お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/04
「和」と「同」
       澤風 凜(養成講座1期生・2期生)

以前、養成講座のなかで澤谷先生に教えていただいた、
「和して同ぜず 同じて乱をなす」
が、今日になって自分なりに繋がった。

もう、かれこれ10年も前のことだが、新築の一戸建てを買った。長男が4歳くらいで、次男が1歳くらいのこと……。

引越し先は新興住宅街だったため、近所には比較的同年代の世代が集まった。引越ししたてで寂しかったのもあり、すぐに友達探しがはじまった。幸運にも、すぐ近くに同時期くらいに引っ越してきた人と、とても気があいすぐに仲良くなった。

クリクリの瞳に、とても人懐っこい笑い方で、その人はたちまち人気になった。
「りんちゃんだけなんだ、私のことわかってくれるの」
そう言われ、単純な私はますます、その人にのめりこんでいった。

家族ぐるみでのお付き合いがはじまり、心底信用していたし、大好きだった。

しかし、ある日のこと、ある人から、
「Aちゃんが、りんちゃんの悪口、言ってたよ」
ときいた。
信頼していたから、そのショックは途轍もないものだった。

一瞬にして彼女への思いは怒りにかわった。

その怒りを知り、彼女は私に泣きながら電話をかけてきた。
「りんちゃんから嫌われたら、私一人になっちゃう!!」

……怒りはおさまらなかった。

それから、Aちゃんが私のことをずいぶんと悪く言ってまわっていたこと。そのおかげで、私は数人の人からかなり嫌われていたということを知った。

Aちゃんをとおしての付き合いしかなかった人からは、
「実際に会って話をすると、りんちゃんって、Aちゃんが言うほどの人じゃないんだね!!」
「Aちゃん、めちゃくちゃ、りんちゃんのこと悪く言ってたよ!!」
「でも、りんちゃんが悪いんじゃなくて、Aちゃんに問題があったんだね!」
「私だって、影ですっごい言われたんだよ!!」
そんな話をきいて、ぐうの音も出なかった。

それから、誰も信じられなくなった。愕然とした。すごく信頼していたのに……。許せなかった。

でも、言われて気がついたところもあったので、全て彼女が悪いわけではないのは十分に理解していた。

数年後彼女は、私と深く和解することなく、離婚したのち実家に帰っていった。

なぜ今、このことを持ち出したのかというと、今、私も、とても仲のよかった友達を傷つけてしまったのかもしれないと思ったから……。実際のところ、本当に彼女を傷つけたのかもわからない。

けれども、私の「勘」が言っている。もしかしたら、と思い当たる節もある。彼女にとってみたら、「信頼していたのに、裏切られた」と思ったかもしれない。10年前の私のように……。
そして、私は、10年前のAちゃんの気持ちを体験しているのかもしれない。これが、「追体験」といわれるものなのか……。

『そんなつもりはなかった』

Aちゃんは涙ながらに言っていた。

「りんちゃんしかいないの……わたしの気持ちをうちあけられるの」
10年前、Aちゃんに言われた言葉が鳴り響く……。
今、大切な友達に対して私は、昔、Aちゃんに言われたとおりの思いでいる。

「本音で話しができて、スピリチュアルなことも、哲学的なことも、何時間も何時間も建設的に楽しく話せるのは彼女しかいなかった。私の全てを認めることを教えてくれたのも彼女だった。大好きで、大切だった」

でも、傷つけてしまったのかもしれない。
いまさら思う。昔のAちゃんに、本当に悪気はなかったのかもしれない。

『和して同ぜず 同じて乱をなす』

私の相手を思って発した言葉に愛はたしかにあった。
しかし、自分の本音と言葉は、自分の中での「和」ではなく「同」だったのかもしれない。
「和せず同じた!」
その結果、
「同じて乱をなした!」

大切な彼女にかけた言葉は、本当に、相手を思っての言葉だったといえるであろうか。答えは「否」であったかもしれない。

「基本を外れずに」といった澤谷先生の言葉が響く……。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

責任を自分に引き受ける
うまくいかなかった関係があるなら。
それは。自分に愛が足りなかった。
或いは。伝える言葉が足りなかった。

と責任を自分に引き受けてみること。

過去の経験を踏まえて。
いま、自分がどうするかなのでしょうね。
りん [URL] 2016/03/04(金) 01:02 [編集]

