お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/02
長男・長女の生き辛さ
         のぶさわ正明

「お兄ちゃんだからしっかりしなさい……」
「お姉ちゃんなんだから我慢しなさい……」

長男・長女は第一子として生まれた時には、親の愛情を一身に受ける事ができます。
でも下に弟や妹ができた時には、当然ながら親の興味や関心、愛情は弟妹達を中心に廻り始めます。
言ってみれば、その瞬間に長男・長女は、「王子・王女の座から陥落する」訳です。
そうなると、これも当然の事ながら長男・長女は、「親の愛情をもう一度取り戻したい!」と願います。
そしてその方法としては、親に甘えたり、駄々をこねたりして親の愛情を「直接的に受け取ろう」とする場合もありますが、長男・長女の多くの場合は、「間接的に受け取る」という方法を採る事が多い様に感じます。

「間接的に受け取る」……。
どういう事かといいますと、例えば喘息や頭痛、神経症等の心身の病気になったり、不登校や家庭内暴力、非行等の“問題行動”によって親の注目や愛情を取り戻そうとする事もあるでしょう。
(※ただし、これらは無意識の働きによるものですので、子供自身も何故そうなっているのか? がわからないと思います)
ただ、長男・長女で最も多いやり方は、「親の望む通りの自分」になって間接的に受け取る目的を果たそうとする事だと思います。

「親の望む通りの自分」……。
それは長男・長女として自分は何を期待されているか? どう振る舞えば親が喜ぶか? 等と、己の欲求や感情を抑えて、相手(親)の欲求や感情を優先するという事だと思います。
ですから、親や周囲の考え方のルールを取り入れ、
「お兄ちゃんだからしっかりしなきゃ」
「お姉ちゃんだから我慢しなきゃ」
「お兄ちゃんだから頑張らなきゃ」
「お姉ちゃんだから親を助けなきゃ、下の子の面倒を見なきゃ」
「お兄ちゃんだから良い子にしなきゃ」
等のルールに縛られ、自分の欲求や感情を後回しにし続けて親の為に頑張ります。
でも、それもこれも親の愛情を間接的に受け取りたいからです。

やがて自我が成長し始め、「何でこんな事しなきゃいけないんだよ!」と思えて、自分の欲求や感情に再び目を向ける様になれば幸いです。
所が、親の欲求や感情を優先する作戦がうまく行き続けたり、本人が優しすぎたり繊細で感受性豊かな特性を持っていたり、親が子に依存してしまった場合は、中々その“ルール”や“パターン”から抜け出せないまま大人になってゆくでしょう。
その時には親は、「手のかからない良い子」、「優しくて大人しい子」等というレッテルを貼り、子が頑張ってそうしている事に気付かずに、それが子の“特性”と思い、当たり前の事になってゆくと思います。
子にしたら、それは持って生まれた“特性”でも何でもなく、親の愛情を受け取りたいが為の必死の努力な訳です。
所がそれがわかってもらえない……。
つまり「これだけ頑張ってるのに、親から返って来る愛情が足りない」と感じてしまう訳です。
そして、そこには親への未練があります。
しかもその未練はしばしば怒りや憎悪にまで発展する事もあるでしょう。
そうしてそのまま大人になると、常に他人の顔色を伺い、他人の欲求や感情を優先するので、「自分がわからない」という極端な“他人軸”の人になるかも知れません。
しかも他人なら尚更、わかってもらえないし、努力が報われて愛情が返って来る事もより少なくなり、増々未練が溜まってゆき、やがて怒りか自己嫌悪か諦めに変わってゆく事も多くなると思います。

弟妹達とて同じです。
例えば、自分の下に更に弟や妹ができた場合は、やはり“末っ子”という特権を失ってしまうので、その特権を取り戻そうとするでしょう。
或いは兄や姉が心身の不調や“問題行動”等によって、親の期待を担う立場から早々にドロップアウトした場合は、弟妹達がその期待を担うようになるでしょう。
(※勿論、全ての長男・長女に当てはまる訳ではありませんし、個々の特性や家庭環境、男子、女子、親との関係等によって左右されると思いますが)
もしあなたが、「自分の感情がわからない」とか「自分のやりたい事や好きな事がわからない」、「自分が空っぽな様に感じる」等というお悩みで苦しんでいるのなら、上に書いた事が当てはまるかも知れません。
※ご自分でなさるヒントとしては、まず相手や親の欲求や感情よりも、
 ①「自分の欲求や感情を常に感じる」
 ②「それを直接言葉で相手に伝える」
という事が役に立つでしょう。
ご自分では難しい場合は、カウンセリングによって自分の感情や欲求を取戻し、自分を縛っていたルールやパターンを変え、“自分軸”の方向へ偏りを修正し、自分を取り戻す為のお手伝いを差し上げる事ができます。

それでは今日も良い変化を!

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

楽しく明るく心地よく
のぶさわさん、こんばんは。
長女の氣もち、自分がそうなので物凄く共感します。間接的に親から愛情をもらおうと無意識にするのですよね。

ここしばらく。あまりに他人軸に心をとられて。
自分が好きなこと。自分が楽しむことを忘れてました。

ただ、長女の私は。我慢が限界に達すると。
思ったことを直接、本人に真っ直ぐいいますし。
伝わるまで言い続けるところがあり。

それは、自分が幸せじゃないなと思って。

一番、難しかったことで。
自分の好きや心地よさに集中する。

を、いま、やってます。

実家の両親と家族と、昨日は山登りに行きました。
お天氣はよくて、風も心地よく。
母が作ってくれたお弁当は美味しくて。
子どもも喜んで。

最高の1日でした("⌒∇⌒")

自分が心地よくご機嫌幸せでいると。
迷惑かけてしまったこのブログも。

明るくなりますよねっ!!!

皆さまにほんとうに感謝です(*^-^*)
ありがとうございます\(^-^)/



りん [URL] 2016/05/02(月) 00:35 [編集]

りん様へ
コメントを頂きまして、有難うございました。
りんさんは、長女の生き辛さや「他人軸」のしんどさから
抜け出して来られたのですね!
とても大変だったと思いますが、多くの学びもなさって
来られたとも思います。
人生は学びの連続ですね。僕もまだまだ学びたいと思います。
のぶさわ 正明 [URL] 2016/05/02(月) 09:42 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。