お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/16
美人薄命の秘密 ~〈みかっちラジオ〉より~【第五回】
            監修・澤谷 鑛 MC・乕澤美香 録音筆者・さくらみるく

【母の思い(中)
                    黒部真理子

私の実家は祖父が事業で少しばかり成功していたため、私がまだ幼かった頃には、家にはお手伝いさんの女性が2人いて、車も国産車と外車が一台づつありました。

一方、私の親は私にとって尊敬できる人達ではありませんでした。
私の母は私が物心つく前に私を置いて家を出て行って、一度は親戚の男性と一緒に私を引き取りに来たらしいのですが、祖母が私を別の親戚の家に預けて母とは会わせませんでした。母とはそれっきりでした。まだ赤ちゃんの頃だったので私には記憶はありません。

父は浪費癖があり、祖父の貯えを使い切って、実家を貧乏のどん底に転落させてしまいました。父の再婚相手となった人は若くて気の強い派手好きな女性で、私とは性格が合いませんでした。

私の両親はそんな人達ではありましたが、祖父がまだ元気でお金があった頃はそんな家庭でもまだなんとかなっていました。
祖父が高齢になり体力的に弱ってきて、父が新しい事業に手を出すようになってからは、かつての当たり前だった生活が夢のように思えるようになってゆきました。

父は祖父母のお金を使い切りましたが、私が働いて貯めたわずかな貯金も使ってしまいました。それでも次々に借金をしてきては、返済に間に合わず私にお金を要求するのでした。
父は寝たきりになった祖母の介護も私に押し付けて新しい家族と実家を出てしまっていました。細かいことはここでは省略しますが、祖父が亡くなった後も私は父親夫婦からはひどい仕打ちをされ、面倒なことや嫌なことを押し付けられてきました。

いつまで続くかわからない祖母の介護をしながら仕事にも行かなければならない私の生活は2年ほど続きました。その間に私はすっかり疲れ果て、うつ病になってしまいました。一時は祖母と心中をすることも考えました。

祖母のことが終わって、私はやっとの思いで貯めたわずか数十万円のなけなしの貯金を持って、父親夫婦から逃げるようにして黙って引っ越しをしました。私にとって、親は私のことを守ってくれるような人たちではなかったのです。
私は自分の両親のような無責任な生き方はしたくないと、反面教師にしてきました。
そんな親から自分が愛されてきたなんて思えるだろうか、むしろ彼らのせいで私がどれだけ苦労したかの方をわかってもらいたいという気持ちで私は憤りを感じるのでした。

もしかして、私は今までそんな気持ちだったから今までの人生がうまくいかなかったんだろうか?
ここまで来たら、怒りや恨みつらみに執着するより、思い切って発想を変えることを選ぶしかありません。
私にとっての人間関係は、考えてみたら加害者と被害者しかなくて、自分はいつも被害者になってしまっていましたし、いつまでもそんな人間関係しか築けない自分でいたくもありませんでした。

澤谷先生には何か変化を感じたらメールすることにはしていました。

頻繁にメールするつもりではなかったのですが、結果としてカウンセリングの翌日からしばらくの間はほとんど連日メールをしていたような気がします。

幸いなことに、私はまず親に対しての恨みをデトックスすることができました。
(詳しくは、昨年10月17・18・19・20日と澤谷先生のブログに載っています。)

デトックス後は、怒りがおさまってだいぶ穏やかな気持ちにはなりましたが、それだけでは自分の価値観も自分を取り巻く状況も、何も変わりそうもありませんでした。まだ親に感謝できる状態でもありませんでした。

先生から1月19日の都内のセミナーのお知らせをいただき、カウンセリングも同時に申込んで参加することにしました。

なぜか私は、その時、腹が立ってしょうがない人が出てきていました。男性と女性、それぞれ1人づつの2人の人のことでした。朝のセミナー前にカウンセリングを受け、セミナーの1日は無事に過ぎてゆきました。

後日、その腹が立ってしょうがない男性のことについて考えていたら、そのセミナーでお会いしたMさんから短いメールが届いて、私は自分が以前にストーカーらしき不審者に悩んでいたことを思い出しました。それは、自分が知らない人達からの影響を沢山受けてきたことを思い出すきっかけとなってゆきました。

その、気になってしょうがない2人も、それぞれ私にとってよく知らない人達なのでした。私がなんとなく覚えてはいても、彼らは私のことなんて、全然覚えていないのかもしれません。
よく知らない人なのに気になるのはなぜなんだろう……。知らない人からのメッセージとは、一体何なのか?
そう言えば、母と私も知らない人同士なのでした。
母は私がどんな大人になったのかを知らないままで、私は母がどんな人なのか全く知りません。知らない者同士でも深いご縁があることもあるのだなと思いました。

その1月19日の澤谷先生のセミナーの日に私がいただいた課題は、母親の気持ちを理解することでしたので、その後もずっと私はあてもなく何かきっかけを探していました。何の記憶もない自分の母親のことを理解するのは私にとって難題でした。

顔もわからず、何の思い出もなく、親と言うより本当に知らない人なのです。知らない人の気持ちを私はどうやって理解することができるのか? しかも母になったことのない私が母の気持ちをどう理解するのか? どう考えても手がかりがないので、自分の身に起きていることからヒントを得るしかありませんでした。

澤谷先生は時々「引き寄せ」という言葉をお使いになるので、私が引き寄せいているこの現実から必要なことを導き出せるのかもしれない、などと考えてみたりしました。

それから数日後の2月3日のことでした。】

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

心境の激変
嫌な人のことを思うと、自分のエネルギーをその人にあげてしまっている状態になり。その人は、自分と相手のエネルギーを使い、運気を上げて人気を得ることができ。

あなたは、ひとり寂しく。誰からも振り向かれなくなり、運気を下げてしまっている状態です。

拡散し散ってしまった自分のエネルギーを自分に取り戻し、他人からもらってしまったエネルギーを。その人に返しましょう。

こんな内容の本を読んでました。まさに、そうなんですよね。嫌だった人は全然、問題じゃなくなるというか。全く氣にならなくなりました。

黒部真理子さんも、この後、心境が激変していかれるのでしたよね。続きを楽しみにしてます。

りん [URL] 2016/04/16(土) 06:27 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。