お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/07
入江さんの人生をかけた本気の想い
           エンジェル(養成講座5期・6期・7期・8期・9期)

何度もこの「魂の対談」を拝聴しました。

澤谷先生の『へそ道』を拝読されての感動、高揚感のエネルギーがとても高く、入江富美子さん、杉本桂子さんの大阪人らしい突き抜けた明るさ、陽気さ、それでいて、それぞれの役割(?)が明快で、何とも言えず心地よい、そしてとてもこころに響く対談でした。

澤谷先生の『へそ道』の解説を通して、ようやく、養成講座で学んでいた事がどういうことだったのか、自分がまったくわかっていなかったことに気づかせていただきました。これは大きな発見(?)でした。

入江さんが、ご自身の辛いご体験からみたまと出会われ、
【「たま」どおりに生きるために、「しい」を使う】
という本質を、『へそ道』というご著書に顕されるまでの苦しみ、迷い、葛藤が本当によく伝わってきました。

養成講座で言われる、求道と伝道の世界をいかに表現していくかの苦しみであり、迷いであり、葛藤なのだと思いました。

入江さんが何度も何度も、書かれたご文章を「たま」で見直して書き直され、書き上げた時は、「思い残すことがなかった」とおっしゃり、その伝えたかったことを澤谷先生がとても良くご理解下さっておられることに、感動して涙しておられたことに、入江さんの人生をかけた本気の想いを知ることができ、とても感動しました。

また、入江さんは、「たま」が本体と気づかれてから、人の「たま」にも出会うようになったとおっしゃり、「人の中にあるみたまを誰よりも150%信じ切っている。」と言い切っておられました。その信念の強い想いが、その方のみたまを動かし、「本人の自覚を超えて変化が起きる」ことに力を与えておられるのではないかと思いました。

「ねむっているみたまが動き出して、輝きだす。」
「自分のようで自分でない湧き上がる喜び」
「しんどいものをもった“たま”でも、喜びをもてる」
「みたまに向き合ってさえいれば、みたまに光を向けさえしたら、絶対に大丈夫。それがその人を救ってくれる。誘ってくれる。」

そう熱く、強く語ってくださるお言葉に、私の心も湧き上がる喜びに包まれました。
湧き上がる喜び! ああ、なんという感動でしょうか!!
私も絶対に味わってやる! 湧き上がる喜びを!! と高揚してしまいました(笑)。

入江さんが真っ暗闇のなかで見えた「光」。それは思惟(しゆい)で見ていると澤谷先生がおっしゃっていました。私も思惟でものごとを見えるようになりたいと思いました。

「たま」と「しい」でひとつ。「たま」どおりに生きるためにもたされた「しい」。

お侘びとお礼のセット。デトックスとまっさらさらの命のセットだと思いました。

「自分を大切にしないと、そこにある愛情に気づけない」

な~るほど、そのとおりだと思いました。

そしてなにより、「みたま通りに生きられない事の虚しさ」について語られていたこと。見える世界に目が行き、その虚しさを分かってもらえていない人がいるのではないか、とおっしゃっていたことにハットしました。

私は見える世界でもなにも手に入れられていないので、目に見える世界を見て、「お金持ちやからいいやん」「頭いいからいいやん」って、まさにそう思っていたのです。
以前の入江さんのこともそう思っていました。ビジネスで成功して、お金も手に入れていいやん。私はそれすらできないと。

見るべきところは、そんなところではないんだと思いました。そこに留まっていてはいけないのだと。見えないものが見えていなくてはいけないのだと。
澤谷先生がおっしゃる、「光を聞き、風を見る」ことなのだと。

私のこれから進むべき道を指し示していただいたように感じています。

みたまと出会い、みたま通りに生きる。生物の喜び、自分も人もすべて、自分のこととして、湧き上がる喜びに溢れる人生を生きていけるのだと思いました。
そのために「しい」を使っていくのだと。

