お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/13
結婚に取り残されている気がして……
               澤谷 鑛

 Q 結婚に取り残されている気がして……

 友だちは次から次へと結婚が決まっているのに、私は取り残されています。それに仕事がとても大変で、一日中神経を使って、家に帰るとグッタリで、何もする気が起こりません。かといって、土・日の休みの日にも、これといって楽しみがあるわけでもなく、いつも家でゴロゴロして過ごすという繰り返しの生活です。
 それに誰かに自分のことを話せる(聞いてもらえる)人がほしいのです。このままではストレスがたまり、ますます無気力、無感動、無関心になってしまいそうです。このまま年だけとっていくのかと思うと不安です。どうしたらもっと有意義な生活が送れるでしょうか。アドバイスよろしくお願いします。

 A しあわせはあなた自身の心と行動で

 ☆反応の違いはどこから☆

 あなたの長いメールを読み、すぐに頭をかすめる顔がありました。それはあなたの相談内容と正反対の発言をした人たちでした。

「友だちが次からつぎへと結婚が決まり、その人の喜びが伝わってきて、うれしくなります。私はまだ相手はいませんが、私もそろそろかなって思ってしまいます」

「仕事はとても大変です。気も遣いますし、頭も使います。家に帰るとホッとして確かに疲れを感じますが、快い疲労感です。たぶんそれは、力一杯仕事をやったという充実感と、明日もやるぞという気力からくる、と自分では思えます」

「休日に一日中ゴロゴロとして過ごすことがありますが、そんなゆったりした気分にしあわせを感じます。それに一週間やるべきことを精一杯やった、と思えることがうれしいですね」

 とても不思議な気がしませんか?
 同じような環境で、あなたはストレスをため、ますます無気力で無感動で無関心になってしまいそうだ、と言います。
 一方、これらの人たちは喜びを感じているのです。

 同じような環境で“不安”にさいなまれる人と“しあわせの予感”につつまれる人とあるのです。

 それは自分の置かれている場所をどのように見、どのようにつくりかえていくか、ということに関係があります。それは、あなたの“不安”を解消し、もっと“有意義な生活”を送るためにはどうしたらよいか? という問題への一つの応えを含んでいます。

 ☆つぶやく者の恋いは成就しない☆

 人が同じ環境の中で“不安”を見いだすか、“しあわせの予感”を探りあてるかは、結局、自分の心の中にあるものによるのです。

 心理学的にも“不安”というものは、心の奥底(潜在意識)にある否定的な“想念の型”に根元がある、といわれています。眼前にある事物に、その“想念の型”を結びつけて、不安を感ずるのです。心の中に不安を色づける色メガネをかけているのです。
 すると心の中が不安に満たされ、自己にかかわる様々なことが、消極的な憂慮すべき彩りを添えてあらわれてきます。

 つまり、あなたの目の前に起こることは、あなた自身の心がつくりだしているのだといえます。あなたの心がフィルムとなり、あなたの人生を映し出しているのです。

 あなたの“想念の型”を否定的なものから肯定的なものに、敗北的なものから勝利的なものに転換すべきです。
 自己を憐れみ、劣等視して、ブツブツと不平不満や憎しみや反感や、また恨みや恐怖や怒りの想念で、心を渦巻かせるのではなく、自由で快活で朗らかな想念で、心の中を満たさねばなりません。

 精神分析の大家は、
「つぶやく者の恋は成就しない」
 といっているのです。

 ☆わがものと思えば軽し傘の雪☆

 つぶやく者の恋いは、なぜ成就しないのか? それは多から同情を求める心をもっているから、つぶやき、訴えるのです。その時点で、既に自分が自分に同情しているのです。劣等感の変形にすぎません。
 心に描く状態が具象化して、その人の運命となるのですから、つぶやく人の運命は、希望が成就しない方向に追い込まれるよりしかたがありません。

 しかし、あなたは「もっと有意義な生活」を送りたいと思っています。人生を有意義なものにする第一歩は、冒頭にあげた人たちのように、目の前に起こってくることを肯定的に積極的に見直すことです。

 そしてあなたが“こうありたい”と思っている、積極的で行動的な「あなた」を勇気をもって表現することです。人が生き甲斐を感じ、充実感とよろこびを覚えるのは、自分の能力や可能性が目に見える形で表現されたときです。人はこうありたいという自分を表現し、そしてそれがまわりに認められたとき、自信がわいてきます。

 あなたの人生は誰のものでもありません。あなたの人生なのです。他人によって左右されるものではありません。人に「こうして欲しい」と寄り頼るあなたではなく、あなた自信が「こうありたい」という明るく積極的な「自分」を行動して下さい。

