お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
03 * 2017/04 * 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/12
養生の意味/自分に無理をさせないためには、少しの練習が必要です。
        ユウコ

「養生してくださいね」という言葉は、体調を崩した方に向けてよくかけられるものです。

どんなときでも「養生」を心がけていたいもの。無理をしがちな現代人は特にです。

「養生」とは、健康の増進をはかるという意味です。
ですから本来、すべての人が日々養生を心がけることがあるべきかたちです。
ところが、絶好調に忙しく、さらに体調もよいとなれば、人は当然のように無理をしてしまうもの。
まだまだ大丈夫と過信して、不調なときには絶対にしないような激務を自分にさせたりするのです。
すると必ずしっぺ返しがきて、数日後には何らかの異変に苦しむことになったりします。
ですから何かをがんばるときでも、そこで自身のキャパを超えるようながんばり方はやめるべきなのです。
世の中のスピードも、年々上がっている今だからこそ全力を出し、上手に休むというバランスは、現代人にもっとも必要なスキルだと言えるでしょう。

無理をさせない暮らし方には、ちょっとしたコツが! それは快適さと寄り添うことです。

そしてまた、日常の生活の中でも、私たちは養生を無視した暮らし方をついつい行なってしまいがちです。
たとえばファッションですが、季節感を先取りしたいがためにまだまだひんやりしているのに、気合で薄着をするなど、よろしくないことです。
また、少し気温が上がったからと冷たい飲み物をたくさんとるのもNGです。
春先に真夏の感覚で飲食してしまっては、胃腸だけでなく、冷えから全身のめぐりまで滞らせてしまいます。
日常の中での養生のコツは、快適さに自分を寄り添わせることです。
寒さや暑さをがまんしない、疲れたら休む。
お腹を空かせ過ぎない。
うるさい音からは離れる、などなど
こころよい状態で過ごせるような工夫や準備をすることも、立派な日々の養生術です。
大人になると残念ながら心とからだの様子に無頓着では、健やかさを保つのはむずかしくなります。
「からだに気をつけてね」という、やさしい言葉を聞き流さず、きちんと気を意識を向けて、些細な異変も放っておかず毎日の仕事としてでも養生を続けていきたいものです。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

快適さに寄り添わせる
養生のコツは快適さに寄り添わせることなんですね。ありがとうございます。
りん [URL] 2016/05/12(木) 05:55 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。