お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/21
人待ち時間は愛の時間
                  雷 如檀

以前、「ぼーっとする時間が大事」とお伝えしましたが、実は私、それと同じくらい「待つ時間」って大事だと思うんです。
電車や病院の待ち時間は実は「ぼーっとする時間」と同じく「内観」にもってこいなのです。

でもみんな今はスマホ。
もったいないよね〰(^-^)
せっかくぼーっとできるのに(笑)。

そして、もっと大事だと感じるのが「人待ちの時間」。
それは、手紙を例にすると良くわかるかと思います。
例えばラブレター。❤
大好きなあの人に、想いを伝えようとしたとき。
何度も何度も文章を考えます。下書きもします。書き直します。素敵な便箋や封筒も用意します。時間をかけて、選びます。

この時間も「内観」なんですね。自分はどれほど、その人のことが好きなのか。その人のどういうところが好きなのか。自問自答するわけです。
下書きした文章を読むことは、相手の立場に立って自分のことを考えますね。
「自問自答」になります。(ちなみに、「出さない手紙のセラピー」にはこういう効果もあります。これについては、また別の機会に。)
これは、自分を掘り下げ、自分軸を築くことになります。
そして練りに練ったお手紙が完成し、切手を貼り、わざわざ、ポストまで行き、投函します。

その時。手を合わせるかもしれません。
「どうぞこの想いが伝わりますように」。
このような、いくつもの段階を経て伝える「想い」は、その間じゅうずっとその人の事を思っているので、深いです。
そしてそのお返事を待っている間の時間。いよいよ「待つ時間」となります。相手の事を考えていますよね。
自分が時間をかけた物事に対して、人は時間をかけて待てるものなのです。
それを大切に思えば思うほど、人はその時間を大切に待てるものなのです。

この時間は正に「愛の時間」。
「相手を待つ時間」は「相手の事を思っている時間」。
それは「愛の時間」~(///∇///)

デートの待ち合わせの時間。
子供がお着替えをするのを待つ時間。
奥さんがお料理するのを待つ時間。
彼の仕事が終わるのを待つ時間。

皆さん、どうぞこのように考えてみて、「待つ時間」を楽しんでみませんか?

特に小さなお子さんをお持ちのお母さん。
どうぞ、いつも余裕を持って、優しく微笑んで、お子さんの行いを待ってあげてください。

ありがとうございます〰(^-^)

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

待たされるではない、待つ中で愛を感じるのだ
ぼ〜っとする時間は、内観・自問自答する時間。
相手を待つ時間は、相手に思いを馳せる時間。

そういう風に時間を捉えられると
人生が豊かになりますよね。

イライラせかせかもしないだろうし
無駄に時間を過ごすこともありませんよね。

時間をかけたものごとに対して、時間をかけて待てるもの。
大切に思えば思うほど、時間を大切にも待てるもの。

ものごとが違えば、それにかかる時間に長短はあります。
かける時間にも適切な時間があります。
短ければいいとは言えないし、長ければいいとも言えません。

また、同じことに対しても、状況によって
かかる時間・かける時間も変わっていくことでしょう。

きっと、どれが良くてどれが悪いということではないのでしょう。
今、目の前にしているものごとに対して
自分がどれだけの時間をかけたいのかが大事なのでしょう。
自分の気持ちを大切にし、尊重することが大事なのでしょう。

そのようなことを
雷如檀さんの文章を読んで気づかされました。

雷如檀さん
待つ時間の大切さを伝えていただき
ありがとうございます
よし [URL] 2016/02/21(日) 09:12 [編集]

人待ち時間は愛の時間
人待ち時間は愛の時間。
ほんとにそうですね。

勤め始めたばかりの頃、困った行動や全体から外れたり遅れたりする利用者さんを待てない自分に、愛が無いなぁと随分、悩んだものでした。

継続は力なりで。二十年も経った今。
明るく笑ってゆっくりで大丈夫だと。
待てる自分がいることが嬉しいです。

子育てでは。朝、仕事に出る前の子どもの送り出しが待てないなぁと思いました。やっぱりちょっと早く起きて。氣もちよく毎日を過ごせる構えを自分が作ることは。子どもへの愛であり待ち時間なのでしょうね。

そうして。思うようにできない自分。思うようにならない自分は。本当に随分、待ってあげられるようになり。自分に優しくできるようになり。それに比例して。人も待てるようになってきてます。

そうして。人をイライラさせながら。
信頼して待ってもらっている自分。
自分でわかって納得して、自分のタイミングで次に進んでいいんだと待ってもらっている自分。

自分が人に対してそうであったように。
葛藤しつつゆるしつつ。
ゆるせない自分を感じ怒りつつ。
そうしてくれていることがあることに。
感謝しようと思います。

ありがとうございます。
りん [URL] 2016/02/21(日) 09:17 [編集]

ありがとうございます。
皆さんに少しでも、何か気づきがあれば、とても嬉しいです。
世界中のみんなが、こんなふうに思えると、良いなと思います。

お読みくださり、ありがとうございました。
雷如檀 [URL] 2016/02/21(日) 18:26 [編集]

人待ち時間は愛の時間

澤谷さんのページでも、さこうさんという方が「すてきな言葉ですね」と感想を仰っておられますが、私もそう感激しました。

私は我が子には待ちすぎる親馬鹿でもありますが。

雷如檀さんは、まるで釈迦牟尼如来のように慈愛深いのですね。
あなたのようなお母さんに育てられる子供さんは、幸福で恍惚な道を喜んで歩まれることでしょう。

前にアセンションの話題がありましたが、衆生が暮らすこの三次元世界が次元上昇によって「五次元の世界」に成るという話しを聞きます。
あなたのように慈愛に満ちた方をきっと、み仏はその新しい恍惚の世界に救い上げられる。

合理化が進む世の中に、仏の慈愛を持つことのできる人に、私も憧れます。
本当の仏心を掌に、克己復礼として浄土に入りたいと思う。
雷如檀さんのお話から、決意を貰えました。ありがとうございます。
天成 光 [URL] 2016/02/22(月) 07:26 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。