お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
02/22
風呂・飯・寝る!/心が折れたときこそ、大事にしたい3つのこと
                     ユウコ

何の予告も前触れもなく、突然に訪れたショックな出来事に心が折れてしまうことってあると思います。

生命力を支える、基本のき。それこそが、「風呂・飯・寝る」の三大行事なのです!

心とからだはワンセット。
どちらかがダメになれば共倒れになってしまいます。
ですが、ということは、まだダメになっていないほうのケアを手厚くして、絶好調にしてあげれば、それにつれて、ダメなほうの調子も上向いてくるというもの。

そこで、心がぽっきりと音を立てて折れてしまったら、すぐにテコ入れをしたいのが、日常の3大行事である「風呂・飯・寝る」です。
昭和のギャグに、帰宅した旦那さまに奥さまが言う、
「お風呂にする? ごはんにする? それとも私にする?!」
というセリフがありますが(笑)、実はこれはとっても健全な暮らしのために重要なこと。
これさえしっかり、ていねいに行なっていたならば、心とからだのバランスはほぼ保てるからです。
また、心が折れたときほど、不思議にこの三大行事は、おろそかになる傾向があります。
すると当然、悪循環となり、心の元気はいつまでも回復せず、命取りとなってしまいます。

他のことは、スルーしてもいい! 「風呂・飯・寝る」に集中すれば、自然治癒力が活性化する!

なので、心の力が弱まったときこそ、この妙なる三大行事に全力を注ぎこむべしなのです。
前向きな考え方を取り戻そうとか、現状を打破する行動を起こそうなどと思うのは、ずっとずっと後の話です。
他のことは、たとえば最低限の仕事や家事程度は、こなすにしても後は全部スルーしてしまってOKです!
とにかく、何も余計なことを考えず、その日1日、お風呂とごはん、そして寝ることだけはきちんとする。
これだけを死守していけば、基礎的な体力は落ちません。
そのため、自然治癒力も活性化し、心にも新しいエネルギーがわいてきて、回復も確実に早くなります。
心が弱ると、各種のヒーリングやセラピーに出掛ける方も多いですが、そうしたメソッドも風呂・飯・寝るを徹底した状態で受けられたほうが、より効果が得られると思います。
自然治癒力が高い状態で行くほうが、メソッドは断然よく働くからです。

弱っているときこそ、「風呂・飯・寝る」をゴージャスに! 思い切り情熱を傾けて!

そこでおすすめなのは、この「風呂・飯・寝る」を弱っているときこそ贅沢に、もう叶姉妹になったつもりで楽しんでしまうということです。
お風呂には上質なエッセンシャルオイルを入れる。
あるいはゴージャスなスパに行く。
お肉が好きならA5ランクのお肉でステーキ!
日頃はあまり行かないフレンチを楽しんだり、肌触り最高のオーガニックコットンの寝具を新調して眠るなど。
そうしてからだサイドへ、快感とよろこびをしっかりと与えてあげれば、やがて心も目覚めてくるというもの。
このシンプルな三大行事を楽しみながら、いつかは絶対浮上できると信じて、安心しながら、自分の心をうんといたわって暮らしましょう。
きっと大丈夫!!

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

快に波長を合わせる
「風呂・飯・寝る!」笑ってしまいましたが、
ほんとにそうですね(⌒‐⌒)

快に波長を合わせるようになると。
生命力がぐんぐん快復していきますね!

ユウコさんの記事は、明るく心が弾んできます!
みなさまのよき1日をお祈りいたします!
ありがとうございますo(^o^)o
りん [URL] 2016/02/22(月) 06:27 [編集]

故きを温めて新しきを知る
斬新なことではない。どちらかというと古臭く
新鮮味さがないと思われることかもしれません。

でも、私にとっては、改めて考えさせる内容でした。
まさに、故きを温めて新しきを知る境地です。

普段の生活を振り返ってみると
これらの行為をおざなりにしていると感じました。

おざなりにしているから
いつも心や体が快調な状態ではないのかもしれない
そう思いました。

生活の中では
欲望を刺激するものごとが溢れています。
それらに気を取られすぎて
心や体を労わることを軽視していました。

ユウコさんの文章を読んで
そのことに気づかされました。

心身ともに健康を保つためには
心と体の両面からのアプローチが必要です。
そして、豊かに幸せな人生を送るには
土台としての体の健康は不可欠です。

ですので
今日から「風呂・飯・寝る」に
心を配って生活します。

ユウコさん
見落としている大切なことを
ありがとうございます
よし [URL] 2016/02/22(月) 08:25 [編集]

りんさんへ
「快に波長を合わせる」こと。
これはおっしゃる通り、とっても心とからだの可能性を
広げてくれるものなのですよね。

私もタイトルを決めたときに笑ってしまったのですが
こんなさもないことほど、大事なのだなと
暮らしを見直してみて思いました。
りんさん、いつもコメントをありがとうございます。
ユウコ [URL] 2016/02/23(火) 07:12 [編集]

よしさんへ
「風呂・飯・寝る」は当たり前のこと過ぎて
それで何が変わるのか、と思ってしまいがちですが
実は基本中の基本であることがわかって
記事にしてみました。

故きを温めて新しきを知る境地!
そんなふうに表現してくださって、とってもうれしいです。
私たちの毎日には、健やかさを阻むものがあり過ぎて
それが「生きづらさ」にまで及ぶことがあるのですよね。
人生を大事にするためには、まずは自分を大事に扱うことから。
そんな思いを分かち合っていただけて、記事にしてよかったと思いました。
よしさん、ありがとうございます。

ユウコ [URL] 2016/02/23(火) 07:18 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。