お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/06
悪魔(後編)
       トーマ イタル

それで、ようやく、
「悪の意味は、2番目の心」
という意味が、わかりました。
昔の人たちは、こういうことが、わかっていたのでしょう。
「2番目の心」とは、
「上から2番目の嫉妬心」
「下から2番目の保身」
この二つだということです。
特に、後者の「保身」というのは、「いじめ」などの行為の大きな部分を、占めているような気がします。
たとえば、世の中の景気が悪くなり、会社の中で、リストラなどが、囁かれるようになると、真っ先に、いじめのターゲットになるのは、その職場で1番弱い立場の人です。

そして、その人を、最もいじめるのは、その職場で、下から2番目に弱い立場の人であることが、多いのです。
政治家などの権力者のよる搾取も、間接的ないじめだと思いますが、直接いじめる人は、そのいじめられる人の次に弱い人であることが、多いということです。
2番目に弱い人が、1番弱い人を、怒鳴りつけたり、文句や悪口、陰口を言うことによって、
「自分は、弱くないんだぞー! 自分よりも、仕事のできない、もっとダメな奴が、ここにいるんだぞー!」
こういうアピールを、周囲の人たちにするのです。

2番目に弱い人の心の奥底には、「自分が、1番弱い立場になって、いじめられるのが怖い……」という不安や恐怖が、存在しているということです。
1番弱い人を、いじめることによって、その恐怖心を、解消しようとしているのです。
たしかに、こういうケースを、サラリーマン時代に、よく目撃しました。
自分自身が、学生時代から、しばしば、いじめを体験したり、そういう話を聴きながら、心を痛めてきましたが、だんだん、そのメカニズムの全貌が、ボンヤリですが、見えてきました。

「悪」という心の状態は、根底に、「嫉妬心」が、あることが多い。
さらに、もっと大きな部分を、「保身」が、占めていることも多い。
この二つは、どちらも、自然界ににもある、本能的なものである。
したがって、人間の社会の中で、教育や道徳などのよって、改善することは、難しいということです。
人間社会においては、まず、社会や世間からの圧力が、根本的な原因になります。
その圧力に、心が抑圧されると、その心の中に、「悪」が生まれるのです。
そして、さらに、その「悪」に、「魔」が差し込むと、人間は、「悪魔」になるのです。
大昔から、人々が恐れてきた「悪魔」という存在は、こういうメカニズムで、創りあげられるみたいです。
人間の心が、「悪魔」の状態になった時には、「光」も「闇」も、両方とも、それを治してくれます。
「光」は、「悪魔」を浄化します。
「闇」は、「悪魔」を癒してくれます。
太陽のような「光」は、「白日の下にさらす」という表現もあるように、厳しく、悪を追い払ってくれます。
一方、真夜中のような「闇」は、悪を、「やさしく包む」のです。

「光が正しくて、闇は間違い」
ではなくて、
「光は厳しくて、闇はやさしい」
のです。

心の中の悪を、光は、吹き飛ばしてくれますが、闇は、やさしく包み込んで、癒してくれます。
心が、本当に弱っている時って、暗闇のほうが、落ちつきますよね。
そんなかんじで、闇も、いいものなのです。
光も闇も、両方とも、人間の味方です。
ちょうど、太陽の光の日光浴も、健康にいいけど、月明かりの月光浴も、精神が落ちつくようなかんじです。
心が、抑圧されて、本当に苦しい時は、「陰」のエネルギーである「闇」に、癒されましょう。
それから、少し元気になってきたら、次は、「陽」のエネルギーである「光」で、浄化されましょう。
精神世界には、そのためのヒーリングのテクニックやグッズ、パワースポットが、たくさん紹介されています。
ぜひ、自分にあったやり方で、心の中の「悪魔」を、消し去ってください。

PS 2番目に弱い人は、常に、「誰が、この組織の中で、1番弱いんだろう? その1番弱い奴を、いじめてやるぞ!」こう思って、1番弱い奴を探しているのです。その心の中に、「悪魔」が、生まれているのです。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

俯瞰する
言葉が降りてくるのに、まだ少しかかりそうですが。暴力も排除も嫉妬や排除などの弱い心から起きてきますね。

昔の人がなぜそれを、よくわかっていたかは。
狭い人間関係の中で、そういう相手を取り込み包み込みともに生きていく智恵が必要だったからでしょうね。

コミュニティからの排除は。死を意味しますから。
保身というのも。自分が外されないようにという怖れから出てくるもので。

暴力というのも。コミュニティ内の毒というか緊張関係を解除したい怖れから出てくるもので。

仲間はずれに自分がならないように。群れの動きに自分を合わせ、乱すものを排除する仕組みは。生き物が持ってる本能の部分からくるので。

無くなりませんよね。

それが起こったときは。そういう仕組みを理解すると。ただ、起こることがこういうふうに起こったんだなとわかり。

俯瞰できてきますよね。
りん [URL] 2016/06/06(月) 06:55 [編集]

闇夜の奥深い時間は大切だねぇ(~▽~@)♪♪♪
くるみ 景崎 [URL] 2016/06/06(月) 08:30 [編集]

おはようございます。闇と陰の素敵な納得な捉え方、ありがとうございます。
Yukari Ueno [URL] 2016/06/06(月) 08:31 [編集]

浄化
2日間の掲載ありがとうございました。
弱い心から出てくる悪魔を。弱い心を弱い心として赦していくと。

自分も他人も。そうしないと済まない怖れや不安や弱さがあり。その弱さをもった自分も他人も。優しく赦して包み込んでいけそうですね。

また。

あったことはあったこととして。光のもとにさらして浄化していくと。闇は消失して心に光が射し込んできて風が通るようです。

ありがとうございます。
りん [URL] 2016/06/06(月) 18:53 [編集]

明らかにみる
光に浄化されてくると。

自分は排除されるような人という呪いを、
自分にかけていたことがわかり。

自分が自分を排除しているから。
他人に自分を排除させていたことがわかりますね。

また、暴力を受ける人は。
自分は暴力を受ける人という呪いをかけていて。
自分が自分を虐待しているから。
他人に自分を虐待させていることがわかりますね。

浄化されてくると。

傍観、保身にみえていたことも。
信頼し見守り待っていてくれたに変わる。

潜在意識ではそうではなかった人も。
顕在意識では、信頼し見守り待っていてくれたんだと思えるようになれば。

周りの人間関係も、明るくみえて来ますよね。
結局は、自分の心が暗いものをみていて。

苦来(くらい) という状況を。
創造していたのですよね。

けれど。経験できたことは宝でした。
ありがとうございます。


りん [URL] 2016/06/06(月) 19:23 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。