お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
10 * 2017/11 * 12
S M T W T F S
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/05
「スカイプによる座談会」の感想
       NAOKO(養成講座9期生)

澤谷先生は、今日はたかまる全さんの記事「生かす者 殺す者」を読んでくださいました。
たかまるさんの記事は、いつでもインパクトがありますね。唸らされます。
鋭く的確な表現をされていると感じます。
中でも「私たちを生かそう生かそうとする存在。私たちを潰そう潰そうとする心。」という一節が心に残りました。
私は、今日はここの部分をこう捉えました。
生かそうとする存在とは、私たちを守ってくれる守護霊の方々。
精神世界的な表現です。
潰そうとするのは、自分の罪悪感・劣等感などネガティヴな心。
守ってくれる存在は、危険な時すんでのところで、「そっちの道は違うよ。」とお知らせをくださる存在。(他者)
しかし、先生はどちらも自分の心の中にあると仰います。
なるほど。
私はまだまだ未熟者。どちらも心の中にある? 先生の仰る言葉が理解出来ておりません。
今日のこの時点では、たかまるさんがあえて、「存在」と「心」という言葉を使われたところが書かれた時のご心境を聞いてみたいなと思いました。
心の勉強を始めて自分を見つめると闇がかなり心を占める時期があると思うんです。私は未だ大事な事に気がつけないからこんな表現になってしまうのでしょう。何をしても自己否定。そんな時期は、自分の心の中に正しいもの、善の部分があるなんて信じられない。自己を否定し、怖さからの行動態度は偽善者の様相を呈しているようにも思います。
自分を信頼できないですものね。だから敢えて、「存在」という言い回しに引っかかっているのですね。たかまるさんの書かれた記事を解釈しようと言葉を探しているのは間違いなく私の心の中で展開している狭い世界での事。言葉に引っかかっていますが、今にきっと私にも私なりに理解できる様になる。
でもこういう事を紐解いていかれるってワクワクしますね。自分を信頼するための道を自分で切り開いていくんですから。自分で切り開いて行くと書きましたが、到底1人では出来ません。「何でも1人でやってやる。見てろよ。」と過信していた私はここでも降参です。先生、参加されている皆さん、ご縁を頂いた皆様のお陰です。セミナー、この様な座談会の場で皆さんと一緒に参加しないと気がつけないんです。先生が舵をとって下さらないと、遅々として進まないんです。大人になってから本格的に生きる事を学べる事となりました。自分はこのタイミングなんですね。子供時代ではまだ人生味わってないからわからないですものね。子供時代が長すぎました。

また、先生から、座談会の最中にこんなお話がありました。私は、ある日先生にメールで「暑くなりましたね。お身体お気をつけくださいませ。」と、ある文章の最後に書かせていただきました。お手紙やメールで相手の方を気遣って使わせていただく文面です。
先生はその文面に対して、ご返事が無かったんです。(笑)勿論一緒に送らせて頂きました他の質問等の事ではご返事を頂戴しております。
今日は先生からその点でご指摘いただきました。この一文を、心の勉強をされた方が使うとしたらどうでしょうと。手紙の書き方の本を読んでも出てくるフレーズだけれど、言葉が潜在意識に入る事について真剣に考えた事のない私には目から鱗が落ちるお話でした。読み方によっては、潜在意識に入りますよね。
例えば、文面を送られた方は、心遣いと思っていても、心配や、心の不安を相手の方に伝えていたのだとしたらどうでしょうということですね。頂いた方は「あ〜暑いから身体を気遣って休まなくちゃいけないんだ。」「無理は禁物。」「毎日暑いから病気になるかもしれない。」とう具合に潜在意識に入るとしたら。
先生からは、この様な言葉は、心の勉強が進んでない証拠と一喝されました。そう言えば、澤谷先生の記事でのやり取りでは、このようなご挨拶を見かけた事がありません。いつでも、「活き活きと、のびのびと」というご挨拶ですね。命はいつも輝いているんですよね。自分で輝いてないと決めるとそのようになっていくのですね。耳を澄ませば、自分は活き活きと生きたいって言っているのに。他人が決めることじゃないんですよね。勉強不足の私は気づかせていただいたのです。大人びた挨拶をすれば良いのだと思っていましたが、もうそんな言い回しは止めよう思いました。挨拶文、人の真似でも、偽善者めいた言葉も要らないかった。相手の方の幸せを願えば言葉も変わりますね。
面白く活き活きと活動して良いんですもの。
かつて心配してかけてくれた言葉が、そのまま現実になったことがあったのを思い出しました。心配通り病気になる訳です。本当は翼を広げて飛び立ちたいんです。活き活きと伸び伸びとね。どなたに対しても、こちらに相手の方への純粋な気持ちがあれば、元気で活躍してもらいたいと思うものですね。今日、更に深まりました。澤谷先生ありがとうございます。

澤谷先生、参加された皆さん、今日もありがとうございましたm( )m

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。