お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
03 * 2017/04 * 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/14
占いについて
               澤谷 鑛

 Q 占いについて 

この間、デパートの催しで「占い大会」があり、占ってもらったところ、「恵まれた結婚はのぞめない。晩年は不幸になる」と言われ不安です。占いは本当に当たるのでしょうか? 運命は変えられないのでしょうか?(高二・田丸沙耶)

 A 心が人生をつくる 

☆わからないから興味をひく!?☆

占いとか心霊とかがブームになっています。
昔から方位方角や姓名判断、星占いや予言、人相や手相、コックリサンやエンジェルサンなどが繰り返し流行るのは、誰にもハッキリわからないことに答を出してくれるため興味をひかれるのではないでしょうか。マジックもブームになっていますが、共通するものがあるように思います。

その意味で占いを興味本位に面白半分にとらえているうちは無害な楽しみであり罪もありません。しかし、あなたのように本気で心配すると問題です。
さて、あなたの質問ですが、「占いが本当に当たるのかどうか?」又「運命は変えられないのかどうか?」について考えてみましょう。

☆幽霊の正体見たり枯れ尾花☆

 あなたは「恵まれた結婚はのぞめない。晩年は不幸になる」と言われ“不安”になったそうですが、多分、その理由は説明されなかったのでしょう。この内容は不安を誘うものであることはいうまでもありませんが、理由もなく独断的に言われたことでさぞかし不安を大きくさせたことと思います。しかし、よく考えてみると、あなたには不安にならなければならない明確な理由というものはみあたりません。

心理学的にも、私たちが不安に思うことの大多数は、その不安の直接の誘因となった事柄には何らの関係ももたず、不安というものは心の奥底にある否定的な想念の“型”といわれています。あなたの心に不安又は心配の想念の“型”があるために無意識のうちに、目の前にあることにその不安の“型”を結びつけて不安を感ずるということになるのです。

つまり、あなたの心にそういう不安が前からあったということです。それは善意をもってですが、かつて誰かがあなたに対して発した“そんなことをしてはいけない”とか“どんな不幸が突然襲いかかるかも知れない”というような消極的な、否定的な、禁止的な言葉が心の奥底に植えつけられたといえます。それが不安の色づけをする心の色眼鏡になっているのです。根拠のない言葉に惑わされているゆえんです。
幽霊の正体見たり枯れ尾花、です。

☆心が人生をつくる☆

ですから、まずその心を変えなければなりません。“占いが本当に当たるのかどうか”よりも、あなた自身の心が問題です。心は人生に色々なものをつくりだします。心の影ということです。
あなたが、親切で思いやりのあるしあわせな人生、あたたかい家庭、恵まれた幸福な結婚など、そういうすばらしい世界に生きたいと思うならば、あなた自身の心を積極的に明るい方向にむけて生活すべきです。

心の底で「自分はしあわせになれない」と思っていると「しあわせになれない」方へと自分は動いていくものです。占いで「恵まれた結婚はのぞめない。晩年は不幸になる」と言われたことが、理由もなく根拠のないことであっても、あなたがその言葉を心の底深く信じたならば、その通りの運命をあなた自身があなたの人生につくりだしていきます。そして「あの占いは本当に当たった!」という結果になりかねません。心が人生をつくるのですから、運命もあなたの心しだいで変えることができるのです。

☆心をゆさぶる言葉☆

 心が人生をつくる、ということがわかると、あなたが明るく、楽しく、うれしく、ラッキーでハツラツとした心をもてば運命が好転することになります。それではどのようにすればそんな心がもてるのでしょう。

 心をゆさぶるのは「言葉」です。暗く、悲しく、せつなく、陰鬱な言葉は不幸をつくりだします。従って、このような不安を誘いだすものから遠ざかることです。自信を失わせるような言葉、自分をつまらなくする言葉、意欲をなくさせる言葉などは、あなたの心から完全にシャットアウトした方がいいのです。そして自分の長所やすばらしさ、しあわせやよろこびを見つけだし、くりかえし自分にいって聞かせるのです。自分にいって聞かせるだけでなく、それを勇気をもって実生活に表現することです。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

無いものは無いんだぁ~~~!!!
澤谷先生、こんばんは。この記事もかなり以前に拝読致しました。この記事もまた、前回に比べ心境のかなりの変化を感じます。

私は、霊障を数年にわたり経験しました。
サイキックアタック、こちらは本人の自覚のあるもの。エネルギーヴァンパイア、こちらは本人の自覚の無いもので、私の経験したのはこちらになります。

普通であれば、見えない領域で。よき想念、明るい心、善き言葉で心を満たすことで。遠ざけることができるといいます。私の場合は。直接、本人や場と話し合うことで。

そこに波長の合ってしまう暗い想念をデトックスして。吐き出しが進んでくると同時に。だんだんとお互いに何が起こっていたのかを認識してくれるようになり。相手の病気も快復してきて。私も、辛い状態に悩まされなくなってきました。

いま、俯瞰してみると。

無いものは無い!!と決める心が必要だったということ。本質だけが実在であり。本質でないものは、無いんだぁ~~~っ!!! と決めること。

が大事だったんだなと思います。

それはきっと。病気も同じ。家庭の不調和も同じ。あらゆる悪いと思うことも同じ。

無いものは無いんだぁ~~~っ!!!

と決めて、明るい心を出してくることが大事。
辛い経験というのも。あると思って掴んでいたものが、無かったと悟るための経験だった。



有り難いなぁ~~~!!!



になってきました\(^-^)/
澤谷先生、ありがとうございます!

りん [URL] 2016/03/14(月) 01:28 [編集]

りんさん。

あなたが拡大・向上を遂げているのですね。
この文章は、新しく養成講座で学ばれる方々に、是非読んでおいてほしいことから、アップしました。
「無いものは無い!!」と決める心がないものは消しますが、実は無いものは無いのですから、消さなくてもないのです。だから、消そうとしなくても、無いのですから無いのですね。
この文章は、そこまで言及していませんが……。
澤谷 鑛 [URL] 2016/03/14(月) 09:36 [編集]

一日一善。
佳き言葉で誉めてあげる。
理想ですねぇ(~▽~@)♪♪♪
くるみ 景崎 [URL] 2016/03/14(月) 09:38 [編集]

くるみ 景崎さん。

心は現実をつくりますが、その心を動かすのが言葉ですね。
言葉の力は大事です。
澤谷 鑛 [URL] 2016/03/14(月) 09:39 [編集]

経験
消そうとしなくても無いものは無いから。
消そうとしなくてもよい。そうですね。

私は、思うことがあれば正面から、ちゃんと伝えてあげるのが優しさと思ってました。また、相手と話しあい真意がわかりあえればいいだけ。

ただ、悪いものは悪いと伝えるということが。
本来は無いものを、消そうとするということになっていたなと思うことがあります。

悪いものを消すのではなく。
罪は本質を包んでしまっているからツミ。
その罪を消そうとするのではなく、
本質を心で観じて本質が顕れてくるようにする。

ということなんですよね。

わからないという過程、間違うという過程を踏めることは、より深くわかる経験を積ませていただくということなんですよね。

ありがとうございます。
りん [URL] 2016/03/14(月) 21:49 [編集]

りんさん。

そうです。その通りです。
澤谷 鑛 [URL] 2016/03/15(火) 17:47 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。