素晴らしい、まさしく、魂の対談を拝聴できたことにこころから感謝しています。
企画してくださった杉本桂子さんにこころから感謝しています。ありがとうございます。

澤谷先生主宰の養成講座8期生で入江富美子さん、杉本桂子さん、坂口元美さんとともに学ばせていただける奇跡にこころから感謝しています。楽しくて嬉しくて、仕方ありません。どうか宜しくお願い致します。

ありがとうございました。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

養成講座の学びは、ちゃんとエンジェルさんの中にしみこんでおられます
エンジェルさん。おはようございます。
同じことでも、他の人から違う表現で聞くと
あっ、と思いがけず理解できること、ありますよね。
私もそんなことを、何度も経験してきたので
エンジェルさんもそうだったのだろうなと思いながら拝読しました。

でも、そこであっ、と気付けるのは、やはり
それまでの積み重ねがおありであったからなのだと思います。
本当は、深いところではわかっておられたのだと思います。

そして、入江さんのお言葉を聞かれて
深い喜びに満たされたと言われるのは
エンジェルさんの中に、入江さんと同じものがおありなのですね。
だからこそ喜びが共鳴された。

限りなくどこまでも伸びていける可能性で
真っ直ぐ天につながって立っておられるエンジェルさんのお姿が
記事の中に見えてきます。

これを書かれたときのわくわく、お喜びを
どうぞずっと、感じ続けてくださいね。
わくわくに従っていかれれば、絶対に間違いません。
体験者、語る。です。(笑)
 
見える世界で何も手に入れられていない。
エンジェルさんはそう書かれていますが、本当にそうでしょうか。
自分の我力では、確かに手に入れておられないかもしれませんが
だからこそ、無償で、見える世界においてすら
どれほど多くのものを与えられ、生かされているか
誰よりもお気づきになれるところに、いらっしゃるのではないでしょうか。
 
頑張って手に入れようとされる必要すらないくらいに
満たされて、生かされておられるのです。
そう気付くことができて、感謝できるようになればなるほど
見える豊かさ、見えない豊かさでますます満たされて
ますます喜びに満たされて行かれる。
素晴らしいことだと思います。

エンジェルさんのおしあわせを、心からお祈りしております。
桜 美穂 [URL] 2016/03/07(月) 10:07 [編集]

みたまに生きること
たま・しいの言葉が心に沁みました。
言葉の深さを、世界の広がりを感じました。

みたま(御霊・御魂):霊威。
霊威:霊妙な威光。不思議な威力。
魂(たましい):生きものの体の中に宿って、心の働きをつかさどると考えられるもの。
魂(こん):人の肉体に宿る精気
精気:万物を生成するもとになるもの。万物の根源の気。

私たちは、肉体ではないのですね。
肉体に宿っているものなのですね。
そして、万物を生成するもとになるもの
万物の根源の不思議な威力をもった気なのですね。
その気をもとに、心を通して考えたことを
肉体を使って表現しているのですね。

魂通りに生きるために
余分に身につけてしまったものを
ていねいに一枚一枚はがしていく。

そのようなことが大切なのだなぁと
私は、感じました。

それが、エンジェルさんが仰る
見えるものを見るのではなく
見えないものを見ることであり

澤谷鑛先生が仰る
光を聞き、風を見ることなのでしょうね。


エンジェルさん
素晴らしいお話のシェア
みたまに生きる決意を
ありがとうございます
よし [URL] 2016/03/07(月) 11:50 [編集]

