お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/11
氣脈をつなぐ
          メキキの会 会長 出口 光

みなさん、こんにちは。

人脈や社脈という言葉は良く聴きますが、氣脈という言葉はあまり使われません。

私が注目するのは、かつて福澤諭吉がこの言葉を使って、日本精神の大切さを説いていることです。

明治10年、西郷隆盛が西南戦争で敗れるや、マスコミが一斉に批判をはじめました。それに憤慨して、福沢諭吉は「丁丑公論(ていちゅうこうろん)」という文章を残しました。

「時節を待ち、後世子孫をして今日の実状を知らしめ、もって日本国民抵抗の精神を保存して、その気脈を絶つことなからしめんと欲する」

西洋化する日本人に日本精神を保存する西郷の氣脈を残すために、この文章を残したと、私は思っている。

今まさに政治も経済もどんどん米国化する日本に、日本抵抗の精神を保存する氣脈が残されている。

良い世の中を創ろうという想いは、私たちすべての心の奥底にある人類の志であり、地下水のようにつながる氣脈だと思います。

あなたも、自分の仕事を通して良い世の中を共に創っていきませんか。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

日本精神
明治から始まった西洋化。
失われずに氣脈として残っている日本精神。

西郷隆盛は。日本精神を貫いたサムライだったのですね。
りん [URL] 2016/04/11(月) 00:22 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。