お伝えしたいことは「運命は改善できる」ということです。
04 * 2017/05 * 06
S M T W T F S
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
--/--
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
07/14
すべてが無である
       桜 美穂(養成講座8期・9期)

禅で言う「無い」は、「あるかないか、という相対的な無」ではない。
それは、記号としての「無い」であるのだそうです。
「何もない」というのは、普通に考えると不足しており、完全でないこと。
虚しく、寂しく、貧しいことですが、禅においては、そうではないというのです。
それは、「無」という名の目に見えない存在が、「在る」ということ。
それも、「何もない」どころか、何の欠けるところもない限りなく完全な存在が果てしなく、無限に満ち満ちている。
そういうことではないのだろうか、と感じるようになりました。

天と地の間の間にあって、私や動植物を存在させ、すべての命を生き生きと燃やしているその、なにものか。
その、なにものかが、何もないかに見える空間にも、満ち満ちている。
空間には、何も見えないけれど、本当には、何もないどころではない。
すべての命の源であり、すべて目に見えるものの源である目に見えることのないなにものかが、果てしなく無限に満ち満ちている。
「すべてがひとつながりである」、とは、すべてが、その無限の「無」より生じた兄弟であり、肉を持ってこの地上に生まれてからもずっとその「無」に一緒に抱かれていると云うことなのかもしれません。
私とあなた、という別々の存在があるのではなく、私の中にあなたがいて、あなたの中に私がいて、私はあなたであり、あなたは私である。
一切の自他の区別も、空間や時間の隔ても無く、永遠の昔から、永遠の未来の果ての果てまで私たちはみな一つであり、分かちようのない存在である、と云うことなのかもしれません。

神道では、みなそれぞれが、同じひとつの御霊から生まれている分御霊であり、みな合わされば、再び元の一つの霊に戻るのだと言われているのと同じではないかと、心が騒ぎます。
そんなことを考え、感じながら自転車通勤をしていると、目の前をふと横切る蝶に、はっとさせられ、道端で風にあおられて、生き物のように飛んで行く一枚の枯葉に、はっとさせられる。
それすらもみな、ひとつながりなのだ。ということに。
いや、それだけではない。
言葉になりませんが、心に迫るものがある。
何か、気付けと言われている。

参加して、八年目になる師匠の養成講座は、ほんものを見ることのできる目を養う場、本質と出会う学びの場でありました。
どこまで奥があるのだろう。
まだ違う、まだ奥があると、どこまで行くのだろうと、底知れなさ、果ての無さを、ずっと感じてきました。
しかし、すべてがひとつながりである。
すべてが「無」である、と言うその一点に来たとき、今までからも、頭では理解していて、言葉でもそう語ってきたそのことが腑に落ちて来た今、師匠から頂いていた宇宙かと思うほど果てしなく、広く感じられてきたその学びが、今、急速にその一点に向って縮まってくる。
すごい勢いで、凝縮してくることを感じます。
八年間先生から伺い続けてきたどのお言葉もみな、その一点から発していたものだから、みな、その一点に戻ることが出来る。
それも、やみくもに縮み、くちゃくちゃになって凝縮されるのではなく、最初から、そうなっていた通りに驚くほど正確に精密にきちんとたたまれた規則正しい美しい形に戻って、ただの一点にするすると収まったような気がします。
折りたたまれた片隅の一点をつまんで引っ張れば、また、無限の世界が延べられ、展開される。
数えきれない無限の、すべての可能性を持った世界がいつでも自由に展開する。
しゅしゅしゅ、と折りたためば、あっという間にまた、微塵の狂いも無い端正な姿のただ一点に戻る。
そして、また別の片隅の一点をつまんで引っ張れば、また、別の無限の世界が延べられ、展開される。
ああ、師匠がいつも指導の時になさっておられたのは、このことなのだ。
いつも語っておられたのは、このことだったのだと感じられてくるものがあるのです。

表現するための便宜上、「美しい形」とか「端正な姿の一点」と書きましたが、実際には目に見える形も無く、「一点」と表現できる大きさも無いのだと思います。
それが、禅で言われるところの「無」であるのでしょうか。
まだうまく語れません。
更に見つめ、更に感じ、更に奥に入ってみます。

ありがとうございました。

澤谷 鑛 のカウンセリングは、コチラ…
澤谷 鑛 のセミナー/講演会情報は、コチラ…
コメント

管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック
トラックバック URL

Copyright © 2017 絆の法則 ~ 澤谷 鑛 オフィシャルブログ ~.
all rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。