お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
03 * 2017/04 * 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
04/30
志が脳の健康を保つ
                  岩崎イチロー

最新の脳科学研究から、脳を活性化したり、脳の健康を保つために心のあり方が重要であることが明らかになってきました。

米国シカゴにあるラッシュ大学のボイル博士らが、病院と連携して、高齢者の方に同意を得て行った研究をご紹介します。
平均年齢88.2歳の246人の被験者の方の脳機能、および、検死による脳の状態を追跡調査して得られた研究です。

被験者の方には、毎年、脳の健康診断を受けていただき、併せて、記憶力や論理思考力などを含む脳機能を調べる19のテストを受診してもらいます。

さらに、アンケートの中で、「人生の目的を持っているか?」、「それは、どのくらい大義名分のある高いものか?」といったことにも答えてもらいます。

数年間の調査の結果、社会的に意義のある『大義名分のある高い人生の目的』を持っている人は、そうでない人と比べて、2.5倍以上、アルツハイマー痴呆症になりにくいことがわかってきました。

ここで、『大義名分のある高い人生の目的』と言っているのは、単に自分の個人的な欲求が満たされる目的(○○を手に入れる等)ではなく、世の為、人の為になる人生の目的、つまり、志のことです。

また、『大義名分のある高い人生の目的』を持っている人は、鬱になりにくい、交友関係のネットワークが広い、他の病気も併発しにくい、身体機能が健康に保たれている、寿命が長い、という傾向があることもわかりました。

なぜ、『大義名分のある高い人生の目的』を持っていると脳が健康に保たれるのか? の全貌は、まだ解明されていませんが、誰かの役に立っている、自己成長しているという幸福感・満足感などの心の状態にも関係していると考えられています。

ちなみに、脳の高次機能、いわゆる『頭の良さ(記憶力・読解力・計算力)』等は、脳の健康状態には直接的に影響を与えていないこともわかってきました。

どうやら、脳を鍛えるには、計算問題を解くとか、いろんなことを覚えて暗記するといった方法よりも、『大義名分のある高い人生の目的』を持つことのほうが役に立つようです。

いかがでしたか?

人生の目的、いわゆる『志』をあらためて考えてみてはいかがでしょうか?

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

高い志
世のため人のための高い志が。
脳のためにはいいんですね。

人に喜んでもらえる自分の在り方を。
いま模索してます。

ありがとうございます。
りん [URL] 2016/04/30(土) 00:47 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。