お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/11
生命力の季節
            乕澤美香(養成講座8期・9期)

ある、広告でこんなコピーを見つけました。

「春よ恋」

なんだか粋です♪

「春」と、「恋」。
二つはとっても似ています。
すべての始まり。

恋がなければ、
こんなに人類増えていませんものね(笑)。

そして、同じく私には同義語のように
「蘇生」という言葉が浮かびます。

自律神経失調症で苦しんでいたときに
救ってくれたのが、まさにこの「恋」。

恋すると出るのは、魔法のホルモンですね。
すべての細胞を生き生きさせ、
そして回復に向かわせてくれました。

宮本輝さんの、
「ここに地終わり海始まる」
という小説が大好きなのですが、

この小説は、20年近くも
長い間結核療養所で過ごした女性が
1枚の絵葉書を受け取ることによって
奇跡的に結核を克服し、
退院するところから始まります。

その絵葉書は、元人気音楽グループのリーダーが送ったものでした。
そこに「ここに地終わり海始まる」という
ロカ岬にある碑に刻まれた言葉が書かれてあります。

その絵葉書を受け取り、
奇跡的に回復し退院した主人公。

「恋」していたのですね。

絵葉書に対するお礼の気持ちを伝えたいと思い、彼を捜します。

しかし、ふたを開けてみると……
その絵葉書は、
本当は主人公に宛てて書かれたものではなかったのです。

間違って届いた絵ハガキによって、
主人公は奇跡的な蘇生を果たしてしまうのです!

信じたものが現実となる!
これも心の不思議です。

また、宮本輝さんは小説をあまり読んだことない時代に
小説をパラパラとめくり
「俺ならもっと面白い小説が書ける」
と、言う思いで小説家になったとお聞きしたことがあります。

自分を信じている。

そして、相手を丸ごと
アンフェアに信じることができ、
何よりも自分を信じる原動力になるのが恋。

もうすぐ春です。
生命力の季節です♪

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

恋ってなんなんでしょうか。
半世紀も生きてくると、「恋愛とは美しい誤解である」という言葉がわかるようになってくる。
しょせんは誤解なのだと思うと、若い頃のようにめくらめっぽう妄想してのめり込むことができなくなってくる。
そんな変化も自分の進化、深化の一部だと好ましく思っていました。

でも、美香さんのご投稿を拝見して
すべてを鮮やかに塗り替えてしまうような、恋愛の素晴らしいパワーを改めて思い出しました。

誤解でも妄想でも、ただの夢でも
使い方ひとつであれだけの変化を現実にしてしまうパワーが
心にはあるのだと、私は知っているのだから
その力を、自由自在に使いこなせる方がいいに決まっている。
 
わくわくのびのびと、自分の感情の力
奥底から湧き上がりほとばしる命の力を存分に楽しみながら
本当に望んでいる人生を、歩んで行くことを
改めて選ぼうと思いました。

ありがとうございました。
桜 美穂 [URL] 2016/03/11(金) 17:30 [編集]

ハウルの動く城
乕澤さん、こんばんは。

宮本輝さんの小説の主人公の奇跡的な快復のお話、素敵ですね!

恋は病んだ心を癒し再生させてしまうほどの、生命エネルギーがあることは。私も経験あります(笑)

恋のお話では。「ハウルの動く城」が好きです。
ソフィーも、病んだ心に命を吹き込む存在でしたね。ソフィーは魔女に呪いをかけられて老婆の姿になりますが。呪いは解かれているのに。自分に自信がないというソフィーの姿は。なんか今の自分に重なります。

自分に自信がないから、人を助けようとしていたな。人を助けようとすることで認められようとしていたな。

誰かの壁を越えさせるためには。爆発的なエネルギーを使う私も。自分のためとなると。笑えてくるくらいに全然(^_^;)

自分のためにエネルギーを使い、自分を満たし幸せにしていくことを。少しずつやってみようと思います。

ありがとうございます。
りん [URL] 2016/03/11(金) 20:12 [編集]

フトを素直に受け取る
乕澤美香さんの綴る文章を読んでいると
爽やかで優しい風を感じます。

そして、細やかに心情を捉えるというか
包み込むような柔らかさを感じます。

間違って届いた絵ハガキ。
きっと届くことになっていた。
主人公が奇跡的な素性をするために。

主人公も
主人公の生みの親も
心に感じたことを
素直に受け取った
疑うことなく信じきった

心に光がさすことを
疑うことなく信じること

誰にでも当てはまること
そんな勇気をもらいました

乕澤美香さん
自分を信じる素敵なお話
ありがとうございます
よし [URL] 2016/03/11(金) 22:28 [編集]

桜さん

>半世紀も生きてくると、「恋愛とは美しい誤解である」という言葉がわかるようになってくる。

ほんとう~~に同感です(笑)

この、宮本輝さん描く「ここに地終わり海始まる」では、
この主人公はこの妄想の相手と本当に恋人になるのです。
それも、そのお相手から告白されるような不思議な展開で。

私たちが「終わり」と想っている地の果ては、
じつは広大な海の始まりであることを、思います。

なんどもなんども自分の人生も絶望と蘇生を繰り返します。
23歳の時、私の人生は心底終わった~と想い、
そして気づくとそこから始まっていました。

幼い自我がただ単に入れ替わっただけかもしれないし
パラレルワールドに迷い込んだのかもしれない。
真相はわかりませんが、
常に常に今の私が考えているものの外側があるということを
意識させてもらった体験でした。

妄想はインスピレーションとまた紙一重ですね!

桜さんおっしゃるように、楽しみながら、
自分の内なる力とうまく連動させて素敵な世界を展開させたいです!
美香 [URL] 2016/03/13(日) 07:39 [編集]

ソフィー
りんさん

私もハウルの動く城にはいろんなメッセージを感じたり
感情を動かされました。

かっこいいハウルが緑色にとけるシーンが好きですw

なるほど~!
呪いの解けたソフィー。

その時のソフィーは
おばあちゃんになったり若返ったり
映像が入れ替わりめまぐるしかったのを覚えています。

自分の気持に正直になるほどにどんどんと呪いは解けて、
そして、ハウルとの出逢いや誓いを想いだすことで
どんどん綺麗になっていく。

素敵ですね!
ある意味、何もない頃のソフィーより全然魅力的。

りんさん、素敵な経過をたどっていらっしゃるのですね♪

またまたハウルが見たくなりました。
りんさん、いつも素敵な視点と気づき、ありがとうございます!
美香 [URL] 2016/03/13(日) 07:52 [編集]

心に光がさすこと
よしさん

「心に光がさすことを受け取る」
まさにそういうことだと思いました。

誰が何と言おうとも、
誰に光と映らなくても、

その光は、届いていた。

それを受け取った時、
奇跡が起こったのですね。

私たちはSNSなどで大量に発信されるなにがしかを
情報と勘違いしていますが、
本当の情報はインスピレーション
(私はエターナルメッセージとも呼んでいます!)
と、そして私たちの記憶なのかもしれませんね。

よしさん、
いつも深く感じてくださりありがとうございます。

美香 [URL] 2016/03/13(日) 08:39 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。