お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
03 * 2017/04 * 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/05
胎内記憶は幸せへの近道
           村上信夫

産婦人科医で、胎内記憶の研究者、池川明さんにお目にかかった。
以前からお会いしたかったが、ようやく対面が叶った。

医学の教科書では、胎児や新生児は、記憶力や思考力は未発達で、目もほとんど見えず、色の区別もつかないとされている。
池川さん自身も、長い間、そう思っていた。
ところが、大きな間違いだった。胎児には素晴らしい能力があると気づいた。

臨床体験の中で、
「空の上から見ていたらね、このおうちに生まれたくて来たんだよ」
子どもは、明確な意志をもって、必要に応じて、意味があって、生まれてくるという。
ラジオビタミンにも、そういうお便りが来たことがある。

池川さんは、子どもたちが、明確なことばで、生まれた理由や過去世を語る場面に何度も遭遇している。
「おなかにいるとき、包丁が入ってきて怖かった」
と言われてから、胎児に話しかけ断ってから、帝王切開するようにしている。

子どもが、この世に生れてくる目的は、親を幸せにし、親を成長させるため。
そして、自分の天命を究め、人の役に立つため。
まさに深い縁あって親子となるわけだから、
「生まれてくれて有難う」
「親にしてくれて有難う」
なのである。

そのことに想いを巡らせていれば、親子の断絶、親子喧嘩はなくなるはずだ。

==================================
自己紹介<村上信夫>
2001年から11年に渡り、『ラジオビタミン』や『鎌田實いのちの対話』など、NHKラジオの「声」として活躍。
現在は、全国を講演で回り「嬉しい言葉の種まき」をしながら、文化放送『日曜はがんばらない』(毎週日曜10:00~)、
月刊『清流』連載対談~ときめきトークなど、新たな境地を開いている。
各地で『ことば磨き塾』主宰。
1953年、京都生まれ。元NHKエグゼクティブアナウンサー。
これまで、『おはよう日本』『ニュース7』『育児カレンダー』などを担当。
著書に『これで生きるのが楽になる』(扶桑社)『嬉しいことばの種まき』(近代文芸社)『ラジオが好き!』(海竜社)『いのちの対話(共著)』(集英社)など。
趣味、将棋(二段)。
==================================

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

子どもは
子どもは親を幸せにし、親を成長させるために生まれてくる。我が子をみていてそうだなぁと思います。生まれてきてくれてありがとう。ですね。
りん [URL] 2016/05/05(木) 09:24 [編集]

子供は親を成長させるため。
響きました。
アバンダンスRush [URL] 2016/05/05(木) 10:06 [編集]

臨床体験の中で、「空の上から見ていたらね、このおうちに生まれたくて来たんだよ」・・・私の娘の智ちゃんは、三歳のときに突然「パパね、お空でね、お顔が三つあってね、トモカ、ここに行くって選んだの、それがパパのお顔」

森 信仁 [URL] 2016/05/05(木) 10:54 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。