お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
03/24
やりたくない事を手放してゆく
            のぶさわ正明

前回の記事「やりたくない事をいきなりやめていいのか?」で、「やりたくない事をやめる前にやりたい事を見つける」為のヒントをお書きしました。
今回は、そうして「やりたい事」が見つかった場合の「やりたくない事を手放してゆく」ヒントをお書きしたいと思います。

皆さんのやりたい事や人生の目的は何でしょう?
「家族を幸せにしたい」
「趣味に生きたい」
「マイホームを建てたい」
「楽しく暮らしたい」
「老後の心配が無い程のお金を稼ぎたい」
……例えばそういった事が「やりたい事」、「目的」、になる訳です。
そしてその為に、一生懸命会社で働いたり、家族や他人と関わったりという「手段」を採りますよね?

ここで、「手段」=「目的」ではありませんので、いくらでも変更可能な筈です。
ですから、その「手段」の中で「やりたくない事」を減らして(手放して)ゆく。
ただ、ここで「手段を変える」事の意味として、2つあると思います。
1つは手段そのものを変える。
→例えば、
 今の仕事を独りで抱えて「やりたくない」と感じるのであれば、効率化を考えたり、その一部を誰かに頼んでみたり、最終的には異動や転職を考えてみる、嫌いな人から離れる等。
そして、もう一つは手段の意味づけを変える。
→例えば、
 「今のこの仕事は家族の幸せにどう結び付いてるんだろう?」とか「これで稼いだ金で今度はどんな趣味の道具を買おうかな?」と考えながら仕事をする、或いは「苦手なPTAの役員会に参加する事で子供にはどんなメリットがあるかしら?」等。
もしかしたら、意味づけが変わるだけで「やりたくない事」が「そこまでやりたくない」とは思えなくなるかも知れません。

僕の話で恐縮ですが、僕は学生時代は、「自分に自信をつけて、社会や人類に貢献したい」という極々、抽象的な目標を持っていました。
そしてその目標があまりに抽象的だった為、具体的にやりたい仕事がありませんでした。
ですから、苦手な仕事を敢えて選んで、それらを克服する事で自信をつけようと考え、十数社転職しました(笑)。
しかも根拠は無いですが、「この経験は必ずいつか役に立つ筈だ!」と信じてどの会社でも頑張りました。

そう考えて仕事をすると、「やりたい仕事ではないけれど、(いつか自分の血となり肉となるから)そこまでやりたくない訳ではない」という感覚で仕事ができました。
そうした紆余曲折がありましたが、「“具体的に”何がしたい?」「どうなりたい?」「何をしなかったら人生に悔いを残す?」と自分に問いかけ続け、お陰様で今のライフワークに辿り着く事ができました。
勿論、今でも「やりたくない事」は沢山あります。
例えば僕は事務作業が苦手です。はっきり言ってやりたくないです(笑)。
でも、「どうすれば効率的にできるか?」「他人(例えば税理士)に頼ってみるのはどうだろうか?」等と考えて、それらを少しずつ手放す事もできます。
或いは、忙しさにかまけてブログを書く事も面倒臭くなってますが(笑)、「このブログが、少しでも他人の役に立つのでは?」「出版や講演等の将来的に大きな貢献をする為に必要だ!」等と意味づけを変えて久しぶりに書いてみました。
※「他人軸」→「自分軸」への変更や「やりたい事を見つける」等についてこれ以上のヒントが必要な方はお気軽にご連絡下さい。

それでは今日も良い変化を!

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

幸せになる
のぶさわさん、おはようございます。

もう、一刻も早くやめたいことは。
他人の毒出しや他人の浄化の肩代わりすること。
他人にとっては、この人の存在あっての乗り越えであり。この人の存在あっての命拾いくらいのことをしているのに。

感謝されないどころか。癌細胞のように扱われることをよくよく体験したので。本当にもう、他人のためにネガティブな役や嫌われる役割はもう、懲り懲りであり。やめたいです。

それで。どうしたいのか。

自分を生きることをします。
自分の軸で生きて。自分が生き生きと幸せになれることをしていきます。

自分が幸せでないのに。他人を助けたいとか。
無理だったんですよね。でも、これが身に沁みてわかったことは有り難い経験として感謝できます。

たくさん迷惑をかけてしまいました。
たくさん周りを振り回し困惑させてきました。

自分を責めることなく。幸せになろうと思います。
ありがとうございます。

りん [URL] 2016/03/24(木) 06:01 [編集]

劣等感を見抜く
内向型の劣等感のある者が、自分で自分を虐待する。攻撃型の劣等感のある者が、自分の劣等感を他者に投影して責める。これが凹と凸になり共依存関係になる。

私は凸の方の攻撃型劣等感を持っていたんだなということでした。齋藤ひとりさんの「劣等感」の三本動画を聴いて。

あ!これだ! とわかりました。

劣等感のしくみと、そこから抜けるために何をしたらいいかが話されていて。100回聴いてくださいといわれてました(*^-^*)(*^-^*)(*^-^*)

自分に劣等感があり。そこを抜けられないまま。
他人の役にたちたいと思うと依存になってしまうんですね。

そこに氣づいてくると。自分の波動が変わってきて。周りもがらっと変わってくるそうです。

ありがとうございます!!
どんどん解けてきますね\(^-^)/

りん [URL] 2016/03/24(木) 11:24 [編集]

りん様
コメントを頂きまして、有難うございました。

りんさんの「気付き」に少しでもお役に立てたのであれば
嬉しいです。
のぶさわ 正明 [URL] 2016/03/24(木) 20:50 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。