お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/11
あなたは大丈夫
          杉本桂子(養成講座8期生)

私は、少し前まで、自分を過少評価していました。
私には無理、私なんて……と思うことがよくあり、目立ってしまうとそこに罪悪感を感じたりもしていました。

今の自分を見て、ずいぶん変わったなあと感じます。
神様からの分けみたまをいただいた自分を少しずつ意識できるようになったことがひとつ。

また、自分が何をしたいのか、が明確になったこともとても大きな理由です。

英会話スクール、幼児教育、講演、セミナー、ワークショップ等のことがらを超えた「何がしたいのか」……
これがはっきりとわかったのは去年。

私は、出会うひとに「あなたは絶対大丈夫」を伝えたい。
私の言う「大丈夫」は、きっとものすごく伝わる。
これは、私が神様からいただいた資質です。
このギフトを使って、出会う人、子供、すべての人に「大丈夫」をつたえたい。

不登校で心が病んでいた自分の子供達にも、私はそのことを全力で伝えました。
世界でたった一人でも「あなたは大丈夫」と言ってくれる人がいると、それがその人の大きな転機になることがあります。
うちの子ども達は、辛いことを通り、「大丈夫」が本当に伝わりました。
辛いことがあったからこそ、「大丈夫」を受け入れる準備ができたのだと思います。

私はこれから、もっともっと多くのひとに「あなたは大丈夫」を伝えます。

「この人すごいな」と思う相手から言われる「あなたは大丈夫」は、ものすごくパワフル!
だから、私はあらゆる面で「この人すごいな」と思ってもらえる人になっていきたいと、ようやく思えるようになりました。

さあ、いろんなことを通って、ますます頑張ります^_^

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

杉本さんは、初めてお会いした時から素敵な方でしたが
ますます澄み渡られて、本当に美しくなられました。

ご存在から、清い清い水がこちらに流れてくるような
澄んだ風が優しく吹いてくるような
ご存在の元に、盤石な岩が据えらえて
そこから火花がほとばしっているような
そんな波動を感じて、そこに発動しておられるお命の美しさに
魅了されて、うっとりしてしまうのです。

人とは、ここまで美しくなれるのだと
目の当たりに見せてくださり、ありがとうございます。

「大丈夫」が本当に伝わった。
そう言い切れるお喜びは、どれほどでしょうか。
そう言い切られること、本当に凄いことだと思います。

一度知ってしまわれたそのお喜びは
とどめておくことなどとてもできずに、
すべての人に向けて流れて行かれるのでしょう。

これからのご活躍は、大変なことになるような予感がします。
 
杉本さんの素晴らしいお働きを通して
天の願いと喜びが、ますます地に通り、美しい花を咲かせ
たくさんの実を実らせていかれることに
心からお祝いを申し上げます。

ありがとうございました。
桜 美穂 [URL] 2016/03/11(金) 17:38 [編集]

大丈夫!!
杉本さん、こんばんは。Facebookを少し覗かせていただきました。ありがとうございます。

信頼していた人に裏切られたり利用されたとわかって、心がわなわなと震える経験をすること。相手には罪悪感のないことであり。罪悪感がないが故に。複雑な思いをするということがあります。

また。ビジネスの世界の人の感情や事情を知らず、自分の正義感だけで、人を変えようとしていた甘かった自分。

あったことはあったこととして。それぞれの人がそれぞれの人なりに、その経験を糧とし成長しました。

でも、罪悪感を感じる自分。いろいろそうしないと済まない理由はあったにせよ。やったことはやったこととして。ちゃんと整理して謝るべきは謝り、嫌な思いを残さないようにと思う自分がいます。

辛い経験というのは。そういうことがあっても自分は大丈夫だと悟るために起きるギフトなんですね。

「あなたは絶対大丈夫!」

を受け取ってみますね。

経験を糧として。自分が自分を信頼できるように。自分が自分に価値を感じられるように。その内側の反映として、人から信頼され愛され価値を感じられる自分で在りたいと思いました。

神さまのわけみたまをいただき。自分の奥の完全をみながら。杉本さんのように。

この人に大丈夫といわれたから大丈夫!
と思ってもらえるような自分になろうと思います。

ありがとうございます。








りん [URL] 2016/03/11(金) 19:49 [編集]

辛いことは、きっかけ
直接お会いしたことはありませんが
何度か文章を拝見させていただく限り
杉本桂子さんが自分自身を
過小評価していた人だったとは
想像できませんでした。

私の「大丈夫」は
ものすごく伝わると言い切る杉本桂子さん。
きっと、ご自身が辛いできごとを
乗り越えた経験が元になっているのでしょう。

それは、辛いことがあったからこそ
「大丈夫」を受け入れる準備ができた
という言葉を拝見して感じました。

辛いことも含めていろんなことが
人を成長させてくれるのだ
人間性を磨かせてくれるのだ
そのようなことを感じさせていただきました。

杉本桂子さん
「あなたは絶対大丈夫」
ありがとうございます
よし [URL] 2016/03/11(金) 21:54 [編集]

