お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
05/31
本当の「ありのまま」を求めて。
       桜 美穂(養成講座8期・9期)

人生のどこかで、
私は愛されない、愛されていないという思い込みを抱いてしまうと、

今度も愛されないのではないかと不安な予測をするようになり、
その思いが、予測した通りの現実を描き出してしまいます。

そして、ああ、やっぱり不安が的中した! と思うことで、
ただの疑いでしかなかったことを真実にしてしまい、

ますます信じる通りの結果を引き寄せ、作り、展開しては、
ますます思い込みを強めてしまう。

渦を巻きながら、周囲もみんな巻き込んでの悪循環の螺旋を、
くるくるくるくる描き続けることになるのですね。

自分に優しく
自分に正直に
ありのままに、自分らしく

そんな言葉が、よく語られます。
ほっとする言葉ですが、注意が必要です。

「私は愛されない、愛されていない」と思い込んでいる自分の頭を、
「そのままでいいんだよ」と、優しくなでなでしていたり、
思い違いの寂しさに正直になって
寂しさに突き動かされる自分のありのままで行動したらどうなるでしょう?

突き動かされたり、駆り立てられる感情に従って
どこまでも突き進んで、しあわせになれるかどうかは
少し考えてみれば、誰でもわかることではないでしょうか。

自分を突き動かしたり、駆り立てる感情。
その奥にあるものを見つめて行くことで、
波立ち騒ぐ感情を通してこそ、出会い、見つけて行くことができる
深みがあるのだとしたら、どうでしょうか。

私たちはみな、さまざまな苦しみや悲しみ、痛み、
ときめきやあこがれ、喜びを通して
存在の奥底の深みにこそ出会っていくように、

自分に優しく
自分に正直に
ありのままに、自分らしく

そんな言葉たちの、本当の意味を知るようにと
招かれているのだとしたら、どうでしょうか。

美しく咲いている花の奥には、花芯があって
そこで命を生みだしていくように
私たちの存在の奥底にも、命がある。

無色透明な光のような命です。

その命にこそ正直に、
その光をこそ、輝かせていく。

その時こそ、私たちは、最高に最大限に自分らしく
本当にありのままに生きることができるのではないでしょうか。

あなたのおしあわせを
心から、お祈りしております。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

ありのまま
本当の「ありのまま」を生きるというのは。
目の前にいる人たちを鏡にして。

そこに映っている自分の心が暖かいかどうか。

その人がそうなる理由がわかり。
その人の手をとり寄り添うことができて。

そのうえで。突き放すこともできるということ。

或いは。表面的に揉めても。
修復できる柔軟性があること。

折り合えないなら。
映っている心は自他一体で自分そのものだから。

折り合えるまでゆるしていくこと。

最初から暖かい心を持てなかった自分もまた。
ゆるしていくこと。

弱い小さな自分を。そのまま愛してやれること。
そんな自分を変えていけることかもしれない。

ありがとうございます。
りん [URL] 2016/05/31(火) 00:50 [編集]

ほんとうのありのまま
あなたはよく、相手はいない。相手はいないと。
ブログに連発していたけれど。

ほんとに相手はいないのよね。

他者との境界線がうまく引けない私が、
あなたのシャドーを受け取ってしまって。

外すのに数年かかりましたという話。
同波長の人を引き寄せるというのだけど。
同波長というのは。

シャドーを排毒してしまう人と。
受けてしまう人が同波長ということで。

攻撃人格は。
あなたの抑圧人格そのものだったのね。

だから。相手はいなかったのよ。

排除している人というのが。
他ならぬ自分そのものだとわかること。

だから。心の凪ぎというのも。
これほど同時に起こってくるということ。

ほんとうのありのままの自分を受け入れるというのは。そういうことをしてしまった自分の闇を受け入れること。

最初から、何が起こっていたのかを。
全部わかっていた私がいたことを理解すること。


私が自分の闇を受け入れるというのは。
助けたいという心が、助けないといけない相手を創造していたこと。

救済者の位置に立とうとすることは。
相手にマウンティングしている訳だから。
拒絶や反発を買うことを受け入れること。


喧嘩を経験してない人というのは。
手加減がわからないですよね。

手加減がわからないから。
破壊的な念で相手を殺してしまう手前まで。やってしまう。

そういうことを。抱き込んでゆるしていくことが。
自分の幸せに繋がっていて。また。ありのままの自分に繋がっていると思うんですよね。

コミュニティにいて。残念なことは確かにあるけれど。そういうことに蓋をして明るい方をみるのではなくて。

受け入れていった先に。
安らぎと穏やかさがあるのでしょうね。
りん [URL] 2016/05/31(火) 22:26 [編集]

よけいな「ご」や「お」をお使いになることもなくなられ、伝わってくるエネルギーが穏やかで自然体になられてきて、うれしく思います。
森 信仁 [URL] 2016/06/01(水) 06:40 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。