棒の「黒と白の縞模様」は、「八咫烏」の象徴だそうです。
日本の初代天皇である、神武天皇を、紀伊の山の中で、大和の地まで先導した、謎のカラスですね。
これについては、話すと長くなりそうなので、省略しますが、いわゆる、三本足のカラスですね。

棒の先の金玉(キンギョク)が、実は、国旗において、一番大切なシンボルなのだそうです。
このゴールデンボールです。

これは、神武天皇が、八咫烏の先導で、大和に着いた後、長脛彦という敵との戦の最中に、突然、現れて、弓先に止まり、黄金の光を放って、勝利に導いた、「金鵄(きんし)」という、金の鳥の象徴だそうです。
金色の「鳶(とび)」だったと、言われているそうですね。

余談ですが、江戸時代に流行った、「ちょんまげ」は、頭の上に、この「金鵄」をのせているという意味だったとも、言われています。
「勝利の象徴」である、「金鵄」を、江戸時代のお侍さんたちは、かっこよく頭上にのせていたのですね。
現代では、お相撲さんだけが、やっていますね。

去年の夏に、奈良県の「等彌(とみ)神社」という神社を、訪れたのですが、そこにあったシンボルでもあります。
「等彌(とみ)」という名前は、もともとは、「鳶(とび)」や「鳥(とり)」が、訛ったものだという説もあるようです。
そこにあった、シンボルです。

この金色に輝く鳥、「金鵄」が、神武天皇の時代から、歴代の天皇を、ずーっと陰で守ってきた存在なのです。
中国の神話では、「太陽神の化身」とされているようです。
エジプトの「ホルス神」でもあると思います。

最近、天皇皇后両陛下が、54年ぶりに、フィリピンを訪問されたことが、ニュースで、話題になっていましたね。
その時に、プライベートジェットだったと思いますが、天皇皇后両陛下が、ドアから出てきた場面を、たくさんの方が、見たと思います。

その時に、私は、ハッと気が付いたいのです。
今でも、日本の天皇家を、「金鵄」が、守っていることを……
おそらく、この金の鳥を、シンボルにしているグループだと思いますが、現在でも、目立たないように、陰から、命がけで、天皇家を守っていることがわかり、ひそかに感動しました。

歴史というのは、表側に出てくる人物だけでなく、裏側で陰から支えている、たくさんの人の働きで、動いているのです。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

すべてのものは護られている
いろいろと含蓄のあるお話
ありがとうございます。

トーマ イタルさんの博識さには
目を見張るものがあります。

きっと、ずっとお話を聞いていても
飽きることがないでしょう。

お話を伺って思ったことは、自分が知らないだけで
あらゆるものには意味と成り立ちがあるということ。

そして、それを知り、落とし込むことで
初めて、深み・奥行きを感じるのだと。

また、表面に出てくる人物だけでなく
裏側で影から支えている人の働きへの示唆。

そこのことを真に理解したならば
いつも感謝の気持ちで満たされると私は感じました。

それにしても、トーマ イタルさんが
何を見て、ハッとして気が付いたのかが
個人的にはすご〜く気になっています。(笑)


トーマ イタルさん
知的好奇心をくすぐる
素敵な話の数々
ありがとうございます
よし [URL] 2016/02/11(木) 11:21 [編集]

日本人であることの再認識
興味を通り越す程に興味を抱く内容ですね。
私も近頃では、日本人である自分を振り返る事が、あまりなくなってしまった様に思います。
こうして気づかせて頂く事は、本当にありがたいですね。

我が国の国旗については、「白地に赤丸の旗が、「天下統一」の象徴」が私には一等しっくりくる内容です。
多くの国民も同じではないかと思うのですが、「日の丸は軍旗」というイメージが強いですね。だから建国記念日といっても、国旗を掲げる家々を目にすることは難しいくらいです。

日本という呼び名にキリストが関連しているというのは、流石に信じがたいですが、その飛躍感が興味をそそります。
確かに、キリストの墓が東北地方にあるという噂は聞いた事があります。これもにわかに信じがたいですが、でもロマンがありますな。

「勝利の象徴」である「金鵄」
神話という掴みどころがない話よりも、これが説得力をもって迫るのは、今の時代に生きる拝だからでしょうか。

日本人である自覚が、まだまだ出来ていない自分が見えてきました。


天成 光 [URL] 2016/02/11(木) 12:26 [編集]

ありがとうございます(*^^*)
素敵なコメントありがとうございます(*^^*)
いつか、いろいろ語り合いたいですすね。(^o^)v

トーマ イタル [URL] 2016/02/11(木) 17:32 [編集]

あんな。あたしも職場の施設の利用者のおいちゃんに聞いた話しなんやけどな。

日の丸が戦争のイメージ感じんのは、右翼さんがそんなふうに焚きつけてはんのやって(゜゜)

ほんでな。右翼さんの大元は韓国とか朝鮮の人やらが深く関与してて、右翼つかって日本の愛国心やら天皇さんイメージおとす策略なんやて(゜゜)


あ、わての考えやあらへんで。
聞いた話し聞いた話し(^^)

綾の [URL] 2016/02/11(木) 18:25 [編集]

日本人のルーツ
日本の国旗は、八咫烏を表す黒と白の棒に日の丸の旗。そして上に載っている金玉(キンギョク)で、ひとつだったんですね!!

そしてキンギョクは金鵄を表し、
神武天皇を勝利に導いたものを表すのですね。

そしていまも、天皇を陰から支えている存在があり。それによって日本の国は、天皇制というひとつの血筋が神武天皇以来、途切れることなく今上天皇に続き。世界最古の歴史をもつ国として。世界に尊敬されているのですね。

戦後、GHQにより分断され失われた日本の歴史や神話がいま、多くの人に見直され。日本人のルーツが紐解かれていく時代になってますね。

興味深い記事をありがとうございました!!
あい [URL] 2016/02/12(金) 19:29 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。