お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
05 * 2017/06 * 07
S M T W T F S
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/14
感想
       蒲生智衣(養成講座9期生)

澤谷先生、こんばんは!
今日の「スカイプ座談会」は、拝聴のみで発言できずにすみませんでした。
が、今回もすごく興味深いテーマで面白かったです。ありがとうございました!!
感想文をお送りしますね。

がもうともえ

   *****

ツジさんの「闇がないと、比較するものがないから光を知ることができない」という言葉がとても印象的でした。なるほど。と思いました。確かにそうですね。私はセラピストになるための勉強をしていましたが、心のことを知れば知るほど、ネガティブな感情は悪いものと決めつけてしまうところに陥りそうになります。でもネガティブな出来事や感情は、喜びや感謝を生みますね。成長を促しますね。闇は光を生むのですね。

また、ナオコさんの感想を読んで、「私も!」と思いました。せっかく作家になれるチャンスを与えていただいているのに、無から有を生み出す作業に疲れたり、おびえたりして、元のただの主婦に戻りたいと思うことがあります。恐れがあります。私にはできないという壁を作ってしまったりします。今までいた同じ場所から出たくない。楽をしたいという気持ちがあります。

闇はやさしいと、トーマさんは言います。光は厳しい。

何かをしようとする時、同時にそれをしないようにする気持ちも存在します。真逆の気持ちを同時に持っているのです。私の筆がなかなか進まないのは、逆向きの気持ちが働いているせいかな?

澤谷先生が言いました。「蒲生さんはウッキーさんによって、本当にデトックスできた。」と。思わず頷きました。与えているつもりが、実は与えられていたのです。そうなのです。そうなのです。考えてみたら、いつもそうなのです。物語を作ったのは、子どもたちに喜びを与えるため。お母さんたちにあたたかさを与えるため。でも、それを作って読み聞かせをした時、子どもたちの笑顔から私は多くの喜びをもらうのです。お母さんや幼稚園の先生からの声援に、たくさんの勇気をもらうのです。

思えば、養成講座に入った時もそうでした。私はその時、セミナーというものに飽き飽きしていました。ただ必死に何かを得よう、何かをもらおうとする自分に飽きていました。そこでこう決めました。「もらうことばかり考えるのを止めよう。この養成講座では私が何か与えることをしよう。私は与える人間にになろう。」ところが、これを決めた直後、養成講座もまだ始まっていないのに、大きな大きなギフトをもらってしまうのです。与えるはずの人間が、絵本作家になるという大きな大きな現実を与えられてしまうのです。

そう言えば、「タライの法則」ってありましたね。欲しい欲しいと思ってタライの中で水を手前に引けば、水は脇を通って向こう側へ逃げてしまう。逆に、水を向こうへ押し出せば、水はまた脇を通ってこちらにやって来るという。光を与えようとした自分に、デトックスさせていただくという大きなプレゼントをいただきました。ウッキーさん、本当にありがとうございます。

澤谷先生、養成講座のみなさん、いつも深い学びを本当にありがとうございます。
コメント

菩薩さまの慈悲
心の学びをした人ほど、闇を嫌いネガティブを嫌い。そういうものをまるごと受けとめながら人間関係つくっていくのが薄くなるのかな。自分とあわない人をどんどん切っていく。

人を変えるのは違うというのは。
人を変えようとしたり批判したりする人がなぜそうなるかを理解し。

自分のなかに取り込んで一緒に生きていけることなんじゃないかな。

と書くと。自分の価値観の反対側に。
闇ができると思うんですよね。

誰かを自分の価値観で判断しないこと。

あるひとつの価値判断には。
必ず対極の価値判断があり。

その対極を溶かしこめたうえで。
自分の価値観が存在できているか。

闇を受け入れていくと。
光に転じていきますね。

闇の優しさ柔らかさに支えられた光は。
誰かを裁くことも排除することもなくて。

菩薩さまの慈悲のように柔らかい。

与えることも与えられることも同時で。
ただ、あなたがいてわたしがいる。

そんなことを思います。
ありがとうございます。

りん [URL] 2016/06/18(土) 21:59 [編集]

ずっと思ってたこと。

潜在意識にも深い層があって、一番深いところは自分にきびしいけど、浅くなるほど自分に甘えてくる。

人間って賢いと思うんです。

闇って言葉をつかって、光って言葉を操って、厳しさって言葉も優しさって言葉もみんな利用して、
最後は浅い自分に都合良い筋書きに書き換えてしまう。

だから、闇とか光って言葉にせずに生きる。
賢い人間になるんじゃなくて、一番深い深層の良心だけ見つめて生きる。

これが大事だって思う。



 
Satiko [URL] 2016/06/19(日) 04:31 [編集]

本当に何が大切かって。
本当は何が一番幸せかって。

一番深い深層の良心が知ってる。

きっと、言葉にすると自分に嘘をつきやすくなる。

人間って、そういうものだって思う。



 
Satiko [URL] 2016/06/19(日) 04:47 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。