やっぱり、人は鏡なのかもしれない。
一読しても、よくわからないお話でした。
まるで霧がかかった道を歩いているかのようです。

でも、感覚的に分かることがあります。
それは、大切なことが書かれているということ。

きっと、霧が晴れたとき
私の前の景色が澄み渡り
心がスカッとするのでしょう。

自分のかける言葉が
同調からなのか、それとも強調からなのか。
それを意識させられるお話でした。

そして、自分にかけられる言葉が
同調からなのか、それとも強調からなのか
それも意識させられました。

自分が同調よりの言葉を発したら
同調よりの人が集まるのではないだろうか。
自分が強調よりの言葉を発したら
強調よりの人が集まるのではないだろうか。

だから、自分のまわりの人が
かけてくる言葉を観察すれば
今の自分の状態が分かるのかもしれません。

あと、いろいろな考えが浮かぶのですが
うまく言葉にできません。
それほどまでに考えさせられるお話でした。


澤風凛さん
頭が???になる
深い問いかけのお話
ありがとうございます
よし [URL] 2016/03/04(金) 10:17 [編集]

同じないことと、和することとは、両立する。
自分の感情と調和できなければ、他人との調和はあり得ない、というのは大原則ですね。

自分が、何を感じているのかをちゃんと捉えず、抑圧したり否定しては、自己との調和は乱れます。自分の本当の気持ちをきちんと理解して感じ尽すことで、初めて目の前の相手との調和できるのでしょう。

自分の感情をきちんと感じて、抑圧も否定もしないということは、感じるままに相手に感情をぶつけることではないのですが、
昔の私もそうであったように、多くの方は、その区別を付けられないままに、適切な感情表現を考えることすらせずに、その感情を無いものとして殺そうとされる。そして、それがために、自分が何を感じているのかもわからなくなり、時には自分を病気にすらされてしまう。

そんな例を、数えきれないほど見てきました。

同じないことと、和することとは、両立する。
その、両立する一点を探す。
すぐにすっと迷いなくそこに立てるところまで、訓練を積むことで、それは可能になる。
たくさんの先輩方がそれを、目の前で証してくださってきたからこそ、そう信じられる。感謝です。

桜 美穂 [URL] 2016/03/04(金) 18:31 [編集]

和すると同ずる
「答えのない話。」という記事で。彼女はたくさんのコメントのうち、彼女に諭す内容のコメントを受け止められず暴走して。三日三晩、泣き続けられました。

私は。心配して何通もメールをいれ。彼女を心配するたくさんの人が固唾をのむ思いで見守ってました。

私が傷つけたんだろうか。ごめんなさい。
でもね。あなたが反応し暴走した対象のコメント書いた人はね。あなたのクライアントさん側で、そのままでいいよの側の人ではなく。

冷静であり大人であり。
厳しくもあり優しくもある人たちだった。

心配してね。それでも。悪かったとは思っているんだろうなと。たまには仕方がなかったんだよねと。
思っていたんだよね。そうして。

「変幻自在の透明な水の心」の記事で。
あるマイミクさんと楽しそうにやり取りした記事が先生のブログに上がってきた。

いつも仏みたいにできる訳ではないのだから。
たまには、あれくらいいいんだと。
言っていたんだよね。もちろん。
ああやっていろいろなコメントが出るから。
それぞれの心が練られるとも言っていた。

その通りだよね。

その中で、コメント書いた半分の人が「我を振り回す」という表現をされて。

えっ?! と思った。

我を振り回しているの。あなたよね?
疑問に思ってメールをやり取りした。

ところが。肝心なところで逃げる。
やり取りするうちに。
ああ、怒りを抑圧している。この人。
そう思ってね。

感じたことをそのまま、伝えてみることにした。
あとは、何度も話しているから省くよ。

このときの状態ね。
澤谷先生以外に否定的なこと言われると。
内容が聴こえずに。
相手の感情の部分だけをみていた。
それも。相手、冷静にいってるんだけど。

「わーわー、わーわー!」

ブロックしている内容言われると、
こう聴こえる状態ね。それで。

「あなたは、何を怒っておられるのですか?」
「あなたは何を、○○○○○。」
「あなたは何を、××××××。」

えっ?! という感じ。

「だから。私は、こうこう言ってるんだけど、わかった?」

わからない。同じ繰り返し。

「だからぁ! こう言ってるんだけど(怒)」

すると。攻撃されたと傷つき。
「すべては再現なんです。」と繰り返し繰り返し言い出す。という感じ。

いまは。改善されていると思うよ。

当時の私がみていたことを、ここに置くから。
何がどうなっていたのか。
よくよく感じてみてね。

澤谷先生と乾竹先生の対応は。
あなたがいう通り素晴らしかった。

あなたの状態がわかり。
受け取れる言葉を、短く伝えていたんだよね。

「答えがない話は。答えがないということですね。」「お義母さんに、任せて差し上げるといいですね。」

これだけね。これだと。
あなたに伝わる。

和すると同ずるの違いが。
よくよくみえてくるようだね。

りん [URL] 2016/03/04(金) 21:17 [編集]

それから
事態を重くみたTさんは、先生にわざわざ、
この件で会いに行かれた。この状態。
どう指導されるんですかと。。

先生はもちろん。問題に思う人が問題と。
肩透かしされたんですよ。。

私も繰り返し。先生が育てているカウンセラーさんでしょ? 彼女がわからない状態は仕方ない。
でも、責任は先生ですよね??
先生が責任もって指導しないとでしょ?

