お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
07 * 2017/08 * 09
S M T W T F S
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
06/21
「澤谷 鑛 & わらいこうたろう コラボセミナー」in 宇治 ~まっさらさらのいのち輝く~(6/18・土)感想文
【Aさん・女性・東京】
今回、初めてセミナーに参加させていただきました。以前からお会いしたいと思っていた澤谷先生と、直接お話も出来て、本当に貴重な一日となりました。また機会があれば、是非参加したいと思っております。
わらいこうたろう先生(大熊良樹先生)につきましては、強い信念を現実に行動に移されていますが、本当に凄いエネルギーをもった方だと驚きました。
今日、教えていただいたたくさんのことを、今後の自分に少しでも取り入れることが出来れば、と思っています。

【Bさん・女性・京都】
今日は、はじめてセミナーに参加させていただきまして、とても良い勉強になりました。
「自立」について、二つの考え方があるというのもとても、とても興味深く考えさせられました。
仕事についての話も経険に基づいて納得ができる内容でした。
自分自身の本質が完全であればこそ、足りない部分が気になってしまう、というのもお聞きして安心することが出来ました。
また、すべての悩みの原因は感謝の心がたりない。“ありがとう”の気持ちを持つことで世界が変化していくということも、あらためて深く心にしみ込みました。
また是非参加させていただきたいと思いました。素晴らしい時間を過ごさせていただけたことに心から感謝いたします。

【Cさん・女性・大阪】
澤谷先生、わらいこうたろうさん、素晴らしいご講演をありがとうございました。
感じたことすべてを書くことは、今はまだとてもできませんが、今思うことを、感想として書かせて頂きます。

わらいさんがご講演の中で、「あなたはなにものですか?」と問われたとき、自分の奥底で呼応して動くものがありました。
自分がその答えだと、心の奥底で反応しているように感じました。
それが何かわからないのですが、間違いなく何かがあることを感じて、大変新鮮でした。
また、わらいさんが禅の修行をされていた時代、修行として、一日の大半を、お掃除をして過ごされていたというお話がありました。
そのお話の中で、その人が使っている箒(ほうき)の音や鳴らされる拍子木の音で、その人の心境がわかる、というお話や、掃除の時に使うほうきと、その人が一体になっているかどうか、というお話。また、天と地と自分がひとつになった状態で、天と地の真ん中に在ってただひたすらに掃除をする、というお話もありました。
なんと深く絶え間のない次元の合一なのだろうか、そこに招かれているのだと感じました。
禅でいうところの「無」は、「有るか無いかの無」ではないのだというお話もありました。
「有るか無いかの無」つまり、本当に無いという意味の「無」ではなく、【「無」が在る】というのが全で言う所の「無」ではないか、と感じられ、【「無」という存在】は、なんと豊かであるのか。「有る」存在は限定だけれども、「無」という存在は無限であるのだと、感じて、圧倒される思いがしました。
その無限の豊かさを生きるようにも、招かれているのだと感じました。
台風がどれほどありがたい存在であるのか、というお話。また、わらいさんがお作りになられて絵本のお話を通して何もかもが在ってよかったこと。
自分の中の嫌なところも、つらかった体験もみなありがたい。
それが無ければ育たなかった草木があり、咲かなかった花があり、実らなかった実があることを思う時、本当にすべてが無くてはならなかったのだと、納得できました。
人生に感謝以外、光以外の何か、あるのだろうかと、ますます感じました。

澤谷先生は、
「自立とは、依存先を増やすことではなく、信頼できる絆を増やすこと」
というテーマで、とてもシンプルにお話しくださいました。
高校生の頃に、依存してしまうことが苦しくて、これはよろしくない、と悩み
「そうだ、ただ一人に依存するから苦しいのだ。依存先を増やせば、リスクも苦しさも分散出来て楽になれるのだ」
と考えたことが思い出されました。
そうではなく信頼できる絆を強め、その信頼を築き、深めて行くことこそが大事なのだと、その頃は、まったく思い至ることが出来ませんでした。学びをしていなければ、今もわかっていなかったかもしれません。
澤谷先生が養成講座でご指導くださっていたことすべての根底にあるのは、まさに、信頼できる絆を作ること、作れるようになることであったのかもしれないと、養成講座に在籍していた年月を振り返って、改めてそのように感じました。
ご講演とオープンカウンセリングを通して、澤谷先生がその一点でお一人お一人を見つめになられる。
そのお心の中で、参加者さんが自分や他人を信じる気持ちを問い直され、はっと目覚めて行かれる。
先生が、命を扱い命を生かすこと、ただその一点にお心を尽くされ、お力を注いでおられる。
何気ないふうに静かに語っておられるのに、相手の方の中にとても確かに、静かに静かに流れていくもの、しみ込んでいくものがある。
先生のご配慮やご愛情、ご信頼が、構えた感じではなく、まるで世間話をされているような自然さで、他人から見れば、うかうか聞いていれば、聞き逃してしまうような微細さで、非常に繊細にしみ込んでいって、その方のお心がうるおされておられると感じました。
以前、「凄いオーラを出している人はまだまだで、本当に凄い人は目立たないし、普通にしか見えない」というお話を、先生から伺ったことがありました。
また、ご自身がうたたねをしておられたときに、そのこっくりこっくりをご相談者のおばあさんが、うんうん、という相槌と間違えて癒されて行かれたというお話も伺ったことがありました。
そういうことをみなわかっておられる先生であるからこそお出来になる聞き方であり、カウンセリングであるのだろうなと感じられるオープンカウンセリングでした。
「さあ、今からカウンセリングをしますよ。分析しますから話してください」と言う姿勢は、違うのだなと、ますます感じさせられました。

ご相性抜群の、最高のセミナーでした。
澤谷先生とわらいこうたろうさんとのお顔合わせで、ぜひまたお話をお伺いしたいと思います。
ぜひ、ご企画くださいませ。
どうぞ、よろしくお願いいたします。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。