お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
03 * 2017/04 * 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/04
「大和言葉」の効用/言葉の使い方で体調、美容状態まで変わる!
         ユウコ

たとえば体調が悪いときに、きつい言葉をかけられて、いっそう具合が悪くなったことはないでしょうか?

「ありがとう」と言われた水は、結晶が非常にきれいになるそう。では、水でできた人間は?!

「水からの伝言」などのご著書がある故・江本勝先生のお話によると、「ありがとう」と言われた水は、その結晶がとってもきれいになるそうです。
そして、「ばかやろう」の言葉をかけると、結晶は見事に美しさをなくすのだとか。
ということは、からだの50~75%は水でできているという人間の場合も同じことではないでしょうか。

きつく、美しくない言葉を投げられたら、怒る、怒らないの問題以前に、その言葉を受けとめた人体も確かにダメージを受けるのではと思います。

こころよい言葉で、脈拍も正常に! 呼吸も楽に、からだも軽くなる!

確かに、「好き」という言葉に触れたときと、「嫌い」と言ったり言われたりしたときの心とからだの感覚は、まるで違います。
感情を逆なでするような言葉は、言っても言われても、とたんに脈拍が乱れて呼吸まで浅く、苦しくなるように感じます。
ところが、聞いてうれしく、こころよい言葉は、この正反対。
口に出しても、紙に書いても、全身がふわっと軽くなるようで、心もからだもゆるんで楽になるのです。

言葉が心身に与える影響は、実にあなどれません。
ですから、気持ちがよくなる言葉を選んで、使っていくことも、美と健康の重要なメソッドなのです。

「大和言葉」のほがらかさとやさしさが二重丸! 「響き」と「リズム」で血流もアップします!

では、気持ちのよくなる言葉とは、具体的にはどんなものかと言えば、やはりほがらかでやさしい響きを持つ言葉ではないでしょうか。
そのお手本として、とってもいいなと思うのが「大和言葉」です。
品のよさはもちろん、その言葉の響きやリズムも、心をくつろがせてくれる穏やかさがあります。
さらにちょっとしたユーモアまでも!
なので少々言いづらいこと、まともに言うと角が立ってしまうことも、大和言葉をはさむと言葉の中からトゲが抜け、相手の心を傷めることもぐっと少なくなるようです。
さらにやわらかな言葉を口にすることで、自分のからだの中もせせらぎが流れるかのように、安らかな感覚になっていくのに言葉の作用を思い知るばかりです。

人間の美と健康は、栄養と水と空気と太陽でできていると言われますが、言葉も重要な要素として加えていきたいと思うこの頃です。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

言葉が大切である根拠
かけられる言葉によって
水の結晶の形が変わるのですね。
とても不思議な現象ですね。

言葉の意味など知らないはずなのに
言葉を聞いて、結晶の形を変えてしまうなんて
信じがたいお話です。

言葉を発するときに放たれるエネルギーを
敏感にキャッチしているのかもしれませんね。
ユウコさんがおっしゃるように
こころよい言葉を心掛けていきたいものです。
まず、自分自身に対して
そして、まわりの人に対しても。

そして、大和言葉がほがらかさと
やさしさに満ちているとのこと。
最近、大和言葉というフレーズを
私の中でよく耳にします。

でも、大和言葉と言われて
「これ」という風にあまりイメージできません。
ですので、大和言葉に馴染むように意識していきます。

ユウコさん
言葉が心身に与える影響と
心軽やかになる文章を
ありがとうございます
よし [URL] 2016/03/04(金) 09:08 [編集]

土台を培う
内容はきっちり伝える。
でも、言葉はまあるく柔らかく優しく。

これが、できてなかったなと思います。
できてなかったことで身を削られる体験をして。

いま、どうすればいいのかを選べますね。

そう思うと。できてなかった自分を。
相手がゆるしてくれていた。
周りがゆるしてくれていた。

そういう感謝に変わりますね(^_^)v

おのずからの感謝に変わるためには。
自分の氣もちをしっかり主張する過程も。
必要だったんだなとわかります。

大和言葉を使う以前の人間関係の土台を、
しっかり培っていくこと。
また、日々の日常を丁寧にこなしていくこと。

明るく楽しく朗らかに。
やってみようと思います。
ありがとうございます。
りん [URL] 2016/03/04(金) 09:36 [編集]

言葉と思い
口に出しても、紙に書いても、全身がふわっと軽くなるようで、心もからだもゆるんで楽になる言葉。そうした言葉が持つ、気持ちがよくなり、美と健康を生み出していく力について、わくわくするような素敵なご提言をいただきました。ありがとうございます。

京都に生まれて19年育ちました。その後大阪に移り住んで30年以上が過ぎました。正反対の土地柄を体験できたことで、言うべきでないことは腹にしまってでもやわらかい言葉を選ぶ思いやりと、情が厚くあたたかいからこそ、ずけずけはっきりものをいう思いやりの両方を知りました。

「さらにやわらかな言葉を口にすることで、自分のからだの中もせせらぎが流れるかのように、安らかな感覚になっていくのに言葉の作用を思い知るばかり」だといわれるユウコさんは、まさにそのようなやわらかな心で、そのようにやわらかに語られたからこそ、ますますそのように安らかになって行かれたのでしょう。だからこそこうして、言葉の非常なお力に気づかれたのですね。

「言葉の使い方」という事だけの話ではない。ユウコさんのご存在の在り方、ご姿勢そのものが素晴らしいお教えなのだと感じました。ありがとうございます。

桜 美穂 [URL] 2016/03/05(土) 10:48 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。