と、何度も何度も何度も。

先生が話さないなら私が話しますから。
先生の立ち合いのもと話をさせてください。
何度も何度も何度も。。

こういう経緯があったんですよ。

いちクライアントさんなら何も言いません。
でも、カウンセラーとして立つなら。
プロとして立つなら。これではダメですよね?

そういうことだったんですよ。

あなたも自分で言っていたことがありましたね。
言わない不親切があると。
言ってくれた方がいいことがあると。

問題と思う人が問題。確かにそうですが。
目の当たりにしてしまった者として。
やり過ごすことができなかった。

そうして。苦しむあなたをみて。
この人、出してと叫んでいる。

なぜ、力を貸してあげないの?
そう思ってね。

でも、やれることをやってきた結果の。
あなたの態度は。残念なこと極まりなかった。

ただいまは。そういう氣もちというよりは。
淡々と当時の状況を話しているという感じ。

囲碁の対局を。
終わってから俯瞰しているような心境かな。

長い時間がかかることがあるのだと思うけど。
これも与えられたよき試練として。
受け入れる心境です。
りん [URL] 2016/03/04(金) 22:29 [編集]

病の治癒
暴力を奮うご主人なら。
病気などいっぺんに治るのにね。
あなたのご主人は優し過ぎるんですよね。

つまり。鏡にならないということ。

そこに丁度よい私という存在がいた。
先生は私を。あなたの教材としてあてがい。
エネルギーをヴァンパイアされているのを。
先生は知っていて。

無視すればいいと言われた。
生け贄にされたと思って。
先生に怒り、信頼を失い。
そうすると更に。
エネルギーのコードが深く刺さり。

あなたは私の生命力を吸い快復し。
私が底知れぬ鬱状態になり。

おねがい!そのエネルギーのコードを抜いて!
自分のしていることに氣づいて!!

その叫びを。桜さん。
ひたすら無視していたんだよね。
ひたすら無視して自分の感情を手のひらにのせ。
みつめていたの。

病気が治るということは。
自分がやってることに氣がつくこと。

私が幸せであり。
あなたが幸せである状態。

そこにしか答えはないと思ったよね。

あなたの病の治癒に効を奏したのは。
聴きたくないと思うけど。

生命力溢れる生け贄。。。

わかる?桜さん。
もう、ゆるしているから。
自分のやったこと。今、ちゃんと見ようね。

私は私で。問題から離れる決断ができれば。また、先生の指導を信頼して聴いていれば。こうはならなかったと思ったよね。

起きる出来事は。必ずよきことを連れてくる。そう信頼して。すべてに無駄はなかったんだと。穏やかに思えるいまがある。
りん [URL] 2016/03/04(金) 22:50 [編集]

天からのギフト
天からのギフトがあるなら。

どんなに心が壊れても人格が壊れても。
決して壊れないものが人間の本質であり。

透明な水の心だということ。

深い闇を知る者は。対極の光を知る。
他人の闇を肩代わりしたということは。
他人の光を手にしたということ。

そうすると。全部、感謝なんだね。
りん [URL] 2016/03/04(金) 22:56 [編集]

自責の念
自責の念というのは。
起こるのと起こらないのと。
どちらがいいのだろう。

それが。「桃の節句にみるデトックス」から。
考えていること。

殺人の罪を犯した加害者のカウンセリングがあったとして。自責の念が起きてきたら。それは。人間らしい心を取り戻してきているということですよね。

自分のした罪が痛すぎて向き合えないとき。
自責の念は起こらず。麻痺した状態にあるのかなと感じました。

斎藤ひとりさんのお話で。
自分の犯した罪というのも。
今世で向き合える分しか向き合えないと。

来世、来々世、向き合えるだけの器になったとき。
自分のやったことが、受ける側として受け。
相手側の氣もちを学ぶようになっていると。

それはきっと。自分の場合もそうで。
向き合える心の器になったときに。
罪を罪として祓うことができるのだと思う。

澤谷先生の、
完全なものが完全なままに拡大向上するという
仏向上のお話を思い出します。

ああ、傷つけた人が。
桜さんの大事な人だったら。
自責の念が起こるのかな?

セラピストの田中先生が、
ちょっと傷つけられることを。
身体で見せてくださったと。
桜さん、感動していたね。

誰だったら。自責の念が起こらないのかな?
誰だったら。傷つけて構わないのかな?

怒りはもう。わかないから。
ただ、冷静に。こうやって話をしてみたいと思うよ。
りん [URL] 2016/03/04(金) 23:32 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。