エンジェルさんへ
エンジェルさん、こんにちは。
記事を読ませていただいてありがとうございます。

澤谷先生と入江さんと杉本さんの対談、私も拝見させていただきました。「たま」どおりに生きるために「しい」である心を使うということ。

対談で印象的だったのは。澤谷先生が、伝導のために左脳を使うということ。求道は「光を聴き、風をみる」右脳であり。まっさらさらな思惟の世界なのでしょうね。

対談の中で、澤谷先生が入江さんにただただ、感心され絶賛されていた部分がありました。「たま」どおりに生きられない人への深い悲しみへの共感の部分でした。

私は。「たま」どおりになかなか生きられない人たちが、自らを輝かせ人生をいきいきと生きられるための心の土台づくりをサポートさせていただいてます。

自分の学び培ってきたやり方と、澤谷先生のやり方の違いに戸惑いながらここまで来ました。いまは、澤谷先生のやり方というのが、だいぶわかってきました。

「たま」どおりに生きられず、人格を分裂させ苦しむ目の前の人。私は。インナーチャイルドではなく。剥き出しの本能そのままを行動に移す子ども、もしくは、子どもの心そのままの大人と日々、過ごしてます。

子どもというのは。無邪気なだけではなく。狡いことも考えます。残酷なこともします。見破られなければ、黙って涼しい顔もします。

私は。それを見張る大人の役割をしてました。
それはいま、本人のなかに統合されて。
本人のなかに統合人格としての大人が顕れました。

澤谷先生には、見せなかった剥き出しの子どもを。
私にはそのまま見せてくれたことが。良かったのかもしれないなと。今となっては思いました。

そうして。澤谷先生や入江さんのみておられる、
「みたま」に。これまでの私は出会ってなかったように思いました。

その出会いは。自らの心をみていくよりも。私の場合は。情熱を傾けた人の姿から。まばゆい「みたま」の世界を感じさせていただいたように思いました。

自他一体。ひとつながりのいのち。
「みたま」の世界にもっともっと触れていきたいものです。

ありがとうございます。













りん [URL] 2016/03/07(月) 16:11 [編集]

桜さんへ
お読みいただき、コメントをくださり、ありがとうございます。

自分の学びや成長には、時期や段階があるのでしょうか。
言葉、音声としては、耳にしてきたのに、腑に落ちていないから、わからないんですね。

これは7期生の終わりに書いたものです。
8期生になり、職場復帰し、「しい」に振り回される(笑)日々を過ごしてきて、「たま」のことなどすっかり忘れてしまっていたような気がします(笑・汗)。

今ここで、当時の文章を掲載していただき、コメントをいただくことが、今の私には必要だったんだなあと感じています。

基本にもどりなさい。自分の「たま」にむきあいなさいという、天からのメッセージのように感じます。

いろんなことを忘れていたように思います。

桜さんからコメントをいただき、自分の足元を見て、「おお~、足があった、地があった。」と変に驚いてしまっています(笑)。

初心に戻って、学びます。
見えないものに気づける感性を磨いていきます。
すべては与えられていて、感謝しかないのですね。
確かにそうなのだと思います。

ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2016/03/20(日) 17:17 [編集]

よしさんへ
お読みいただき、コメントをくださり、ありがとうございます。

深く学んでおられ、すべてのことから学びを得ておられるよしさんは
本当に素敵ですね。素晴らしいです。

<魂通りに生きるために
余分に身につけてしまったものを
ていねいに一枚一枚はがしていく。 >

本当にその通りだなあと思いました。
よしさんからのコメントで学ばせていただきました。

みたまに生きる決意をしていたことを思い出しました(笑)。
ありがとうございました。

エンジェル [URL] 2016/03/20(日) 17:27 [編集]

りんさんへ
お読みいただき、コメントをくださり、ありがとうございます。

りんさんは大事なサポートに携わっておられるのですね。
どの方法も間違いではなく、違いがあるだけなのですね。
すべては学びと成長しかないのですね。

私も初心にもどり、学んでいきますね。
学び合い、シェアしあえることは、本当に素晴らしいことですね。

このような機会を与えてくださった澤谷先生とお読みいただき、コメントをくださった皆様に心から感謝しています。

ありがとうございました。
エンジェル [URL] 2016/03/20(日) 17:43 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。