明らかにみる
その人に謝ってもらうことは諦める。起こっていたことを明らかにみる。そうすることで、善いも悪いもなく。ただ、そうなっていたがわかるようです。

クライアントにとっては。自分が心を開示したカウンセラーというのは。印象深い存在であり。自分が大事に思うように、相手も自分を大事に思ってくれていると思いたいものですが。

相手の眼の中に入ってみると。たくさん仕事を抱えクライアントを抱えたなかのひとりに過ぎず。いろいろ言ってくるのは。「うざい」「無視すればいい。」「悪いものを全部持っていってくれたらいい。」「あんなの放っておいて楽しくやればいい。」

ああ、受け取ったエネルギーと完全に一致するなと。善い悪いはなく。ただ、そういうことだったなと思えてきました。罪悪感は微塵も感じてないし。

「あなたが勝手に関わって、勝手に傷ついて絡んでいるだけでしょ?」「不快だから外すだけ。」

非常に残念なんだけど。向けられた感情を感じきると消えていきます。私は。一生懸命、大事なことだからと命懸けで関わっていたから。自分が大事にされてないと感じて怒ってました。

本当に本当に。もっと速く。見切りをつけて離れるべきだった。相手を変えようとせず。離れたら良かったなと思いました。

罪悪感は。無いものは無い。
それをいくらわかってもらおうとしても無駄なこと。

母親を一生懸命に心配しエネルギーを注いだけれど。「うざい」「しつこい」「神経質」「執着氣質」。心を繋ぐような言葉や優しさは一切かけられず。ズタズタに傷ついていった痛みが根深く残っていて。

それが癒されようとして。こうやって再現してきたなと思えてきました。物凄い冷たいエネルギーが、全身から抜けていきます。

善いも悪いもなく。ただ、そういう経験をした。
だから絶対、大丈夫! ありがとうございます。
りん [URL] 2016/03/12(土) 01:21 [編集]

学び
良くいえば情が深く優しく。心配して関わってしまう私は。関わる必要がない。相手は自分が関わらなくても大丈夫で、自分で解決していける人。

どんなにそうみえなくても。
信頼して余計な手を出さないこと。

それが自分にとっては必要な学びであり。
悪いように見えていたことが、それで完璧だったなと思えてきました。

それは。相手にとってもそうだったということ。
我儘だったり冷たかったり、面倒くさかったりうざかったりするそのことが。お互いの学びだったということ。

本当はとっくにわかっていたことを。
言葉にしていくことは大事だなと思います。
杉本さん、本当にありがとうございます。




りん [URL] 2016/03/12(土) 01:42 [編集]

そういう経験を与えられる
両親の毒を全身に受けて、それを出していた自分。
自分に精一杯で、子どものサインを受けとることをせず。目の前のことをこなすことに逃げていた母。

善いも悪いもなく。親の氣もちに立場になって、
子どもに愛じゃない氣もちを向けているのを体験してます。そこに悪気も罪悪感もない。

ただ、自分が不快だから無視する。
見ないことにする。

命懸けでに何かを伝えようとしている子どもと。
子どもから親に向ける愛を当たり前と思って、無視したり軽くあつかう親の心。そこに悪気も罪悪感もない。そうやって悪気も罪悪感もなく、子どもの心を潰してしまうことを。

俯瞰してドラマをみるようにみてます。

そういう母親を赦せない氣もちが。
命懸けで娘が大事なことを伝え続けているのに。
そのメッセージを受け取らず、自分の世界に夢中な人を赦せず。自分が肩代わりして伝えないと済まなかったことを思います。

母親に対するその怒りを、私はその人にぶつけてデトックスしていたなと思います。それは相手を成長させました。そうして私は私で。

善いも悪いもなく。ただ、その時に愛になれない氣もちというのがどういうものかというのを、ただ、みる思いです。

奥に控えている完全さをみるというのは。
表層で起こっていることを、全部、外すくらい奥に入っていくということなんだなと感じてます。

罪悪感が起こらないことも、どういうふうな感じで罪悪感を感じてないかをそのまま感じてみると。

ああ、そういう氣もちねと。
共感できてきます。

こういう経験を与えられていると感謝できそうです。ありがとうございます。











りん [URL] 2016/03/12(土) 08:12 [編集]

自分の闇をみつめて放す
「自分は他人から攻撃される存在」
「自分は他人から無視される存在」

それぞれがそれぞれに。
自分を大切に扱えてなくて。

他人を使って自分を攻撃させて満足して。
他人を使って自分を無視させて満足する。

自分は自分をちゃんと大事にできてなくて。
他人を使って自分を無視させていた。

何とも言えない氣もちになりますが。
これが自分の闇をちゃんと統合するということのようですね。

被害者の位置に立つことで。
救済者の位置に立つことで。

見ないようにしている自分の闇に氣づくと。
もう、前からわかっていたことだけれど。

相手も自分のしたことがわかり。
自分も自分がしたことがわかり。

ほどけていく段階に来てるなと思います。
氣づきがどんどん進みスッキリしてきます。

たくさん書いてすみません。
出会いに感謝致します。ありがとうございます。
りん [URL] 2016/03/12(土) 10:06 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。