お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/11
不登校ママのしあわせ日記32
       杉本桂子(養成講座8期生)

子育てカウンセラー、講演家のSarah Sugimotoです。

さてさて、毎日ウダウダ言っていたハンナちゃんが、私とのお風呂の中でワンワン泣きながら打ち明けてくれたこと。
それは、誤解があって、傷つけたかもしれないこのお友達に、自分たちは彼女の悪口など絶対に言ってないということを伝えたとしても、信じてくれなかったら? という恐怖。

5年生の時に、幼稚園の時からずっと仲がよくて、4年生の時のあの辛かった時期に、自分だけは絶対にハンナちゃんを裏切らないと言ってくれたある優しいお友達に、ふざけてちょっと肩を押したことがありました。
ちょっとしたおふざけのつもりが、なぜか親を巻き込むちょっとした事件となり、それ以来、その子とはお友達でなくなってしまっていた。
今回のこのお友達も、そんな風になってしまったらどうしよう。という、彼女にとっては耐え難い恐怖でした。
5年生の時のお友達には、お手紙も書き、てっきり解決済みだと思っていたのですが、そうではなかったということ、今回、初めて打ち明けてくれました。
それがトラウマとなり、今回は、誤解を解くために、アクションを起こすことさえ、とてもとても怖かったということらしいのです。

裸のまんま、泣きじゃくるハンナちゃんをぎゅっと抱きしめ、辛かったことを受け止めました。
そして、ギュッとしたままで眠り、次の日に、担任の先生と相手の女の子のお母さんにお電話をかけ、何にもなかったかのようにあっけなく解決(-。-;

ハンナちゃんは、私にひとしきり心の中を打ち明けたこともあり、スッキリして、月曜日からは、普通に学校へ行き、今は、あれはなんだったの?? ということになっています。

解決してしまえば、大人の目から見れば、ちっちゃい、ちっちゃいことなのですが、経験も浅く、身体も小さい子供にとっては、大事件だったりします。

子供の全てを絶対に否定せず、絶対にジャッジせず、全てを受け入れてあげる。
そして、何かの事件が起きた時は、全てを受け入れていること、ものすごく深く子供を愛していることを伝えるチャンスなのです。
子供と一緒に乗り越えることを繰り返し、絆が深くなっていき、子供はそこから少しずつ強くなっていきます。

子育てって、なんて充実感のあることなのでしょう。
ママであること。この上ない幸せだと感じます。

ハンナちゃん、よかったね!!

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

杉本さんが書かれたご文章ですので、杉本さんを主体にストーリーを読んでしまいます。
だから、杉本さんにとってのハンナちゃんは、本当に天使だったのだなと感じます。
 
どれもこれも杉本さんへのメッセージであり、天使であるハンナちゃんに愛された杉本さんのストーリーとして、すべてが読めるからです。
 
恐らく、同じ内容でも書かれたのがハンナちゃんであれば、お母さんは素晴らしい天使ですね、と、私は書くのだろうと思いました。
 
どなたのご相談を持ってこられようとも、カウンセリングやセラピーのセッションで対象にするのは、いらっしゃったその方であり、その方を通して全てを見ることになるのと同じだなと感じます。
 
この出来事は、ハンナちゃんにも杉本さんにも、お友だちにも先生にも、お友だちのお母さまにとっても、それぞれに、最高の学びのストーリーであるのでしょうね。
素敵ですね。(^_^)
 
桜 美穂 [URL] 2016/06/12(日) 21:38 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。