お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
06 * 2017/07 * 08
S M T W T F S
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/03
チャンスの神様をつかんだ人
       あいかわ ゆき(養成講座5期・6期・7期・8期)

澤谷先生、おはようございます^^
先生------‼ 
本当は誰よりダメダメなのに、精一杯背伸びして優等生ぶってたわたしの話、一般大公開されたのですね~~~^^;;;
こうなったら、もう、ぜ~~~んぶ、お話ししちゃいます^^
先生の養成講座に入れていただいたのは、『ルナと光の天使』を出版していただいてから、ちょうど一年後のことでした。
「カナダにお住まいの絵本作家のウッキーさんです」と紹介されて、なにやら、英語圏で勇敢に暮らす絵本作家というイメージが、わたしの中に浮かびました。本当は、こうきに死なれて、カナダでの暮らしが、つらくて、つらくて、しかたのないわたしだったのですが(T_T)
養成講座に入れていただいてすぐ、澤谷先生とご親交のある七田 厚先生が『ルナと光の天使』をお読みくださり、ありがたい、ありがたいことに、七田教育研究所の教材としてお取り扱いいただけることになったときは、まるで夢のようで、心からの感謝の気持ちでいっぱいでした。
それで、澤谷先生からも、七田先生からも、「次作を期待しています」といっていただいていたのに、いまだ、深~~~~~い悲しみにどっぷりはまっていたわたしは、書いても、書いても、どこか悲し気な物語しか書けなくて、コンクールでも落選続きでした(T_T)
澤谷先生の養成講座の執筆力養成のための集合講座にむけて書き、描いた『ルナと虹色の地球』が、やっと、やっと、遠藤元編集長にプロデュースしていただけることになったときも、いまだ心のデトックスが終わっていなかったために、結局、出版社がみつからなくて(T_T)
それは、そうです。『ルナと虹色の地球』は、ひとりの人、ひとつの家族が心を浄化することにより、虹色のトーラスができるお話。虹色のトーラスが出会うことによって、トーラスがどんどん大きくなって、最後には地球を包み込むお話なのですから。
傷心のまま、養成講座を卒業させていただいたところ、入れ替わりに、やはり掛け替えのない息子さんを亡くされている蒲生智衣さんがお入りになり、あれよあれよという間に絵本作家になられて、「みごとチャンスの神様をつかんだ人」と「みごとチャンスの神様を逃した人」という構図が出来上がったのも、とっても、とっても、悲しかったです(T_T)
でも、最愛のぼっちゃん一誠くんの看病を2年10ヶ月に渡ってなさって、一誠くんがお空に還られた後も苦しまれていた蒲生さんが、一誠くんが注いでくれた降るような愛を、みんなに伝えていこうと前をむかれているお姿に、ものすごくたくさんの勇気をいただいたんです。
いつまでも、こうきがいない世界はいやだ、寒くて神社のないカナダはいやだ、とかいってないで、与えられたもったいないようなギフトに感謝しながら、ジョセフを、はんなを、愛しつくし、周りの人を大切にしながら、生きていくときなのではないかと思えたんです。
ちょうど、長らく葛藤のあった継母のことも、心の底から尊敬して、大好きと思えるようになり、この夏、父と継母とはんなの四人で、相川の神社の夏祭りに、はんなのお誕生日当日! に行かせていただけることになったときは、あまりの感動に大泣きしてしまいました^^;
さらなるスペシャルギフトとして、澤谷先生と七田先生と蒲生さんと梶原 誠さん(梶原さんには、『ルナと虹色の地球』のDTPで、本当にお世話になりました≧▽≦)の「出版記念講演会」にまで、参加させていただけることになって、どんなに嬉しかったことでしょう≧▽≦
もしかしたら、神様とご先祖様から、もう大丈夫だよと、いっていただいているのでしょうか≧▽≦
そうだったら、ほんとにいいなと思います^^
朝から、長々、失礼しました><
今日も素敵な一日を♪

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

ゆきさんへ
ゆきさん、素直な心をありがとう。
チャンスを掴んだ人に素直に喜んでおめでとう❤
といえることは。チャンスを掴んだことと同じなんだよね。素敵だね。良かったね\(^-^)/

7月は、皆さんで一同に会されるとのこと。
素敵なシンクロがあるといいね。

ゆきさんは。ずっと優等生してたというけど。
それは。素直になれなかったんじゃなくて。

澤谷先生から学んだ型を、じっと身につけていたんだね。頑張ってたんだ。凄いと思うよ。

だから。いままでのゆきさんにも。
うんと、自信を持って欲しいなー。

頑張った結果が。ほら!
みんなの評価としてちゃんとここにある!

ゆきさん、輝いているよ!素敵だね。
良かったね\(^-^)/

私は。いま、全部やり直しなんだ(笑)
なにもかにも。語れる言葉は。
いまは何も無いけど。

それでも。ひとつ自信が持てるなら。
私は。友達が自分のことを思ってくれる何倍も。
友達のことを思って動いてきた。

未熟だったかもしれないけど。
いまの結果が。いまの悔しさが。

私を。物凄く高みに引き上げてくれているんだ。

私は。誰にも真似のできないような。
優しさを自分に育てると決めているから。

自分を信じているから。
ゆきさんを思いっきり祝福するね。

澤谷先生に、いまは素直になれないけど。
それでも、たくさんの学びをありがとう。
たくさん自分でわかるための苦しみをありがとうって。ここでは言えるから。

皆さんの幸せを。思いっきり祝福するね。
皆さんに幸せあれ!! ありがとう。
あきこ [URL] 2016/06/03(金) 21:15 [編集]

虹色のトーラスとスサさまの物語
虹色のトーラスのお話ありがとう。

問題行動を抱える子どもと長年、身体ごと関わってきて思うことは。

自分が未熟でも半端でも。
とにかく、自分がそのときの最善とハラで感じることを全身全霊で丸裸になって関わっていくこと。

そうすると。こちらの間違いを。
子どもが教えてくれるから。

自分の間違いを謙虚に受け止め。
自分を変えていくこと。

最後は。子どもの輝きに自分が呑み込まれていく段階になれば。教師として大成功ということ。

ゆきさん、アニー・サリバンの話を思う。
彼女は、信頼して見守るだけじゃなかったね。

ほんとの愛って。その時、その人をみて。
自分からわきあがるものを大事にすることと思っていて。

あとから。それをしなくても大丈夫だったのかもしれないと氣づくなら。それは生きた経験となる氣がするんだよね。



ほら。スサさまがそうであったように。



失敗は経験となり。糧となり。
その人の幅となり。優しさとなるんだね。


私は。いまの学びが最高に幸せだよ。
スサさまの物語を書いてくれてありがとう。


あきこ [URL] 2016/06/04(土) 10:52 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。