お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
08 * 2017/09 * 10
S M T W T F S
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/26
チャンスの神様!(第一回)
          澤谷 鑛

「チャンスの神様。」というタイトルで、「しあわせな人生の実現をサポートする人材養成講座」に一期・二期・三期と三年間学び、四年間休憩し、八期・九期と再び学んで二年目に入った乕澤美香さんが、フェイスブックに書いています。紹介します。

【チャンスの神様は前髪しかない。
よく、そういう。
チャンスの神様は、ではなぜ目の前を走ろうとするのだろうか。
チャンスの神様もつかんでくれる機会を待っている。
ただ、不器用だけに走り過ぎることしかできない。
チャンスの神様にとっては、あなたこそがチャンスなのだ。
あなたが、確固とした自分をもち、潔くその場所で自分自身をチャンスの塊として磨いて輝いて行ったらどうなるのか。
チャンスの神様は、振り返り、あなたにとってつかみやすい前髪を「どうぞ」と差し出すだろう。
もしくは、実はね、あなたにしか言わんけどね、と、後ろ髪をグーンと伸ばしてくれる。
もしくは、あなたにもっとふさわしいチャンスの神様に連絡を取って、至急こちらに向かわせてくれる。
どんな時も、自分自身を信頼すること。
どんな時も、そんな自分を大好きでいること!
それ以上のチャンスなんてないのだから!】

「チャンスの神様」というとイラストレーターで絵本作家の蒲生智衣(がもう ともえ)さんが心に浮かぶ。
 八期生の養成講座の「執筆力養成」の集合講座に、養成講座生の桜 美穂さんが、
『イラストレーターの蒲生智衣さんと絵がたくさん入った絵本のような童話の共著を出版したいので、「執筆力養成」の集合講座に蒲生さんも一緒に参加してもいいですか?』
との問い合わせがあった。
蒲生さんは、養成講座生ではないので、遠藤励起学研元編集長が問うことのみに答えるということで、参加してもらった。
当日、資料をいただいたが、子ども向けというよりも、お母さん向けの絵本に思えた。そんな絵本もあるんだな、と思った。

終了後、何日か経って、蒲生さんにスカイプで感想を聞いてみた。
「すごくおもしろかったです。エネルギーを感じました」
「来期、養成講座で学ばれてはいかがですか? 絵本・童話・著書をどんどん出されるために……」
「考えてみます」
 それから、すぐに決断され、養成講座九期生に申し込まれた。

 以前、七田 厚(しちだ・教育研究所代表取締役)社長から私に、
「絵本をやってみませんか?」
 と言われたことがあった。
 その当時は、“絵本? そんなむつかしいこと……”と思い、お断りした。ところが、ここに来て、どういうわけなのか、絵本が創りたくなって来た。子どもの夏休みに関する二つの作品が心に浮かび、すぐに原稿にした。
「ここに来て、どういうわけなのか、絵本が作りたくなって来た」と書いたが、ちゃんと理由はある。いずれ書くこともあるかも知れない。が、今は書かない。

 七田 厚社長に原稿と共に、絵本を創りたいことを伝えると、今年の1月27日(水)に東京の仕事を前日までに済ませ、朝早くから新幹線で京都まで来られ、わが家で1時間ほどお話をして、絵本の出版が決まった。そのときの話は、6冊で1セットの絵本で私が2冊、友人のわらいこうたろうさんの作が1冊で、あとの3冊は、七田 厚社長・作でいくということだった。
 私の2冊のうちの1冊は、グラフィクデザイナーの梶原 誠さんに絵を描いてほしいと願っていました。梶原さんの鉛筆画での細密画は、もの凄いインパクトを読者に与えると考えられたからです。七田社長の同意をいただき、その日のうちに梶原さんにはお願いのメールを出しました。
のちに梶原さんは、フェイスブックのある人へのコメントに、
「細密画の絵本で日本中、いや、世界中の子供達をビックリさせたい」
 と意欲を示されていました。
 七田社長も梶原さんとはフェイスブックでつながり、2月10日(水)に、七田厚社長とデザイナーの深澤和弘社長と梶原 誠さんの3人は、新宿の京王プラザホテルで打ち合わせをすることが決まった。いよいよ本格始動となった。
 梶原 誠さんは、カナダ在住の絵本作家で養成講座を3年間学んだ あいかわ ゆき さんの知り合いです。私も梶原さんとは、フェイスブックで2015.2.11より、友だちにならせていただいている。
 あいかわ ゆき さんは、息子さんを事故で亡くしていた。フッと蒲生智衣さんも息子さんが亡くなっているということを聞いたことがあり、気になった。
 あとで蒲生さんに聞いて驚いたのだが、なんの脈絡もなく、梶原「誠」さん、そして蒲生さんの亡くなった息子さんが「一誠」くん……「誠」……、出会い、つながり、むすび、そして縁(えにし)の糸がむすばれた愛と信頼の「絆」となって響きあっているように思えた、という。(つづく)

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

素晴らしいチャンスとご縁
素晴らしいチャンスとご縁ですね!
皆様の幸せが祝福され多くの人に広がっていくことをお祈りいたします。
りん [URL] 2016/04/26(火) 07:02 [編集]

りんさん。

すばらしいチャンスとの「出会い、つながり、むすび」の縁(えにし)の糸があるのかもしれませんね。つづきも読んでくださいね。
澤谷 鑛 [URL] 2016/04/26(火) 08:42 [編集]

ご縁が ご縁をよんで、こうして 出会うべき人たちが どんどん 繋がっていくのですね≧▽≦ ご縁の神秘に 改めて 感動です☆彡ところで、わたしは、先生の養成講座で 3年ではなく 4年 お世話になりました^O^ あっという間の 4年間でしたが、自分の心とがっぷり四つで 向き合えた かけがえのない時間でした。心から こころから 感謝しております
あいかわ ゆき [URL] 2016/04/26(火) 11:56 [編集]

あいかわ ゆき さん。

同波動で響きあって、出会い、つながり、むすぶ、のですね。そこに新しい価値があらわれるのですね。ゆきさんは、養成講座で四年間学ばれたのですね。失礼しました。四年間って長いようで短く、短いようで長いですね。どちらにしろかけがえのない時間ですね。
澤谷 鑛 [URL] 2016/04/26(火) 14:48 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。