お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
09 * 2017/10 * 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/17
子供は親を選んで生まれてくる
      NAOKO(養成講座9期生)

昨日、久しぶりに自分の中の自分と会話が出来た。
自分に守られているってなんて落ち着くんだろう。
短い時間でそう感じた。

昼間のその時間が愛おしいと感じていたら、夜中に子供と思いもよらない会話が始まった。

私たち夫婦、家族、私と親の関係をじっと見てきた子供。
そしてまた、ここのところ私達夫婦に暗雲が…。
子供はその空気を直ぐに察知するんだよね。

私「ねえ、あなたって、私達家族のことをいつも考えてくれているのね。」
息子「S先生に、『君は魂が優しいんだ。』って言われたんだよ。」
私「本当にそうね。私がいくら『自分の事だけ考えて良いんだよ。』って言っても私たちのことが心配で仕方ないのよね。」
息子「お母さんがさ、以前話しをしていたじゃん。『赤ちゃんは、お母さんや、その家族を選んで生まれてくる。』ってさ。その話気になっていたんだ。そしたら、その後、あるところで別な人からもその話しを聞く機会があってね。でね、赤ちゃんは、生まれる前に、お父さんとお母さんのデートしている姿なんかを見てこの人達の赤ちゃんになろうって決めてお腹に入るのもあるらしいんだけど、神様から『貴方はこの夫婦のところに行きなさい。』って言われることもあるんだってさ。そう仮定するとして俺の場合なんだけど、神様に指示されたんじゃなくて、自分で決めて母ちゃんのお腹に入ったんじゃないかって思うんだ。」
私「ふ~ん。私達夫婦の仲や、家族の事、いつも心配してくれているものね。あなたが私たち家族の調整役ってこと?」
息子「子供の方が、親よりも魂が上だって言っていたじゃん。父ちゃんと母ちゃん見ていてそう思うよ。」
そうかもしれないけれど、面と向かって言われるとやはり悔しい。
私「未熟な親でスンマセンね。それじゃ、もし魂が何度も生まれ変わるとしたらって話になるけれどいいかな。家族は一番縁が深いと言われていて何度もその役を変えて生まれ変わっているとしたら。同じ家族の中で、親になったり、子供になったり、男になったり、女になったり、役を色々変えてそれぞれの魂を向上させるために演じているのかもしれないとしたらどう?」
息子「そんな話はわからないや。」
私「私もにわかには信じられないよ。それにね、妬みや悔しさや色んな経験に意味があるだとしたら、それを引き出す為に周りに人はいるのだとしたら…って考えてみると視点が変わらない?」
息子「もう眠いからさ~。わからないし考えたくないから寝るわ。」
私「私も眠いわ〜。おやすみ。」
どうやら、私と息子は似た様な事を考え中なのかもしれない。
深夜に息子と時々こんな会話をします。

彼に助けられ、「愛って……。信頼って……。」と教えてくれているのも彼が体を張ってくれているから。
時には腹の立つこともあるけれど、正直彼には頭が下がります。
彼の凄いところは、自分の人生の苦しみを親のせいにしないところですわ。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

子どもの魂
自分の苦しみを親のせいにしない。
これは読ませていただいてわたしも見習う思いです。

自分の苦しみを他人のせいにしないことも同じですよね。

我が家も。子どもの方が親より魂は高いです。中学生になった娘が。幼い頃のことを話してくれましたが。

お母さんはいま、人生を最初からやり直ししているんだなと思った。数年前のある時期から、家の雰囲気が優しくなりだした。

わたしは。家族がこれから良くなるとわかっていたよ。

娘は。わたしがもう、子どもを生むことでしか自分を支えられないと思った時期に。授かった子どもで。

胎児の時期に。繰り返し繰り返し繰り返し。
大丈夫、大丈夫、大丈夫、大丈夫と。
わたしにメッセージを送り続けてくれた子です。

子どもには。嫉妬や恨み。そういうネガティブなものはまだ自分の中には無いから。
よくわからないというのかもしれませんね。

息子さんが親の立場になられたときに。
いまの時期のこと。どんなふうに感じかたが変わるのかなと。

ふと。思いました。
ありがとうございます。
りん [URL] 2016/06/18(土) 12:55 [編集]

りんさん
コメントありがとうございます。
「魂があるとしたら」って考えられるようになったら、私とても楽になりましたよ。それで、子供の方が魂が上っだと感じた時には、母親として偉ぶらなくても良いんだと肩の力が抜けた。
りんさんのお嬢さんの言葉がとっても印象的。お母さん、人生をやり直している。ある時から優しくなったって。
子供は親にメッセージをくれている。

人生やり直したい位ほど苦しかったんだよね。お嬢さんはそのお母さんの後ろ姿を見続けてこられたにかなって感じました。

私は見事に、未熟でも幼い。今ではどちらが親なのかって感じるけれど。
子供と深く話ができる関係であるって素敵。りんさんとお嬢さん輝いておられる。

子どもには自分の様にならず幸せになって欲しいって思いますが、既にもう親がかわり初めているんだもの、幸せには苦しい決まってる。
Naoko [URL] 2016/06/19(日) 00:07 [編集]

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。