 どんなに大変に思えても、
「わがものと思えば軽し傘の雪」
 です。
 断固決意して、自分が自分の主人公になって下さい。そうすれば、必ず良き友もできます。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

幸せは自分自身の心や行動から
澤谷先生、こんばんは。久しぶりにこの記事を拝見します。以前とだいぶ印象が違ってみえます。

同じような人、事、場所にいても、
心がみるものや感じることが違うこと。

不安を感じるのは。心の奥に不安を感じる感情の型があり。その感情の型が出来事に反応して自分の世界が創られていくこと。

不安を感じる感情の型が何かがわかり。
ほぼ、表現ができてきました。

昨日の天成さんのコメントから手掛かりをいただいたのですが。それにコメントをしながら。自分はこういうふうに思っていたんだなと氣づきました。

自分はここで、人や場にゆるされているけれど。
人や場にゆるされていると思うと、自分が悪者にされたような悔しさが残ってしまうこと。

み仏にゆるされていると思うと。心が満たされて暖かく明るくなり。自分が人に優しい暖かい心を持ててなかったなと思い。懺悔して自分が悪かったんだと思えるということ。

こうしてみると。人や場に自分は愛されてないという信念が実現し続けてきていて。また、人や場に愛されない言葉や行動を選び続けてきたなとわかります。

それは。思春期以降、両親から自分は理解されてないという不安の感情の型があり。実家の両親に対して、自分から親の氣もちに寄り添うようになって、お互いの心が通い幸せになった経験があるから。

ここでも必ず。私なら出来る。
そういう信頼に導かれて歩いてました。

ちょうどデトックスも満ちてきて。
相手にも場にも、何がどうなっていて、お互いのいまがどうなっているのか。何となく伝わってきて安心や信頼を少し取り戻してきているタイミングで。

そういうことが、すっと入ってきたのかなと思いました。

私はただ、人とわだかまりなく通じたいというだけでした。カウンセリングや法則を積極的に学びたい訳ではなく。ただ、自分の問題を解決したかっただけだったのに。

いつの間にか。法則の視点で自分の心が何を創っているのかを、冷静にみれるようになり。現実がどんどん変わって来ています。

明るい光が射し込んでくるようです。

自分に全責任を引き受けたとき。

悔しい思いもしただろうけれど。
それでいいんだと。神さまから認めてもらえた氣がしました。

自信というのは。こうやって自分を信じられることを、ひとつずつ積み重ねていけばいいのかもしれません。

ありがとうございます。
りん [URL] 2016/03/13(日) 01:33 [編集]

りんさん。

「久しぶりにこの記事を拝見します。以前とだいぶ印象が違ってみえます。」
とありますが、この文章はかわっていませんので、あなたがかわったのです。完成されたものが完成されたままに拡大・向上を遂げるのが、人間の本質ですからね。すばらしいりんさんが伸びているのですね。
澤谷 鑛 [URL] 2016/03/13(日) 14:49 [編集]

こうありたい。。。。。その心意気で、世間知らずが、こうやって、何とか暮らしてますねぇ\(^_^)(^_^)/
くるみ 景崎 [URL] 2016/03/13(日) 15:10 [編集]

くるみ 景崎さん。

みずからを「世間知らず」とみている自分は、世間知らずではないから「世間知らず」の自分がわかるのですね。「世間知らず」が「世間知らず」をみても、それで当たり前だから、そのままにしているでしょう。
澤谷 鑛 [URL] 2016/03/13(日) 15:12 [編集]

人生の主人公レシピ
目の前に起こることは
自分自身の心が作り出しているのですね。

“想念の型”を
否定的なものから肯定的なものに
敗北的なものから勝利的なものに
転換する必要があるのですね。

人生を有意義なものにする第一歩は
目の前に起こってくることを
肯定的に積極的に見直すことなのですね。

“こうありたい”と思っている
積極的で行動的な自分を
勇気をもって表現することなのですね。

否定的な想念を感じたら
こう問いかけることにします。
『これの対極はなんだろうか?』
『それを得るためにできる
 最初の一歩はなんだろうか?』

澤谷鑛先生
人生の主人公レシピを
ありがとうございます
よし [URL] 2016/03/13(日) 16:37 [編集]

よしさん。

心が現実を作るのですね。その心を動かすのが言葉ですね。言葉の力は大事です。
そして、人生にたくさんの協力者は必要ですが、依存は必要ありません。(一時期、依存で癒されることもあるので無駄ではないのですが)あなたが言われるように人生の主人公の自覚は大切です。
澤谷 鑛 [URL] 2016/03/14(月) 09:47 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。