お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
03 * 2017/04 * 05
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/30
気づいた人から変わればいいね
        May(養成講座4期・5期)

■車と衝突し母親の自転車転倒、おんぶされていた男児死亡
(朝日新聞デジタル - 05月06日 13:38)
http://news.mixi.jp/view_news.pl?media_id=168&from=diary&id=3979566

先ずはじめに感じたのは、このお母さん、気の毒だけど、そんな危ないことしてたら、こうなる可能性はあっただろうと…。

やるせないなぁ。

加害者の女性も、気の毒に……って思った。

だけど、避けられないなら、車には乗るなというのが、今の道交法です。

反対車線が渋滞していたら、飛び出しの可能性を考えて徐行するのが、正解。

正解や正論より何より、事故を起こしたら肉体的にも精神的にも辛いよね。

私も、事故を起こした経験があるので、いろいろと思うところはあります。

100%相手が悪いというのは、止まっていてぶつかられた時以外はないのです。

いくら、相手が100%悪くたって、嫌な思いをするのは、自分。

だったら、避けられるものなら避けたい。

私が事故を起こした時に、私が二人いたら衝突は回避できたと思いました。

その気持ちは、今も変わっていませんが、運転の技術は個人差がありますし、相手は変わらないのです。

それに、相手は相手で、自分が二人いたら避けられたと思っているかもしれません。

事故を起こすには、それ以前に必ず「ヒヤリ」、「ハット」する場面があったはずです。

その時に、相手が悪い、避けれないから仕方ないと放置せずに、何らかの対処をしていたら回避できたと思うのです。

対処とは、自分が変わることです。

道幅いっぱいに広がって走る、学生の自転車にイライラしたり、危ないなぁと感じる時、実は自分が時間に余裕のない運転をしていなかっただろうかと自らを省みる。

そうすれば、速度を落として十分な車間を取ったり、それが嫌なら、違う道を通ればいいだけなのです。

また、危ないよと声をかけるのも、ありかもしれない。

ちょっとした、相手への思いやり、欠けていませんか?

疲れていたり、慌てたりするのも、自分への思いやりに欠けているのかもしれません。

疲れているなら、どうしても今、車で出かけなければいけないほどの用事なのか?

慌てても到着時間なんて、たいして変わらないかもしれないよね?

免許を取る時に、教官から、車は乗る人次第で走る凶器になると教わりました。

便利だから、毎日乗っているからと、気持ちが揺るんでいたら、初心忘れずで、今から気持ちを引き締めてハンドルを握りたいと思います。

気づいた人から変わればいい。

先ずは自分から(#^.^#)

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

事故
息子が自転車で道路に飛び出して。
危うく車と接触する未遂事故がありました。

車の人が、幸いによけてくださり。
息子は無傷で胸を撫で下ろしました。

相手の方も。とにかく傷つけなくて良かったと。
言ってくださいましたが。

車の修理代やそのための示談の時間など。
大変な思いをしました。

私が衝突を起こす念が。
子どもの事故として引き寄せたことであり。

長い時間をかけながら。

衝突する関係者の想念を同時に浄化するように。
祈りをして。話をして。自己の調整を重ね。
完全とはいえないながらも。

状況はほんとに良くなってきました。

車の事故のように。
示談に入ってくれる人は誰もおらず。

物凄い問題解決能力を。
いま、育てていただいてます。

ほんとに最初に戻れるなら。
事故は未然に避けられるように。

自分が満たされて幸せであり。
自分の周りが幸せな状態でいることが。
大切ですよね。

ありがとうございます。
りん [URL] 2016/05/30(月) 00:39 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。